【浮気防止】スマホで使える神アプリランキングBest12|浮気探偵.com

【浮気防止】スマホで使える神アプリランキングBest12

【浮気防止】スマホで使える神アプリランキングBest12

【浮気疑惑】気になるパートナーのスマホの中身

浮気スマホチェック

パートナーが浮気をしているかもしれない…。

そんな兆候を感じ取ってしまった時に「パートナーのスマホの中身を見たい」と思うことは自然な流れではないでしょうか?

しかし、パートナーに限らず、現在はほとんどの方がスマホにロックを掛けており、指紋認証やFACE-ID など、セキュリティ面が厳しくなる一方です。

そのため、スマホの中身を見ることはどんどん難しくなっている状況ですが、アプリを利用すればパートナーの行動や位置情報を簡単に把握することができます。

また、アプリによっては、「LINE」「Facebook」「Instagram」等のメッセージアプリを使ったやりとりまで知ることができ、通話相手や疑惑の人物の特定に有効です

そこで、今回は「パートナーの浮気が心配」とお悩みの方に向けて、編集部が浮気調査や行動調査におすすめの神アプリを厳選してご紹介します。

浮気防止アプリでできることは?

浮気防止スマホアプリ

今やスマホは自分の分身と言っても過言ではありません。

一日の行動経路、写真、スクショ画像、LINEやSMSのやり取り、検索履歴、財布機能など、いつ・どこで・何を考え・誰と・どんなことをしていたのか…など、スマホだけで多くの情報が分かってしまいます。

「パートナーのスマホの中身を確認したい!」

一度でもそのように思ったことのある人は沢山いるでしょう。その一方で、自分に置き換えて考えると、たとえパートナーであっても(やましいことがなくても)、スマホの中身を全て見せることに少なからず抵抗を感じてしまいます。

何らかの方法で、スマホの情報を把握し、パートナーの行動を特定できないものでしょうか?

近年は、そのようなニーズに合致したアプリが数多くリリースされており、また、本来の利用目的とは違うアプリであっても、使い方によっては「浮気防止」や「浮気の兆候を掴むため」に有効なアプリもあります。

※これらのアプリでは、具体的に以下のようなことができます※

浮気防止アプリでできること
  • SNSのメッセージログの閲覧
  • 保存された画像や動画の閲覧
  • 通話履歴の確認
  • 位置情報 ①今どこにいるのか
  • 位置情報 ②どこを経由したのか
  • カメラ機能の強制起動など

アプリによって、できる機能は異なりますが、このような機能を使えば、浮気を突き止めることが可能です。

今回は、上記のような機能を備えたアプリの中から、浮気探偵.com編集部が厳選した『浮気防止・浮気予防に使えるアプリ』をご紹介します。

浮気防止に使える!神アプリランキングBest12

数あるアプリの中から、浮気探偵.com編集部が選んだ、浮気防止に使える「おすすめの神アプリランキングBest12」を見ていきましょう!

第12位:Zenly

Zenly

「Zenly」は、友人や家族の様子を教えてくれるマップで共有するアプリです。本来は、親しい友人たちをベースにしたマップ機能で楽しむアプリですが、これによって、お互いの位置情報や滞在時間まで把握することができます。

Zenlyで可能なこと:

  • 今どこにいるか?何をしているか?
  • 連絡がつかない時にスマホがバッテリー切れなのか?
  • 自宅や職場にいる時が分かり、その場所へ移動中の状況も分かる
  • 住所を知らなくても現在地までナビツールで行ける
  • インストールしている人同士(友人とパートナーなど)が集まっている時、マップ上にアイコンが表示される

もちろん、友人や知人同士のコミュニティツールなので、スタンプを使って遊んだり、チャットに参加することもできます。

浮気を突き止めるための使い方をするのであれば、上記のような機能が役立ち、たとえば「残業で遅くなる」と言いながら、縁もゆかりもない地域の住宅街やラブホテルの近くにいれば、限りなく怪しい状況と言えるでしょう。

無料で使えて、iPhoneとAndroidの両方に対応していますが、ひとつだけ難点があり、相手が位置情報を「あいまい」や「フリーズ」に設定していると、正確な位置情報を把握することが難しくなってしまいます。

また、情報共有アプリなので、パートナーにもアプリをインストールしてもらわなければならず、既に浮気をしている状態であれば、アプリの利用に応じてくれない可能性があります。

