【実物】浮気調査会社・興信所が撮影した証拠写真が見たい|浮気探偵.com

浮気探偵とは?

浮気の不貞行為を裁判で証明できる証拠とは?

裁判で不貞行為を証明できる証拠とは、どのようなものでしょうか?

パートナーが浮気相手とやり取りしてるLINEのメッセージやツーショット画像を証拠として考えている方も多いですが、裁判では、上記の写真を強い証拠と認めないことがほとんどです。

裁判で不貞行為を証明でき、離婚や慰謝料を勝ち取れる強い証拠について、実際の証拠写真を掲載しながら、解説していきます!

裁判で決定打になりにくい弱い証拠のまとめ

まずは、裁判で不貞行為として認められにくい弱い証拠をまとめてみます。

下記の写真や証拠だけでは、離婚や慰謝料の請求は難しいと言っても良いでしょう。

LINEやツーショット写真について、意外に思う方も多いでしょうが、残念ながら日本の司法では強い証拠とはみなされません

離婚できるほどではない証拠 浮気相手の通話記録やLINE、メッセージ画像(不貞行為を強く匂わせるメッセージを除く) 夫と浮気相手のツーショット写真 ホテル、不倫相手へのプレゼントのレシート

では、実際に裁判で不貞行為を認めさせることができる強い証拠を見てみましょう。

裁判で有効的な強い証拠のまとめ

裁判で有効的に活用できる証拠を下記にまとめました。

ここまで必要なの!?と思われる方も多いでしょうが、これが現在の裁判で勝つことができる強い証拠です。

法的に不貞を認めさせるため、親権や慰謝料を得るためには、戦わなければいけない現実です。

浮気の不貞行為を裁判で証明できる証拠 ラブホテルに出入りする写真や動画(複数回撮れると強い証拠になる) 長時間、相手の自宅やラブホテルに滞在していることが分かる 性行為中の写真や動画

上記はどれも、個人で得るには難しい証拠ばかりです。

また、個人で無理やり証拠集めをすると、プライバシーの侵害などで違法行為とみなされる恐れや、パートナーに気付かれ計画が全て崩れてしまうリスクがあります。

そのような状況があるからこそ、探偵事務所は浮気調査において重要なポジションを担っています。

裁判で離婚したい、親権を取りたい、慰謝料を取りたい、など明確な目的があれば、探偵事務所に依頼することも視野に入れておきましょう。

PICK UP!

オススメの探偵事務所はこちら。
不倫調査に強い大手探偵事務所ランキング

実際の証拠写真をチェック

実際に、どのような写真が浮気の証拠として提出されているのでしょうか?

本サイトでも紹介している<総合探偵社TS>より、写真をお借りすることができたので、その一部を紹介します。

こちらは、2015年4月3日に撮影された写真です。プライバシー保護のため画像を修正しています

証拠写真1:男性と浮気相手が街で歩いている正面写真

証拠写真1浮気相手と歩いている実物の写真午後6時33分、仕事帰りと思われる男性会社員と女性会社員が談笑しながら街を歩いている様子が撮影されています。

この男性会社員は<総合探偵社TS>へ浮気調査を依頼した女性の夫です。「夫が妻ではない女性と並んで街を歩いている」時点で、浮気を疑う方もいるかもしれません。

しかし、この写真では「浮気をしている証拠」にはなりません。また、仮に2人が手を繋いで歩いていたとしても、浮気の証拠としては認められません。

同様にハグやキスをしている写真でも、残念ながら浮気の証拠としては認められないケースが多く、裁判ではあくまでも、肉体関係があったと思われる証拠が必要となります。

そのため、この写真は浮気を証明する直接的な証拠にはなりませんが、「対象者」と「浮気相手と思われる人物」の双方を正面から撮影することに成功しています。

その後、この2人がラブホテルなどから出てくる写真を撮ることができれば、顔が確認できるコチラの写真は非常に有効です。

なぜなら「ラブホテルへ入る」または「ラブホテルから出てくる」現場を撮影しても、それが後ろ姿のみでは夫と浮気相手から「自分たちではない」と言い逃れをされてしまう可能性があります。

