浮気調査を依頼した後

【離婚の慰謝料】浮気離婚の慰謝料相場

こんにちは。

浮気探偵.com編集部です。

「慰謝料は、たっぷり頂きますからねっ!」

ドラマだけではなく日常の中でも、この台詞を言いたくなるような状況に陥っている方がいるかもしれません。

しかし、この慰謝料…相場は一体どれくらいなのでしょうか?

慰謝料の相場について考える

慰謝料 お金 ユーロそもそも「慰謝料」とは、被害者の精神的苦痛を埋め合わせる目的として、加害者に支払わせる損害賠償金のことを指します。

従って、離婚であれば必ず請求できるものではなく、相手の故意や過失などによって、被害者が精神的な苦痛を負っていることが前提となります。

そのため、離婚原因の第1位である「性格の不一致」や「価値観の相違」は、相手の故意や過失とは考えられにくいので、慰謝料の請求が難しいと言われています。

一方、相手の不貞行為(浮気など)が原因で離婚に至る場合、相手の故意、過失によって精神的に傷つけられたとして、慰謝料請求が可能になります。

相手の浮気によって慰謝料請求が発生した場合、気になるのは「慰謝料の相場」ではないでしょうか。

今回は浮気に限定して慰謝料の相場感をお伝えしていきます。

慰謝料に明確な基準はない

まず大前提として、慰謝料金額に明確な基準はありません。

基本的に基準や制限がないため、いくらでも請求をすることが可能です。

しかし、あまりにも相場から掛け離れた金額を請求してしまうと、相手に支払い能力がない場合など、円滑な支払いが実行されないケースもあります。

そうなると、裁判を起こすことになり、却って余計な費用を負担しなくてはなりません。

確実な慰謝料請求のために相場を知る

考える 女性 疑問余計な費用や、長い時間を要してしまわないように、ある程度の慰謝料相場を知っておくことが大切です。

個別によってケースは異なるので、慰謝料の金額にはバラつきがありますが、浮気が原因の場合、相場としては50万円~300万円と幅があり、平均金額は200万程と言われています。

かといって、いつでも200万円程を請求すれば成功する、というわけではありません。

一方に責任が重いほど、慰謝料金額も上がりますし、両者にそれなりの責任がある場合、低額になるか、そもそも慰謝料請求が難しくなります。

では、一体どのような場合に慰謝料金額が高額になるのでしょうか?また、低額になってしまうのでしょうか?

次の項目で確認していきましょう。

慰謝料金額を決める5つのポイント

相手の浮気が原因で離婚をする場合の相場ですが、裁判では慰謝料の金額を決定する際に、慰謝料請求する側、される側、共通で、以下の5つの点が考えられます。

  • 1収入・職業
  • 2年齢
  • 3結婚期間
  • 4子供の有無
  • 5離婚原因となった浮気の内容(悪質性)

