財布のレシートで旦那・嫁の浮気を調査する際の注意点|不倫調査会社の評判・評価

浮気を疑うケース

財布のレシート・領収書から発覚するケース

調査方法のイメージ付け

虫眼鏡を覗く女性

浮気調査を行うとき、なるべく多くの情報を興信所に提供することが、成功へのポイントになってきます。

情報の量が多ければ多いほど、興信所も調査対象者がどのような人間で、普段どのような行動をとっているのか予想を立てやすく、どのような調査をしていけば証拠をつかむことが出来るのかなど調査の方法をイメージすることが、より容易になってくるはずです。

また、調査対象者の一週間の行動パターンが分かっていれば、どの曜日の、どの時間帯が怪しいかということも浮き彫りになる可能性があります。

何気ない領収書も興信所にとっては情報源

では、浮気調査を依頼する際に、どのようなものを情報として提供すればよいのでしょうか。

仕事のシフトや休日の過ごし方、趣味や行きつけの店などはもちろん必要ですが、浮気調査を依頼する前に、パートナーの財布の中身をチェックしてみるだけで意外に多くのことが判明します。よほど几帳面な性格でない限り、買い物をしたときの領収書が、そのまま入っていることがほとんどでしょう。

この入れっぱなしになっている領収書(レシート)を集めておくことも有効な情報源となります。もちろん、ラブホテルの領収書やクラブの領収書など、証拠となりやすい直接的な領収書は滅多に出てこないと思います。

しかし、あなたから見て「こんなものが調査の役に立つのだろうか」と思う領収書(レシート)で構いません。そのような一見関係ないと思われるものであっても、興信所にとっては、行動パターンをイメージする際の重要なヒントになります。

また、パートナーがクレジットカードを使うのであれば、カードの明細書を取っておくことも情報源となります。領収書と同様に、意外なヒントを興信所に与えることが出来るかもしれません。

ただし、領収書の中には、会社の経理に提出するであろう大切な領収書が含まれている場合もあります。 携帯で領収書の写真を撮っておく、手書きの記録を残しておく、と言った方法の方が良い場合もあります。

注目記事をチェック

  1. 1位何だか怪しい?探偵事務所の実態を知ろう
  2. 2位それ、違法です!浮気の自己調査のリスク
  3. 3位探偵事務所がつかんだ!実際の証拠写真はこちら
  4. 4位いくらかかるの?探偵事務所ユーザの体験談
  5. 5位服装が変わったら、怪しい?浮気診断○×チェック
  6. 6位有名各社に相談してみた!ぶっちゃけレポート
PAGE TOP