実録・恋人の浮気

【愛は伝えなきゃだめ!】浮気されやすい男性の特徴10選

浮気と言えば、かつては「男性がするもの」と思われていました。

しかし、今では女性だって浮気をする時代です。

肉体関係から始まることの多い男性の浮気と比べて、気持ちから始まることの多い女性の浮気は、本気に陥ってしまいやすく、より深刻だと言われています。

では、浮気をされやすい男性には、どのような方が多いのでしょうか?

今回は、浮気したことのある女性の意見も取り入れながら『女性に浮気されやすい男性の特徴』をまとめてみます。

浮気されやすい男性の10の特徴

  • 浮気をされやすい男性には、どのような共通点があるのでしょうか?
  • 『浮気をされやすい男性』の10の特徴をご紹介します。
  • 1.言葉や行動での愛情表現が少ない

恋人 すれ違い 喧嘩浮気をされやすい男性の特徴として「愛情表現が少ない」ことが挙げられます。

多くの女性は、男性が考えている以上に、言葉や行動で愛情を示してくれることを望んでいます。

愛情表現が少なくなると、どんなに心の中で彼女を愛していても、

『どうして言葉にしてくれないんだろう』

『もう私のことは愛していないんだわ』

と不安になってしまいます。

その結果、女性は愛情を求め、他の男性へと気持ちを向けてしまいます。

  • 2.束縛しすぎる

束縛 恋人 DV男性だって束縛されすぎると、窮屈に感じるでしょうが、それは女性も同じです。

自由な行動や異性との連絡を制限すると、窮屈に感じて、束縛から逃れるために他の男性との出会いを求めてしまいます。

束縛を「窮屈だ」と思っているうちは、まだマシで、女性にとって自分より力の強い男性からの束縛は、窮屈を超えて「恐怖」の対象になることさえあります。

恐怖を感じた女性は、その恐怖から逃げるために、他の男性へ助けを求めてしまうかもしれません。

その場合、DVなどを疑われてしまうこともあり、女性の浮気が正当化されるリスクも考えられます。男性の束縛が、女性にとっては暴力的な恐怖に繋がってしまう恐れもあることを覚えておきましょう。