相手の収入が多ければ、それだけ支払い能力があると判断される為、慰謝料金額が増額する可能性が高くなります。

逆に、相手の収入が少ないほど、「無い袖は振れない」と言うように、払えない金額を請求しても意味がありませんから、慰謝料金額が低額になることが考えられます。

それぞれ確認していきましょう。

1.収入・職業

サラリーマン ? 疑問請求する側、請求される側、両者の収入や職業を鑑みて、慰謝料は決定されます。

慰謝料金額が高くなる場合

請求される側の年収が高く、社会的立場の高い職業についている場合、慰謝料金額が高くなる傾向にあります。

年収300万の人が払う慰謝料300万と、年収1億円の人の支払う慰謝料300万円では、その価値が大きく変わります。

年収額の100%を慰謝料として支払うことと、年収の3%を慰謝料として支払うことでは、前者の方が支払いの負担が圧倒的に大きいとお分かりになるかと思います。

そのため、相手方の年収が高ければ高いほど、慰謝料金額も高くなります。

慰謝料金額が低くなる場合

逆に、相手の年収が低い場合は無い袖は振れないので、慰謝料金額が低くなりがちです。

全くお金がない…という場合、最悪、慰謝料請求そのものが難しくなることがあります。

実際、相手に支払能力が無いとして泣き寝入りするケースが多く見受けられます。

しかし、諦める必要はありません。

まとまった金額を支払えないのであれば、分割で支払ってもらうという方法があります。

相手の不貞で離婚をする場合、復讐の意味も込めて、なるべく多くの慰謝料を支払わせたいと思う気持ちは当然かもしれません。

しかし、大事なのはあくまで相手の支払える、現実的な額を請求する、ということです。

2.年齢

制服 女子高生 疑問パートナーと浮気相手の年齢差は、慰謝料増減のポイントになります。

例えば、40歳のパートナーが浮気をしたとします。

その浮気相手が、同じ40歳であれば、男女ともに浮気・不倫の重大さや重さを理解していたとされます。

つまり、状況にもよりますが、同程度の判断力を持った二人の不倫ということで、両者に同程度の責任が問われます。

反対に、浮気相手が18歳だとすれば、主導権は年齢の高いパートナーの方にあったとされ、パートナーの責任が重くなります。

その場合、パートナーに請求できる慰謝料金額が高くなる傾向にあります。

浮気相手が未成年だったら慰謝料金額はどうなるの?

慰謝料は、浮気をしたパートナーにだけでなく、浮気相手にも請求することができます。

しかし、もし浮気相手が未成年だった場合はどうなるのでしょうか?

基本的に、大体13歳以上であれば浮気・不倫が不貞行為に当てはまると判断できるとされます。

判断能力を有した状態で不貞を行ったのであれば、未成年の浮気相手にも責任がありますから、理論上、慰謝料請求は可能です。

しかし、支払い能力の問題で、請求できる金額が相場より大幅に減額となる可能性があります。

浮気相手に慰謝料請求をする際のその他注意点は、以下の記事を参考にしてみてください。

PICK UP!

