財布のレシートで夫・妻の浮気を調査する際の注意点|浮気探偵.com

浮気を疑うケース

財布のレシート・領収書から発覚するケース

浮気調査は情報量が重要!

提出 人形 提供浮気調査を行うとき、なるべく多くの情報を探偵・興信所に提供することが、成功への近道になります。

情報量が多ければ多いほど、探偵事務所や興信所も調査対象者が「どのような人間で」「普段どのような行動をとっているのか?」の予想が立てやすく、より具体的な作戦を練ることができます。

また、人物像や行動パターンを把握しておけば、「どのような調査をすれば証拠を掴みやすい」など、調査日数の短縮化(調査費用の低価格化)にも繋がります

さらに、探偵事務所や興信所が、具体的に調査方法や調査日数をイメージできれば、金額などの見積もりも分かりやすく、金銭面や精神面での負担も軽減されます。

調査対象者である夫(または妻)の、一週間の行動パターンや、どの曜日のどの時間帯が怪しい、など目星を付けていければ、より無駄のない調査が可能です。

領収書も浮気調査の重要な情報源

レシート 領収書 写真では、浮気調査を依頼する際に、どのようなものを情報として提供すれば良いのでしょうか?

仕事のシフト、休日の過ごし方、趣味、行きつけの店など、情報は多ければ多いほど良いですが、浮気調査を依頼する前に、パートナーの財布の中身をチェックしてみるだけで、意外に多くのことが判明します。

何気ないレシートが浮気調査の手がかりに!

レシート 財布 いっぱいよほど几帳面な性格でない限り、買い物をした時のレシート(領収書)が、そのまま財布に入っているはずです。

この入れっぱなしになっているレシート(領収書)を集めておくことも、実は非常に有効な情報源となります。

ラブホテルやキャバクラ、高級レストランなど、浮気と直結しやすい領収書は、ほとんど出ないかもしれませんが、「こんなものが調査の役に立つのだろうか」と思うレシート(領収書)でも、調査に役立つことがあります。

一見まったく関係ないと思われるコンビニ等のレシートであっても、探偵事務所や興信所にとっては、行動パターンを把握する重要なヒントになります。

クレジットカード明細が浮気調査のヒントになる?

クレジットカード レシート 明細また、パートナーがクレジットカードを使うのであれば、カードの明細書を取っておくことも貴重な情報源となります。

レシート(領収書)と同様に、意外なヒントを探偵事務所や興信所に与えることができるかもしれません。ただし、領収書の中には、会社の経理に提出するであろう大切な領収書が含まれている場合があります。

それがなくなっていると、相手側にも不信感を与えてしまうだけではなく、最悪の場合は、浮気調査がバレてしまう可能性も考えられます

携帯で領収書の写真を撮っておく、手書きで記録を残しておく(日付・時間・住所なども含めて)、コピーを取っておくなど、金額は大きいものは実物以外の方が安心でしょう。

パートナーの携帯電話・スマホの中身をチェックするよりもハードルが低い方法なので、是非、試してみて下さい。

人気記事ランキングpopularity

ページの先頭へもどる