  • 3.優しすぎて一切怒らない

恋人 喧嘩 頼りない多くの女性は「男性に守ってほしい」と思う一方で「リードしてほしい」とも思っています。

最初は、決して怒らない男性の優しさに惹かれるかもしれませんが、肝心な時でも怒らずにいると、徐々に「頼り甲斐がない」と感じるようになります。

何でも女性に合わせて許すことは、男性にとっては一種の愛情表現かもしれません。

しかし、女性は「優しいだけでは物足りない」と感じてしまいます。

また、一切怒らない男性と一緒にいることは、女性にとっても気疲れし、

『何でも許してくれるけれど、本当は嫌なんじゃないか』

『とても優しいけれど、自分の意思はないのかな…』

と考えてしまいます。

物足りなさや気遣いに疲れた女性が、他の男性に目移りしてしまう可能性は、十分に考えられるでしょう。

  • 4.彼女に甘えすぎている

夫婦 不満 家事炊事や洗濯などを積極的にやってくれるからと言って、甘えてばかりいると

『私はあなたのお母さんじゃない!』

と不満が爆発してしまいます。

実際に家事が原因の夫婦喧嘩は多いですが、喧嘩になるだけならまだしも、女性が自分も甘えられる場所を探して、他の男性と出会ってしまうことも考えられます。

甘えてばかりの言動は、このようなリスクを抱えているので、時には彼女が甘えられる環境も用意してあげましょう。

  • 5.仕事や趣味ばかりを優先してしまう

恋人 無視 すれ違いやりがいのある仕事や、本格的な趣味に全力を懸けている男性は少なくありません。

何かに夢中になれる男性は、女性から見て、とても魅力的に映ります。

しかし、度が過ぎてしまうと、亀裂を生んでしまう恐れもあります。

多くの女性は見えない心の繋がりと同じくらい「言葉のやり取り」や「一緒に過ごす時間」を重視します。

仕事や趣味を優先してばかりで、彼女との時間を作らずにいると、どんなに深い絆が二人の間にあっても、徐々に「寂しい」と感じてしまいます。

寂しさを埋めるために、他の男性との出会いや浮気に向かってしまうかもしれません。

  • 6.優柔不断で常に受け身

デートプランや献立など、何を聞かれても「何でもいいよ」と答える男性は少なくありませんが、このような調子が続いてしまうと、優柔不断に思われてしまいます。

女性の多くは男性に「頼りがい」や「いざという時の強さ」を求めています。

それなのに、全て女性任せだと「何も決めてくれない」「頼りない」と感じて、愛想を尽かされてしまうことがあります。

お互いに相談しながらも、物事を的確に決め、やさしく導いてくれる男性に心変わりしてしまう可能性があります。

  • 7.頑固で自分の意思が強すぎる

恋人 喧嘩 言い合い「何でも良い」ばかりでも頼りないと思われますが、反対に意思が固すぎることも浮気をされやすい男性の特徴と言えます。

女性の多くは共感を求める傾向があるので、自分の意思ばかりを主張し過ぎると、

『私の意見は聞いてくれない』

『私の考えは、どうでもいいんだ』

と落ち込んでしまいます。

共感をしてくれる人がいれば「この人は自分のことをわかってくれる」と感じるので、あまりにも耳を傾けないでいると、自分を理解してくれる他の男性に心が惹かれてしまうでしょう。

  • 8.甲斐性がない

女性はとても現実的です。

今は、男女が仕事も家事も平等に行う時代になりつつありますが、やはり甲斐性がない男性とは結婚できないと判断する女性が大半です。

もちろん、結婚が全てではありません。そして、お金がなくても幸せに生活していくことは可能です。

しかし、二人が将来、結婚を見据えてお付き合いをしている場合(もしくは女性がそう考えている場合)、結婚して一緒に家庭を築くことには最適ではない男性である、と女性が判断すれば、別れは時間の問題です。

そこですぐに別れを切り出してくれるのであれば、まだ救いようがありますが、別れを迷っているうちに他の男性と『同時進行』をしてしまうこともあります。

急に給料が上がることはないでしょうが、しっかりと計画を立てていることをアピールしておきましょう。

  • 9.草食系で積極性が足りない

恋人 喧嘩 草食系「草食系男子」という言葉が一般的にも使われるようになりましたが、そのイメージは決して悪いものばかりではありません。

心優しくてガツガツしていない草食系男子を好む女性も多いですが、あまりに積極性がなさすぎると、徐々に不満を感じてしまいます。

消極的だと分かって付き合っていても、いつしか女性は「私に魅力がないのかしら」と落ち込み、「もっと愛されたい」と別の男性のもとに行ってしまう可能性もあります。

その欲求が結果として、浮気へと発展してしまうことも、よく聞く話です。

  • 10.女性扱いをしない

恋人 男扱い 男友達パートナーをまるで友人のように扱ってしまうことがありませんか?

女性として扱っているつもりでも、男性と女性の感覚は違います。

だからこそ、意識をして「女性扱い」することが大切です。

髪を切ったりネイルを変えたのに全く気づかない時、以前はしていたエスコートをしなくなった時など、多くの女性は「もっと女性として扱って欲しい」と感じてしまいます。

友人扱いならまだしも、結婚後にはお母さん扱いをしてしまう人も多く、女性として大切に扱う男性が現れた場合、心が揺れて、浮気へと発展してしまうかもしれません。

男性の浮気より厳しい女性の浮気

いかがでしたか?

男性が一時的な癒しや肉体的な欲求不満の解消を求めて、浮気をする傾向がある一方で、女性の場合は愛想を尽かせて気持ちの面から浮気をしてしまう傾向があります。

そのような意味では、女性の浮気の方が別れが近いと言え、よりシビアな浮気だと考えられます。

もちろん、浮気をする側にも問題はあります。

しかし、本気でパートナーと向き合えば、十分に浮気問題を解消していくことができます。

最後に、女性の浮気を体験した方々の体験談と、そこから学ぶ『浮気されない男性』になるための方法を紹介しようと思います。

【体験談】こうして女性は浮気する…

これから紹介させていただく体験談は、浮気をした女性、また浮気をされてしまった男性の体験談です。

登場する女性たちは、どうして浮気をしてしまったのか?

どうすれば良かったのか?を考えながら読んで頂くと幸いです。

【浮気した女性】「愛してる」と言ってほしかっただけなのに…

(26歳・会社員・女性)

大学時代から付き合っている彼とは、もう4年の付き合いでした。

長年付き合っていたので、少なからず結婚も意識していましたが、私は彼に一つだけ不満がありました。

それは彼が全く愛情を表現しないことです。「好き」「愛してる」なんて言葉は一度も言ってくれたことはなく、もちろんプロポーズだってありません。

彼にそう言って欲しいなら、自分から頼めばいいのに!って思う人もいるかもしれませんが、最初の頃は冗談で「私のこと好き?」「愛してるって言ってみてよ(笑)」なんて言えたんです。