浮気・不倫での慰謝料請求について
浮気相手にも慰謝料請求は可能

3.結婚期間

一般的に、結婚期間が長いと慰謝料額も高くなります。

あくまで参考例ですが、結婚期間が20年以上だった場合、浮気・不倫をしたパートナーの責任が比較的軽い場合でも、慰謝料額が500万程になることがあります。

逆に、結婚期間が1年未満だった場合、パートナーの責任が軽度だと判断されると、100万円程になってしまう可能性があります。

もちろん、20年以上結婚していたから、確実に500万円以上の慰謝料が請求できる、というわけではありません。

反対に、結婚期間が1年未満だからといって、絶対に100万円以上は慰謝料請求できない、ということでもありません。

結婚年数に、その他の要件も合わせて慰謝料金額が決まっていきますので、気をつけてください。

10年以上の結婚期間は長期

一般的に、10年以上の結婚期間があれば、長期間の婚姻関係にあった、とみなされやすくなります。

長年連れ添ったパートナーが浮気をし、離婚をすることになれば、それだけ精神的なショックも大きいと判断され、慰謝料金額が高額になる傾向があります。

また、長年の夫婦関係の中で、別居などの経験がなく、良好な関係を築けていた場合、より精神的ダメージが大きいと判断されます。

長年連れ添ったパートナーに浮気をされた、という方は、それまでの夫婦関係がいかに良好だったのか、証明できるように準備してください。

4.子供の有無

夫婦の間、またパートナーと浮気相手の間に子供がいると、慰謝料金額が高くなる傾向があります。

逆に、子供がおらず、また結婚期間が短かった場合、まだ傷は浅いと、慰謝料金額が低くなることが考えられます。

夫婦の間に子供がいる場合

子供 母親 泣く夫婦間に子供がいる場合、慰謝料が増額します。

子供にとって、自分の父親(母親)が浮気をした、ということは、それだけで衝撃的なことです。

子供の年齢が低い程、今後の人生に大きく影響を与えるとして、浮気した側の親の責任は重くなります。

また、子供の人数が多ければ、それだけ浮気と離婚による被害者が多い、と判断されます。

親の浮気と離婚によって、子供の今後の人格形成や、家族への考え方の歪みなどが生じる可能性があるため、その分、不貞行為の責任が重いとして、慰謝料が高くなります。

浮気をされた側の親にとっても、子供がいる上での離婚は、ただ夫婦が別れる以上の問題が生まれます。

例えば、夫の浮気が原因で別れた妻は、今後シングルマザーとして基本的に一人で子供を養育しなくてはなりません。

専業主婦など、「子供を1人で育てられる財力がない状態」での離婚は、ただ夫婦が別れるだけでなく、就職の問題なども生まれるため、離婚原因となった相手により重い責任が問われます。

とはいえ、相手が浮気をしたからといって、必ず親権を取れる、というわけではありません。

また、慰謝料とは全く別のものとして、養育費の問題も出てきます。

それら親権問題や養育費についての詳細は別途まとめておりますので以下のリンクをご参考ください。

浮気相手(女性)と夫との間に子供がいた場合

妊娠 妊婦 夫婦浮気相手との間に子供がいた場合、「浮気相手の女性が妊娠(出産)している」場合と、「妻が別の男性の子供を妊娠(出産)している」場合に分かれます。

先に、浮気相手の女性と夫との間に子供がいた場合を説明します。

もし、夫が浮気相手との間に子供を設けていた場合、言うまでもなく妻は大きなショックを受けます。

慰謝料は精神的なダメージに対する補償ですから、当然こうしたショックの大きな状況では慰謝料額は増大します。

浮気相手(男性)と妻の間に子供がいた場合

妻が浮気をし、浮気相手の子供を妊娠(出産)していた場合、知らないうちに自分の子として育てているかもしれません。

父親と子の間に親子関係がない場合、基本的に養育義務などは発生しなくなります。

DNA鑑定や、妻が妊娠した時期に夫が長期出張に出ており、明らかに妊娠できなかった状況の証明など、必要な手続きを踏むことで、親子関係を解消できる可能性があります。

当然、妻の生んだ子供が実子ではないとなれば、妻が浮気をしたことは明白です。

妻が自分ではない男性の子を生んでいたという事実は、夫に対して大きな精神的ショックを与えますから、慰謝料額が多くなります。

その他にも、妻と浮気相手が今でも関係を持っているのか、夫婦関係がいかに良好だったのか、といったことを証明できれば、さらに慰謝料は高くなります。

とはいえ、子供に責任はありません。

不倫をした妻を恨んでいても、子供は切り捨てられないという考えは当然存在するはずです。

そうした子供との関係も含め、弁護士など専門家に相談し、一番納得のいく答えを探し出してください。

5.離婚原因となった浮気の内容(浮気の悪質性)

浮気現場 修羅場 三角関係たった1回会っただけの関係なのか、10年に渡って続いていた関係なのか、浮気の内容と悪質性によっても慰謝料が変わります。

もし、夫婦関係がすでに破綻し、別居をしている上で、1回限りの浮気をしてしまった場合、慰謝料金額は低額になるか、両者に責任があるとして請求が難しくなるかのどちらかになる可能性が高いです。

一方、夫婦関係が良好であり、長年連れ添っていたにも関わらず、相手が数十年に渡って浮気を続けていた場合、浮気された側の配偶者に与えるダメージが大きいとして、慰謝料金額が増大します。

また他にも、悪質性の高い浮気とされるものは、

  • ●夫婦間でDVなどがある上での浮気
  • ●一度浮気が発覚しており、「二度としない」と約束をしたにも関わらず浮気をした
  • ●浮気によって、浮気された側の配偶者がうつ病を発症したり、自殺未遂などをしている