「子供の位置情報を掴むため」などの理由をつけて、パートナーだけを狙い撃ちにするのではなく、家族全員でインストールを検討するように話を持って行くと良いでしょう。

【ランキング12位】Zenlyの詳細を見る

第11位:Phone Tracker

Phone Tracker

「Phone Tracker」では、相手の位置情報や連絡先(相手の電話帳)などを入手できるアプリです。本来は、お子さんの管理目的に開発されたアプリで、スマホにインストールすることで位置情報や訪問したウェブサイトなどを調べることができます。

Phone Trackerで可能なこと:

  • 位置情報の把握
  • すべての発信電話の電話番号、日付、時間、および長さ
  • すべての着信電話の電話番号、日付、時間および長さ
  • すべての着信および発信テキストメッセージの番号、日付、時刻および内容
  • 訪問したウェブサイトのリスト(ウェブサイトのアドレス、訪問日および訪問の長さ)

基本的には無料で利用することができ、課金をしなくても、1日分の位置情報を確認することができますが、さらに長い期間の位置情報を遡って確認したい場合は、課金で期限を延ばすことができます。

ただし、発呼者によってデータがブロックされていると(184など非通知設定)、着信電話の電話番号は分かりません。

なお、利用者の許諾や同意なくインストールすることはできないことになっているため、こちらも「子供の安全を守るため」など、別の理由をつけて、家族全員で利用するように話を進めましょう。

【ランキング11位】Phone Trackerの詳細を見る

第10位:TrackView(トラックビュー)

アプリ TrackView

「TrackView」は、スマホをセキュリティカメラとして利用することができるアプリです。

たとえば機種変更をして、使っていないスマホにTrackViewのアプリをインストールして、自宅やオフィスのデスクに設置すれば、セキュリティカメラの代わりとして使うことができます。

本来は、ホームセキュリティカメラとしてリリースされたアプリですが、自宅の子供やペットの確認だけではなく、使い方次第では、浮気調査にも使用することができます。

また、アプリをインストールしているスマホを持たせれば、GPS機能で現在地を特定することができ、それで怪しいと感じた場合には、スマホのカメラを起動することも可能です。

これによって、パートナーの周囲の映像と音声を確認することができます。

さらに、ラブホテルなど限りなくクロと言える場所にいる際、パートナーに電話を掛けて出なかった場合、強制的にスマホのアラームを鳴らして警告することができます。

マナーモードやサイレント設定にしていても、アラーム音は鳴るので、パートナーと浮気相手への警告や牽制になるでしょう。

なお、「TrackView」には無料版と有料版があります。

有料版の「TrackView」は、隠密性に優れていて、遠隔で起動してもスマホに通知はされず、隠しアプリとして設定ができるため、スマホ画面のアプリ一覧から非表示にすることもできます。

パートナーに分からないように、浮気の証拠を掴みたいなら、有料版を利用した方が良いでしょう。

【ランキング10位】TrackViewの詳細を見る

第9位 :life360

アプリ life360「Life360」は、登録したメンバーの現在地をアプリ上の地図で確認することができます。

本来は、高齢のご両親やお子さんの安全を守るために、位置情報を確認するためのアプリですが、以下の機能を使えば、浮気・不倫を見破ることができます。

  • 相手の位置を地図上で確認する
  • 相手が特定の地点に着いたら通知する
  • 緊急通知が発信でき、スマホの警告音を鳴らせる
  • グループごとにチャットができる
  • スマホの盗難や紛失時に追跡、監視ができる

こちらもパートナーだけにインストールを促すと怪しまれてしまうので、家族全員をメンバー登録するようにしましょう。

また、このような調査系のアプリは、機能が多くてアプリ初心者には使いにくい欠点がありますが、「life360」は機能がシンプルで使いやすさに優れています。

ただし、「Life360」には注意点があります。

このアプリには「チェックイン機能」が存在し、この機能を使うと「チェックインリストに登録される仕組みになっています。

仮に、パートナーが会社などで意図的にチェックイン機能を使った場合、実際は違う場所にいても「会社にいます(チェックインリストの場所のいます)」と表示されてしまい、アリバイ工作に使われる懸念があります。

【ランキング9位】life360の詳細を見る

第8位:Phonedeck(フォンデック)