しかし、「ラブホテルへ入る」「ラブホテルから出てくる」写真に加えて、2人を正面から撮影した写真があれば、服装などの一致から、2人の男女は『夫と浮気相手である』と結びつけることができます。

なので、正面からの写真は直接的な浮気の証拠にこそなりませんが、非常に重要な写真になります。

証拠写真2:ラブホテルに入っていく男女

証拠写真2浮気相手と道を歩いている浮気の証拠写真午後6時49分、洋服や体型などから、さきほどと同じ人物がラブホテルへ入る写真が撮影されています。

このように「第三者から見ても確実に肉体関係がある」と判断できる写真であれば、裁判の証拠として提出することができます。

とはいえ、このような浮気を証明できる写真であっても、証拠を掴むために違法な調査が行われていた場合は、証拠として認められません。

素人が配偶者や浮気相手を尾行し、自己調査を行って上記のような写真を撮ったとしても、プライバシーの侵害などの罪に問われるなど、浮気調査そのものが違法なものと判断されてしまう可能性があります。

その点、探偵事務所による浮気調査は探偵業法という法律に則って正当な調査が行われるため、違法調査の心配がありません。

また、探偵業法において、依頼者からの調査依頼があった場合「浮気調査の証拠写真や映像で不貞行為を立証する目的がある」と判断され、対象者である夫(妻)や浮気相手の尾行、そして証拠としての写真の撮影などが認められています。

 

PICK UP!

自己調査の危険性と、探偵へ浮気調査を依頼する必要をさらに詳しく知りたい方はこちら。
【自分でできる浮気・不倫調査】違法のリスクに要注意!

証拠写真3:ラブホテルから出てくる男女

証拠写真3浮気相手とラブホテル街に入っている浮気証拠写真午後10時6分、ホテルへ入ってから3時間17分後に、2人が出てきました。

ホテルへ入るだけの写真でも肉体関係を示唆する証拠となる可能性はありますが、証拠をより確実なものとするためには、ホテル内で数時間を共にしたことが分かる写真も必要です。

さらに「ラブホテルに入った」「ラブホテルから出た」ことを、写真で証拠として証明するためには、対象者である夫と浮気相手の2人を写真の中に収めつつ、場所がラブホテルだと分かるように撮らなくてはなりません。

対象者に気付かれずに、また、周囲が暗いなか、2人を鮮明に写すだけでも困難ですが、さらに場所がラブホテルだと分かる角度で撮影することは、素人には非常に難しい高度なスキルが求められます。

この写真は、2人が確実にラブホテルから出てきたことを証明できる写真で、プロならではのテクニックと根気が掴んだ確実な証拠だと言えます。

以上が<総合探偵社TS>の証拠写真の一例でした。

PICK UP!

探偵の実際の対応などについてさらに詳しく知りたい方はこちら。
大手探偵社を覆面調査!ぶっちゃけ体験レポートを見る

浮気調査には最新機器を駆使!

実際の浮気調査に使われる機器はカメラだけではありません。

動画を撮影することもあれば、探偵同士の連携をスムーズに行うためのグッズもあります。

今回、<総合探偵社TS>に浮気調査グッズの一部を見せて頂くことができました。

【浮気調査】調査グッズを紹介

浮気調査のために使う探偵事務所の最新機器私たちも含め、一般人にはカメラとビデオ、そして携帯電話以外の調査機器は、何に使うためのグッズなのか分かりません。

だからこそ、対象者に気付かれることなく、浮気の証拠を撮影をすることができます。

探偵事務所の調査員は、このような最新機器を的確に使いこなすために日々、様々なスキルの向上に取り組んでいます。

さらに、多くの探偵社では警察OBや弁護士など、法律に詳しい専門家との協力体制が整っています。

だからこそ、探偵事務所の調査員は対象者である夫(妻)や浮気相手に気づかれることなく、確実な証拠を掴むことができます。

法を厳守する観点からも、安易に自力で調査を行わず、プロの探偵に相談を行ってみましょう。

相談は無料ですので、複数の探偵社を比較し、頼みやすく、信頼のできる浮気探偵を選んで下さい。

PICK UP!

複数の探偵事務所を比べたい方はこちら。
【浮気探偵とは?】オススメの大手浮気探偵事務所ランキング

人気記事ランキングpopularity

ページの先頭へもどる