などが当てはまります。

その他の慰謝料金額変動ポイント

いかがでしょうか。

以上5点の他、以下のような場合も慰謝料金額が変わることがあるので、確認してみてください。

初婚か再婚か

慰謝料を請求する側が初婚だった場合、慰謝料金額が高くなる傾向があります。

逆に、再婚の場合は、初婚だった場合に比べ、慰謝料金額が低くなることがあるので、注意してください。

再婚の可能性

請求する側が、再婚をする可能性が低い場合、慰謝料は高くなる傾向にあります。

例えば長年連れ添い、すでに老後生活を楽しんでいたところでの離婚となれば、再婚の可能性は低くなると考えられます。

その場合、離婚によるショックが大きいとして、慰謝料が高くなります。

財産分与をしている

浮気をした側から、慰謝料を請求する側へと財産分与がされている場合、慰謝料金額が下がる傾向にあります。

すでに財産分与で大金を手にしており、精神的負担の補償がされていると判断されるため、慰謝料による補償の必要性が少なくなるためです。

相場より高い慰謝料請求をする為に

喧嘩する夫婦慰謝料相場は50万円~300万円と幅がありますが、上記で紹介したように、状況により金額が大きく上下します。

慰謝料請求をするなら、少しでも高額に、また確実な請求を考える方が多いかと思います。

次に、上記の確認事項を踏まえ、相場より高額な慰謝料を請求するための方法をご紹介します。

浮気を証明する証拠を掴んでおく

慰謝料請求をするならば、まずは浮気の証拠を完璧に掴んでおくことが重要です。

相手の浮気の悪質性が証明できれば、格段に慰謝料請求を有利に進めることができます。

そもそも、浮気が証明できなければ、相手に離婚の責任があるとして、慰謝料請求をすることは難しくなります。

探偵事務所に調査を依頼することで、確実な証拠を掴むことができますから、依頼を検討してみてください。

浮気相手の素性を突き止めておく

探偵とカメラ上記でも説明したように、浮気相手の年齢によって慰謝料金額が変わります。

ですから、浮気相手の素性について知っておくことが重要です。

浮気相手の年齢が低かった場合、配偶者の責任が重いとして、より高額な慰謝料を請求できる可能性があります。

また、後述しますが、浮気相手がパートナーに比べて所得が多い場合、浮気相手にのみ請求した方が、高額な慰謝料を得ることができる場合があります。

浮気相手の素性がわからないままでは、対処の仕様がありません。

浮気の証拠を集めると共に、浮気相手についても情報を集めることが大切です。

浮気相手へ慰謝料請求する注意点

女性 落ち込む 悩む慰謝料請求は、配偶者だけでなく、浮気相手にもできます。

浮気相手と浮気相手の両者に請求すれば、より確実に慰謝料を払ってもらうことが可能です。

ただし、両者に慰謝料請求をする場合、注意点があります。

それは、慰謝料を二重に請求することはできない、ということです。

先に、その注意点について考えていきましょう。

請求する相手が増えても慰謝料金額は変わらない

慰謝料請求をする場合、あなたに選べるのは以下の3つの選択肢です。

  • 1配偶者にのみ慰謝料請求をする
  • 2浮気相手にのみ慰謝料請求をする
  • 3配偶者と浮気相手に共同責任の慰謝料請求をする

配偶者と浮気相手に、それぞれ個別に慰謝料請求をすることはできません。

また、慰謝料は罰金とは違います。

罰金は簡単に言うと、「悪いことをした人(加害者)が、罪を償うために罰として支払わされるもの」です。

つまり、支払う側の罪に応じて金額が変わります。

一方、慰謝料はすでに説明した通り、「精神的な苦痛を受けた際の補償」です。

被害者(浮気された側)の精神的なダメージに応じて金額が変わるので、請求する相手の人数が増えても金額そのものは変わりません。

浮気相手に慰謝料を請求するメリット

女性 責める 喧嘩では、浮気相手にも慰謝料請求をするメリットは何なのでしょうか?