Phonedeck「Phonedeck(フォンデック)」は、パソコンから複数のスマートフォンを同時に管理できるアプリです。

元々は、会社が管理するスマホにアプリをインストールし、従業員の行動管理を行うことが目的でしたが、「スマホの通話履歴やメッセージをパソコンから確認できる機能」があるため、浮気調査アプリとしても使うことが可能です。

パソコンのブラウザで行えるスマホ管理機能は以下の通りです。

  • GPS機能を使って位置情報が特定できる
  • 遠隔操作で周辺の音を録音できる
  • 遠隔操作でカメラ撮影ができる
  • SMSやメールの履歴が確認できる
  • 通話履歴や通話場所の確認、通話頻度をグラフ化
  • アドレス帳や写真が確認できる

他の浮気調査アプリが備えている機能は一通り揃っており、さらに、通話頻度をグラフ化できる機能もあり、これが浮気調査に役立ちます。

グラフで、誰にどのくらい電話を掛けているか?が一目で分かるため、怪しい電話番号を簡単に割り出すことができます。

また、パソコン上ではリアルタイムのメールのやり取りを確認できるので、パートナーが証拠隠滅で消去する前に確認することができます(念のため、疑わしいメールはスクリーンショットで保存しておきましょう)。

他にも、パソコン上でカメラの遠隔操作が可能なので、もし、スマホをカバンから出していたら、周囲の状況や相手の顔も確認できるかもしれません。

ただし、使用において一つ注意点があります。

フォンデックは、浮気調査を目的に作られたアプリではないため、起動するたびに相手のスマホに「通知」が表示されてしまいます。

アプリの存在を隠して利用するためには、スマホの通知設定をOFFにするなどの対策が必要です。

【ランキング8位】Phonedeckの詳細を見る

第7位:Pushbullet(プッシュバレット)

Pushbullet

「Pushbullet(プッシュバレット)」は、Android、iPhoneの両方で使えるアプリです。

最も大きな特徴として挙げられる点は「LINE」を操作できることです。

今や「LINE」は、他のSNSやSMS、メールを凌ぐほど、通信インフラとして浸透しており、浮気相手との連絡手段にも利用されているでしょう。

なかには複数のアカウントを使い分けている人もいて、パートナーの浮気を疑った時に真っ先に確認したいツールでもあります。

「Pushbullet(プッシュバレット)」ではLINEのログを確認することができます。これにより、スマホに届いたLINEを確認することが可能です。また、ファイルの転送もできるため、スマホに保存されているツーショット写真などを、自分のパソコンに転送して、浮気相手を特定することができます。

その他にも、「Pushbullet(プッシュバレット)」では、以下のようなことができます。

  • 相手のスマホに届いた通知を自分のPCにもポップアップ通知させる
  • 自分のPCから相手のLINEやSMSを操作し、送信や返信をする
  • PCで見ているページのURL、地図、テキストメモ、各種ファイルをスマホに送る

ただし、プッシュバレットは、FacebookかGoogleアカウントでのログインを求められるので、事前に調査したい相手のIDとパスワードを確認しておく必要があります。

【ランキング7位】Pushbulletの詳細を見る

第6位:iCloud

浮気防止アプリ「iCloud」ご存知の方も多いでしょうが、「iCloud」はiPhoneなどを販売しているApple社が提供するクラウドサービスです。

iPhoneでは、デフォルトの状態で設定が行われているので、アカウント設定を行えば、すぐに利用することができます。

「iCloud」は、iphoneに保存されているデータを自動でバックアップできるため、自宅のパソコンや他のAppleキャリアを通じて、iphoneのデータにアクセスすることができます。

浮気調査には、iPhoneの現在位置を知る機能が有効で、iPhoneユーザーであれば、iCloudを使ってパートナーの現在地を自宅のパソコンから調べることができます。

万が一、職場とは違う場所に頻繁に立ち寄っていたり、特定の曜日に他の人の自宅に立ち寄っていれば、浮気の可能性が疑われます。

また、繁華街や歓楽街と言われる場所に何度も通っているようであれば、ラブホテルやキャバクラなど夜の店に通っている可能性もあります。

ただし、iCloudを使うには、相手の「アップルアカウント」が必要です。

さらに、ファイルの共有もできるため、iPhoneに届いたメールやSNSのメッセージなども確認できます。

【ランキング6位】iCloudの詳細を見る

第5位:Suica Reader(スイカリーダー)

