離婚について

【離婚の慰謝料】浮気離婚の慰謝料相場

こんばんは。
浮気探偵.com編集部です。

「慰謝料は、たっぷり頂きますからねっ!」
ドラマだけではなく日常の中でも、この台詞を耳にした経験がある方は、少なくないかもしれません。
しかし、この慰謝料とやら。相場は一体どれくらいなのでしょうか?

慰謝料の相場について考える

コイン

そもそも「慰謝料」とは、精神的苦痛を受けた場合に、それを埋め合わせる目的として、加害者に支払わせる損害賠償金のことを指します。そのため、離婚の際に必ず請求できるものではなく、相手の故意や過失などによって精神的な苦痛を伴っていることが前提となります。離婚原因の第1位である性格の不一致や価値観の相違は、相手の故意や過失とは考えられにくいので、慰謝料の請求が難しいと言われています。

気になるのは、慰謝料の相場でしょう。今回は浮気に限定してお伝えします。
請求金額そのものは、基本的に制限がないため、いくらでも請求をすることが可能ですが、あまりにも相場から掛け離れた金額を請求してしまうと、相手に支払い能力がない場合など、円滑な支払いが実行されないケースもあります。そうなると、裁判を起こすことになり、余計な費用を負担しなくてはなりません。
相手の浮気が原因で離婚をする場合の相場ですが、裁判では慰謝料の金額を決定する際に、大きく分けて以下の3点を重視する傾向があります。

1 相手の収入
2 離婚原因となった浮気の内容
3 結婚期間

個別によってケースは異なるので、慰謝料の金額にはバラつきがありますが、相場としては100万円~500万円と幅があり、平均金額は300万円と言われています。また、上記の3つのポイントの他にも、慰謝料を請求する側・される側の事情も考慮されます。
例えば、請求する側・される側、双方の共通個別項目として、年齢が高ければ高いほど慰謝料も高くなります。
他にも以下の項目が考慮される対象となります。

<請求する側の個別項目>

1 職業
⇒請求する側が、社会的地位や収入の高い職業に就いている場合、一般的に慰謝料は少なくなる傾向があります。
2 初婚か再婚か
⇒請求する側が、初婚だった場合は、再婚だった場合よりも慰謝料の金額が高くなりやすい傾向があります。
3 再婚の可能性
⇒請求する側が、再婚をする可能性が低い場合、慰謝料は高くなる傾向にあります。
4 精神的苦痛を類推させる事情の有無
⇒請求する側に、ノイローゼや自殺未遂、鬱症状など精神的苦痛を類推させる事情があると慰謝料は高くなります。

<請求される側の個別項目>

1 職業
⇒請求される側が、社会的地位や収入の高い職業に就いている場合、一般的に支払う慰謝料は高くなる傾向があります。
2 婚外子の有無・認知の有無
⇒請求される側に、婚外子がいる場合は支払う慰謝料が高くなります。
3 その他
⇒請求される側が、請求する側に対して、婚姻中に贈与を行っていた場合には、支払う慰謝料が低めになります。
⇒請求される側が、婚姻中に生活費を支払っていなかった場合、支払う慰謝料が高くなります。
⇒請求される側が、婚姻中の相手と、関係を修復する努力をしていない場合には、支払い慰謝料が高くなります。

その他の要因

1 不貞行為の内容
⇒請求される側の、浮気相手が一人ではなく複数の存在が確認された場合、支払う慰謝料は高くなる傾向があります。
2 婚姻期間
⇒婚姻期間が長いほど、支払う(請求できる)慰謝料の金額は高くなります。
3 婚姻中の協力
⇒請求される側が、婚姻中に夫婦関係や家族関係を構築するための協力を怠っていた場合、支払う慰謝料は高くなる傾向があります。
4 子供の有無
⇒双方の間に子供がいると、支払う(請求できる)慰謝料は高くなりやすく、人数が多いほど金額は大きくなります。
5 財産分与
⇒慰謝料を請求する側が、財産分与で大きな金額を手にしていると、慰謝料は低くなる傾向にあります。

一万円札

<浮気探偵.com編集部より>

「あなただけじゃないわ!あの女にだって慰謝料を請求しますからっ!」
配偶者だけではなく、不倫相手にも慰謝料を請求することは可能です。しかし、不倫相手に慰謝料を請求するには、配偶者が既婚者だったことを認識していたか?が重要なポイントとなります。
例えば、幾つかの例を挙げますと、以下のようなことが当てはまれば、既婚者だと承知の上で不貞行為を継続していた、と証明することができます。

1 メール内容などで既婚者であることを認識しているニュアンスが含まれている
⇒奥さんにバレないようにね!などの一文があれば、既婚者であることを認識していたと言えます。
2 夫婦の結婚式やホームパーティーに出席していた
⇒状況は異なっても、夫婦として揃っている場所に参加していれば、既婚者であることを認識していたと言えます。
3 勤務先の上司と部下または同僚
⇒あまりにも人数の多い企業の場合、たとえ同じ会社に勤めていても、全く接点がないことも考えられ、稀に既婚者として認識していなかった、と判断されることもあります。

浮気が原因の離婚でも、このように個別の事情によって慰謝料は変動します。
離婚後の生活費を考え、少しでも慰謝料を高めるためには、第三者を納得させられるだけのハッキリとした証拠が必要不可欠です。例えば、<請求する側の個別項目>の4番に「精神的苦痛を類推させる事情の有無」とありますが、鬱の症状を自らが延々と語るよりも、医師からの診断書が一枚あるだけで、揺るぎない証拠となり、信憑性も高まります。同じく不貞行為の現場も、「私がメールを見た限り…」と切り出すよりも、写真や動画など確固たる証拠を提出した方が有利に物事を進められます。

心の痛みや空虚感を、お金で埋めることはできないかもしれませんが、それでも生きていかなければなりません…。
見えることのない真っ暗な出口のその先は、きっとどこかに繋がっているはずです。
いつか必要となるその時のために、そして一度は好きになった人に同じ過ちを繰り返させないためにも、しっかりと慰謝料を請求しておきましょう。

コメント

  1. スクイレル より:

    「慰謝料は、たっぷり頂きますからねっ!」うちの夫に言ってみたい台詞です。先日、クラブのママと不貞関係をむすんでいたにも関わらず、それが不倫と認められず、慰謝料なしの判決が出た事例がありましたが、あれは心底納得行きません。枕営業は、結婚生活の平和を害さないらしいです。この裁判官に奥様が居ると仮定して、自分の奥様がホストと「枕営業」しても不倫とは認めないのでしょうか?非常に不可解です。

    1. 浮気探偵.com 編集部 より:

      スクイレル様

      こんばんは。浮気探偵.com編集部です。
      スクイレル様も言ってみたいセリフなんですね…。私が今、言いたいセリフは「キムチチヂミくらい作れるだろ!」です。スイマセン、意味不明ですよね(笑)
      クラブのママの件、私もニュースで見て驚きました。やはり多くの方が不可解に思ったのでしょうね…、ワイドショーでも取り上げられていて、コメンテーターの方も首をひねっているのが印象的でした。もちろん、ケースバイケースであることは分かりますが、あれを不倫と認めないなら、何が不倫となるのか、その境が本当に難しいと思います。そのような点からでも、やはり確実となりうる証拠や、浮気問題に強い弁護士の力添えは必要なのだと思います。

Comments are closed.

注目記事をチェック