まず、浮気相手と配偶者の両者に慰謝料請求をした場合について考えます。

例えば、あなたが両者に300万円の慰謝料請求をしたとしましょう。

その場合、

  • ●配偶者が150万円、浮気相手が150万円支払う
  • ●配偶者が全額支払い、浮気相手は慰謝料を支払わない
  • ●浮気相手が250万円支払い、配偶者が50万円支払う

一例ではありますが、共同責任として両者に慰謝料請求をした場合、以上の全てのパターンが許されることになります。

いずれのパターンにおいても、あなたに300万円の慰謝料が支払われているので、例え一方が支払っていなくとも、慰謝料支払いはきちんと行われたと判断されます。

ですから、もし一方に支払い能力がなかったとしても、両者に請求をすれば、支払い能力のある片一方が支払ってくれる可能性が高くなります。

浮気相手にだけ請求すべき場合がある

前述したように、浮気相手にだけ慰謝料請求をした方がいい場合があります。

もし、浮気をしたパートナーに支払い能力が無く、一方浮気相手が社会的地位の高い職業についており収入が多い場合、浮気相手にだけ慰謝料請求をした方が、より高額な請求ができる可能性が高くなります。

そのためには、浮気相手の素性について知っている必要があります。

また、浮気相手やパートナーの状況から考え、どの程度の慰謝料が相場となるのかをしっかり考え、請求先を両者にするのか、どちらか一方にするのか考えなくてはなりません。

実際に慰謝料請求をすることになったら、浮気の証拠を集めるプロである探偵を利用する、法律のプロである弁護士に相談するなど、検討をしてください。

【まとめ】浮気探偵.com編集部より

離婚後の生活費を考え、少しでも高額の慰謝料を請求するためには、第三者を納得させられるだけのハッキリとした証拠が必要不可欠です。

例えば、請求する側がうつ病などを患っていた場合、慰謝料が高くなる可能性があると説明しました。

その場合、うつの症状を自らが延々と語るよりも、医師からの診断書が一枚あるだけで、揺るぎない証拠となり、信憑性も高まります。

同じく不貞行為の現場も、「私がメールを見た限り…」と切り出すよりも、写真や動画など確固たる証拠を提出した方が有利に物事を進められます。

心の痛みや空虚感を、お金で埋めることはできないかもしれませんが、だからといって慰謝料請求をしないという手はありません。

何も手を打たなければ、浮気をしたパートナーは事の重大さを理解せず、再び浮気を繰り返すかもしれません。

離婚をしたとしても、あなたが一方的に損をして終わってしまう可能性があります。

慰謝料請求は復讐ではありませんが、裏切られたあなたの気持ちを少しでも軽くするために許された、正当な権利です。

そして、そんなあなたの味方になろうとしてくれる人たちは多く存在します。

どうか一人で抱え込まずに、まずは誰かに話すことから始めてください。

慰謝料請求をすることで、パートナーや浮気相手も反省し、またあなたも新たな生活の足がかりを得ることができるはずです。

コメント

  1. スクイレル より:

    「慰謝料は、たっぷり頂きますからねっ!」うちの夫に言ってみたい台詞です。先日、クラブのママと不貞関係をむすんでいたにも関わらず、それが不倫と認められず、慰謝料なしの判決が出た事例がありましたが、あれは心底納得行きません。枕営業は、結婚生活の平和を害さないらしいです。この裁判官に奥様が居ると仮定して、自分の奥様がホストと「枕営業」しても不倫とは認めないのでしょうか?非常に不可解です。

    1. 浮気探偵.com 編集部 より:

      スクイレル様

      こんばんは。浮気探偵.com編集部です。
      スクイレル様も言ってみたいセリフなんですね…。私が今、言いたいセリフは「キムチチヂミくらい作れるだろ!」です。スイマセン、意味不明ですよね(笑)
      クラブのママの件、私もニュースで見て驚きました。やはり多くの方が不可解に思ったのでしょうね…、ワイドショーでも取り上げられていて、コメンテーターの方も首をひねっているのが印象的でした。もちろん、ケースバイケースであることは分かりますが、あれを不倫と認めないなら、何が不倫となるのか、その境が本当に難しいと思います。そのような点からでも、やはり確実となりうる証拠や、浮気問題に強い弁護士の力添えは必要なのだと思います。

Comments are closed.

人気記事ランキングpopularity