アプリ「スイカリーダー」

「Suica Reader(スイカリーダー)」は、その名の通り、JR線の定期、地下鉄やバスの乗車、日々の買い物などで使われている「Suica」の利用履歴を読み取ることができるアプリです。

残高確認はもちろん、利用した駅、チャージした日などの履歴も確認することができます。

Suica Readerで確認できること:

  • 電車を利用した日付履歴
  • 乗車駅
  • 降車駅
  • チャージ履歴
  • 残高確認

パートナーが通勤以外でもSuicaを使っていれば、浮気の証拠を見つけるきっかけになるかもしれません。

また、有料ですが低料金で、エクスポート機能(他のアプリケーションソフトが解釈できる形式で、ファイルを保存する機能)も付けることができます。

この機能を使えば、パソコンなどで情報の履歴を管理・保存しておくことが可能です。

【ランキング5位】Suica Readerの詳細を見る

第4位:AirDroid(エアードロイド)

浮気防止 Airdroid「AirDroid(エアードロイド)」の最大の特徴は、自分のPCから相手のスマホを遠隔で操作できる点です。

スマホの基本設定をはじめとする細かな変更ができるため、LINEやSMSの通知設定をオフにするなど、好みに合わせて相手のスマホをアレンジできます。

他には、以下の機能を備えています。

  • 現在地情報の確認
  • 電話帳の編集/閲覧
  • 電話の発信
  • スマホの基本設定の変更
  • アプリの管理
  • スクリーンショットの撮影保存

パートナーのスマホを自分のパソコンでチェックすることができるので、現在地やSMSで連絡を取っている相手をリアルタイムに確認できます。

また、電話帳の閲覧が可能なので、「削除した」と言っていたはずの元カノ・元カレの番号が本当に削除しているのか?を調べることができます。

浮気の芽を摘み、パートナーの浮気防止に活用しましょう。

【ランキング4位】AirDroidの詳細を見る

第3位:Prey Anti Theft(プレイアンチセフト)

浮気防止 プレイアンチセフト

「Prey Anti Theft(以下、プレイアンチセフト)」は、Android・iPhoneともに使える浮気防止アプリです。プレイアンチソフトでは以下の機能が役立ちます。

  • 現在地の確認
  • 位置指定
  • スクリーンショットの撮影
  • Wi-Fi検索
  • セキュリティ迷彩(スマホのホーム画面にアプリを表示させない機能)

このアプリは、位置情報の特定に優れた機能を持っており、たとえば、あらかじめ特定の場所を指定しておくことで、その場所に立ち寄った際&その場所から離れた際に、アラームやメールでお知らせしてくれます。

例えば、元カレや元カノの自宅、以前にポケットから出てきた領収書に記載されていたラブホテルなど、あらかじめ疑わしい場所を指定しておくと、浮気相手との密会を突き止めることができるかもしれません。

同様に、スマホのホーム画面上にアプリを表示させない「セキュリティ迷彩」も便利で、アプリそのものを非表示にできるので、インストールしたことを相手に気付かれる心配がありません。

また、これらの機能を無料で使える点もおすすめのポイントです。

【ランキング3位】Prey Anti Theftの詳細を見る

第2位:Cerberus(ケルベロス)

ケルベロス「Cerberus(ケルベロス)」は、本来はセキュリティアプリとして作られたものですが、浮気防止アプリとしても利用することが可能で、特にAndoroidユーザーからは高い人気を誇ります。

*Android専用のセキュリティアプリのため、残念ながら現時点ではiphoneに対応していません。

Cerberusで確認できること:

  • 位置情報の確認
  • 通話履歴の確認
  • 音声録音
  • 遠隔操作でのカメラ撮影
  • SMSログの確認

これらの機能は、「ケルベロス」専用のパソコン管理画面から「操作」することができます。

手元の管理画面からパートナーのスマホを遠隔操作できるスゴ技アプリで、通話履歴などは日付・時間・通話相手の番号などを確認でき、電話帳に登録している番号であれば名前まで一気に知ることが可能です。

