携帯で旦那・嫁の浮気調査する際の注意点|不倫調査会社の評判・評価

浮気を疑うケース

携帯・スマホで浮気が発覚するケース

情報の宝庫になりつつある携帯電話

もし興信所にパートナーの浮気調査を依頼したいと思うのであれば、パートナーの携帯電話をチェックしておくことも一つの手としては有効でしょう。

着信履歴やメールなど、浮気相手と推測されるような人物からの物があれば、記録として残しておくと、後に浮気の重要な証拠となって、パートナーを追い詰めることができるようになります。また、昨今ではLINEやFacebookなどのSNSから浮気が発覚するケースも増えています。

自己調査の無理は禁物!

スマホを見るイメージ

しかし、いくら情報が詰まっているとはいえ、下手に携帯電話を見ようとすると、パートナーの態度を硬化させてしまう懸念があり、結果として警戒心が生まれてしまう可能性があります。

一度そうなってしまうと、せっかく興信所に依頼を行って浮気調査を開始したとしても、なかなか証拠となる尻尾をつかむことができず、調査が失敗に終わってしまう可能性もあります。

そのため、携帯電話を無理に見ようとすることは禁物です。 あくまでも、興信所に調査を依頼した際のアシストとして確認するくらいの気持ちで、さらっとチェックをした方が良いでしょう。

中身を詳しく見なくとも分かること

このように、携帯電話には証拠となる情報がたくさん詰まっています。このことは浮気をしている本人もよく分かっているはずです。 そのため、中身を見なくとも、今までリビングの机の上や、キッチン、ベッドルームなど、あらゆる場所に、無造作に置かれていた携帯電話をパートナーが肌身離さず持ち歩くようになった場合や、トイレや風呂場にまで持ち込むようになった場合、または携帯電話のロック機能を突然使うようになった等、日頃の行動の変化から浮気を疑うこともできるでしょう。

また、詳しく中身を見なくても、携帯電話の着信履歴や発信履歴、着信メールや送信メールが中途半端に削除されていないかを確認するだけでも充分で、中途半端に削除されている形跡があった場合は、知られなくない通話やメールのやりとりがあった可能性が疑われます。

ただし、たとえ夫婦間であっても、他人の携帯電話の中身を確認する行動は、あまり推奨できる行動ではありませんので、ご注意下さい。

注目記事をチェック

  1. 1位何だか怪しい?探偵事務所の実態を知ろう
  2. 2位それ、違法です!浮気の自己調査のリスク
  3. 3位探偵事務所がつかんだ!実際の証拠写真はこちら
  4. 4位いくらかかるの?探偵事務所ユーザの体験談
  5. 5位服装が変わったら、怪しい?浮気診断○×チェック
  6. 6位有名各社に相談してみた!ぶっちゃけレポート
PAGE TOP