離婚について

【離婚届の証人代行サービス】安全性と費用

こんばんは。
浮気探偵.com編集部です。

離婚届の証人を代行するサービスとは?

前回のブログ「離婚届の書き方」では、協議離婚の場合は、成人の証人が2人必要だと記載しました。
しかし、様々な事情で証人をお願いできる人がいないケースもあり、現在は、そのような方のために離婚届の証人を代行するサービスが存在しています。

このようなサービスは利用をしても安全なのでしょうか?
また、料金はどのくらい掛かるのでしょうか?

そもそも前提として、離婚届の証人は親族や友人など、顔見知りである必要はなく、偽造した場合は罪に問われますが、第三者でも証人になることが可能です。結婚とは異なり、離婚にはマイナスのイメージがあることから、親しい人にも頼みにくいことが実際問題として挙げられており、この点に目を付けたサービスを利用する方法も一つの手段と言えるでしょう。

証人代行サービスを使うことによるリスク

その離婚届が該当する夫婦によって書かれたことを確認したことを証明するために証人が必要となりますが、証人に法的な責任を負わせるようなことはなく、証人自体が何らかのリスクを負う可能性は限りなくゼロに近いと言えます。証人になることに対するリスクを挙げるとすれば、その離婚届に名前などの個人情報が残ることくらいですが、情報も限られており、さらに市区町村の役所に提出されてしまえば、役所の担当者がその離婚届を開示することはないので、漏れることは考えにくいでしょう。

だからと言って、むやみやたらに証人代行サービスを利用することを推奨しているわけではありません。特に近年はツイッターなどで個人情報を晒す行為が溢れており、軽い気持ちで重大なことを投稿してしまう人が後を経ちません。事情があって知人や友人に離婚の事実を隠そうとしても、このように意識の低い人の手によって暴かれてしまう懸念もあります。

より安心・安全な離婚証人代行サービスを利用するなら、日本行政書士会連合会などに登録をしている行政書士法人や弁護士など、法律上守秘義務が課されている企業や専門家を利用すると良いでしょう。このような団体に属している場合は、何か問題が起きると該当の団体に登録できなくなってしまうため、個人情報の漏洩に対し厳密な取り扱いを徹底しています。運営主体が分かりにくいところではなく、身分や存在がしっかり公表されている立場の企業(または専門家)にお願いをすることで、より一層の安全性と安心を得ることができると思います。

✔離婚届の証人代行サービスの料金は?

家族や友人など知人に頼むことができれば、一切費用が掛からない離婚届の証人ですが(お礼として食事などはご馳走するかもしれませんが…)、証人代行サービスを利用すると、当然ながら費用が発生してしまいます。
しかし、カタチになっている商品のように元値があるわけではなく、アルバイトさんの時給が発生する類でもなく、代金の相場はあまり存在していません。

例えば、個人で代行サービスを行っているAサイト(行政書士や弁護士会には属していない)では、離婚届証人代行人を1名の場合は6,500円、2名の場合は11,500円で請け負っています。郵送でのやり取りとなるため、相談料などは発生せず、比較的リーズナブルな価格で済みます。
一方、行政書士のサービスの一環として代行サービスを行っているB行政書士事務所(日本行政書士会連合会に登録している)では、相談料を含めた価格となり2万円~3万円程度となっています。こちらは守秘義務が徹底されており、情報漏洩の心配はありませんが、やや割高な印象を受けます。

このように重きを置く部分を安全性にするのか?費用にするのか?で選ぶサービスの先は変わると思いますが、なかなか証人になってくれる人が見つからず、離婚が進まない場合は、一度検討をしてみてはいかがでしょうか?

万年筆

<浮気探偵.com編集部より>

離婚届の証人が見つからない場合、そこを空欄のまま提出したらダメなのでしょうか?
これに関する回答が民法に掲載されていましたので、ご紹介します。

民法第739条
婚姻は、戸籍法 (昭和22年法律第224号)の定めるところにより届け出ることによって、その効力を生ずる。
前項の届出は、当事者双方及び成年の証人二人以上が署名した書面で、又はこれらの者から口頭で、しなければならない。

注目記事をチェック