さらに、起動がスマホの持ち主に知られないため、パートナーのスマホを自分のパソコンで管理しても、気付かれるリスクはかなり低く、安心して利用することができます。

【ランキング2位】ケルベロスの詳細を見る

第1位:mSpy

浮気防止アプリ:mSpy

ここまで数多くの浮気対策アプリを紹介してきましたが、第1位に輝いたアプリは「mSpy」です。

「mSpy」は、相手のスマホにインストールして、自分のスマホから様々な情報を監視することができるアプリで、たとえば浮気相手との連絡に使われていると思われるLINEの情報なども確認できます。

おすすめの神アプリ!mSpyで確認できること:

  • LINEなど、チャットアプリでのやり取り
  • SMSやSNSでのやり取り
  • インターネットの閲覧記録
  • 通話記録の閲覧

LINEだけではなく、カカオトークなど複数のチャットアプリを使い分けている人も多いですが、「mSpy」では手軽にそれらの情報を閲覧することが可能です。

操作性や利便性に優れており、相手のスマホをこっそり開いて複数のアプリの中身を全てチェックするよりも、はるかに手間や時間が掛かりません。

また、自分のスマホから相手の情報を監視できる点も大きなメリットです。

「mSpy」は、パソコンから相手の現在地を調べるだけではなく、外出先や勤務時間中など、パソコンが開けない状況でも、自分のスマホで相手の行動を調査することができます。

なお、幾つかの浮気防止アプリはAndroidにしか対応していませんが、「mSpy」はパートナーのスマホがAndroidでもiPhoneでも問題なく使う事ができます。

他の製品にはない様々な機能や豊富なサービス内容など、他のアプリよりも充実しているので、具体的な状況をイメージしながら、しっかりと確認をしてみましょう。

【ランキング1位】mSpyの詳細を見る

浮気調査の注意点!見つかればトラブルに…

ここまで浮気予防を目的とした様々なスマホアプリをご紹介してきましたが、あくまで浮気防止や浮気対策の目的に、相手の了承を得て、インストールを検討して頂きたいと考えています。

いくらパートナーと言えども、相手の同意なく、他人のスマホを遠隔操作する行為は「不正アクセス禁止法」などの法律違法となり、刑法上、罰せられる可能性があります。

他にも「ストーカー規制法」など、無断でスマホアプリをインストールして行動を監視することで、刑法に抵触する恐れがあります。

参考まで:

GPS機器を悪用して、相手につきまとうなどのストーカー行為が相次いでいることを受けて、警察庁の検討会はGPS機器を無断で取り付ける行為などについて規制の対象とする報告書をまとめました。警察庁は、ストーカー規制法を改正する方針です。

GPS機器が普及する一方で、相手の車や持ち物に取り付けて行動を把握し、つきまとうなどの悪質な行為が相次いでいて、警察などへの相談も多くなっています。

しかし現在のストーカー規制法では、GPSを使った行為について規定がなく、警察庁は有識者による検討会を設置して議論を進めてきました。

このほどまとまった報告書では、GPS機器を使って相手の位置情報を無断で把握することは原則として規制の対象とし、GPS機能が付いたスマートフォンのアプリを悪用することも対象に含まれます。

また、実際に位置情報を取得していなくても、相手の持ち物などに機器を勝手に取り付けただけで違反行為にすべきとしています。

警察庁は具体的な規制の内容をさらに検討し、今の国会にストーカー規制法の改正案を提出する方針です。

出典:NHK NEWS WEB:GPS機器悪用したつきまとい相次ぐ ストーカー規制法改正へ

 

また、法律面で問題にならなくても、カップル間、夫婦間でのトラブルへ発展しまうことも考えられます。さらに、無断でGPSアプリをインストールしたことを理由に夫婦関係が悪化し、離婚調停が行われると、相手にとって有利な条件になってしまいます。

あくまでも「家族の安全」などを名目に、同意・承諾を得て、インストールをしましょう。

***このようにスマホアプリを使った個人での浮気調査にはどうしても限界があります***

自分だけでの調査に限界を感じたり、確実な証拠が掴めずに悩んでいる方は、合法的に確実な証拠を獲得できる探偵事務所に相談することをお勧めします。

浮気探偵.comでは、実際に探偵事務所に覆面調査を行った相談レポートや優良探偵事務所の比較情報などを掲載しています。状況や予算に合わせて、探偵事務所の活用も検討してみてはいかがでしょうか。

人気記事ランキングpopularity

ページの先頭へもどる