照れながら、そっぽを向いてしまう彼のことだって、可愛いく思えていました。

同棲もしていましたが、それを持ちかけたのも私からでした。

一緒に住み始めれば、家の中なので誰にも見られません。

照れ屋な彼でも、二人っきりの空間なら愛情表現をしてくれるんじゃないか?と、淡い期待もあって同棲を持ちかけたんです。

だけど、そんな期待は裏切られました。

最初こそ、ねだることのできた「好き」の言葉も、何をしたって言ってくれないと分かると、正直心が折れました。

4年の付き合いで、私は25歳にもなり、長く付き合って同棲もしていれば当然、結婚だって考えます。

まだ焦る年齢ではないかもしれませんが、子どもも望んでいたので、このままズルズルと彼と付き合っていても良いのだろうか?と不安になることもありました。

何も言ってくれないと「本当に私のことを好きなのかな?」と思ってしまうようになり、二人の関係に悩む日だって増えてきました。

もし、このまま彼が結婚を意識してくれないなら、私もそろそろ次に進まないといけないかもしれない…。

それでも、長年付き合ってきた彼は優しく、信頼もしていました。情だってありました。

私からプロポーズをしても良かったのかもしれませんが、正直なところ、結婚してもその先に待っている生活が同じように続くと思うと、迷いが生じて、心が宙ぶらりんになっていたんです。

そんなとき、会社の先輩(男性)が声を掛けてくれました。

最初は、何やら思いつめているような私を心配して声を掛けてくれただけでした。

何でも話していい…そんな先輩の言葉に、私はだんだんと彼の話をするようになりました。

親身に話を聞いてくれ、男性目線でのアドバイスをくれる彼に、心が惹かれてしまいました。

ただの相談だったはずなのに、積極的な先輩は私への愛を言葉にしてくれるようになり、そのストレートな表現に、最初は拒否していた私も、段々と絆されてしまったんです。

結局、先輩と浮気をするようになり、このままじゃいけないと思った私は、彼に別れを切り出しました。

その時は、罰当たりかもしれませんが、先輩が彼と別れる“いいきっかけ”をくれたとさえ思いました。

そして、先輩こそ本当の運命の人だとも感じました。

私が別れを切り出すと、彼はすんなりと別れを受け止めてくれましたが、

「本当に愛していた。本気で将来を考えていた。」

と涙ながらに話してくれました。

その後、先輩と付き合った私は、たった数ヵ月で先輩と別れてしまいました。

浮気をした報いなのでしょう。今になって言っても仕方のないことですが、彼がもっと早く「愛してる」と言ってくれていたら…。そう思ってしまう時が多々あります。

彼が本気で気持ちをぶつけてくれていたら…。

今さら何を言っても、悪いのは浮気をした私です。それは間違いありません。

ただ、彼と別れた今も時々、彼は幸せになっているかな…と考える時があります。

【浮気をされた男性】彼女のためだけに仕事に打ち込んでいたら…

(32歳・会社員・男性)

当時付き合っている彼女には、アイドルになりたいという夢がありました。

アイドルを目指している…といっても、すでに当時から地下活動はしていたので、地下アイドルと呼べばいいのでしょうか。

地下活動をしながら、彼女はテレビに出たり握手会をしたりするようなアイドルを目指していたんです。

地下アイドルと僕のような冴えない男が付き合うなんて、何だか漫画に出てくるような話だと思いましたが、漫画のような現実に僕も舞い上がっていたんでしょう。

信じられないことですが、彼女からのアプローチで僕たちは付き合い始めました。

「優しい〇〇君が好き」と明るく言ってくれる彼女が可愛くて仕方なくて、何でもしてあげたいと本気で思ったんです。

彼女には楽をさせてあげたいし、夢を全力で追いかけてほしいから…、と別々に暮らす彼女の生活費をできる限り援助しました。

家賃を支払い、臨時収入があれば「これで美味しいもの食べてね」と彼女に生活費としてお金を渡していたんです。

彼女は無名ながら芸能界を目指して、地下アイドル活動をしていたので、僕のような存在がバレたらまずいだろうと外で会うこともやめ、スキンシップを求めることもあまりしないように努めました。

彼女を献身的に支える自分に酔っていたのかもしれませんが、その時は本気で彼女中心の生活をしていたんです。

彼女が望むことは何でもして、逆に僕は彼女に何も求めない。それがかっこいいと思っていました。

もちろん僕も男なので、彼女に会いたい、触れたいという気持ちはありましたが、その気持ちは抑え込みました。

その分、気持ちをぶつけるように僕は仕事に打ち込み、彼女がなるべく楽に生活できるように頑張ったつもりです。

だけど、段々と彼女の様子がおかしくなり、連絡が返ってくるのも1日置きになり、3日置きになり…。ついに電話には出なくなりました。

会おうと思っても、部屋にも彼女はなかなか帰っていないようで会うことができず…。

SNSなどは更新されていたので、アイドルとファンとしては会えたかもしれませんが、それでは意味がないとも思ったんです。

それに…「僕は彼氏なんだぞ」という想いや、あくまで彼氏として彼女と会いたい意地みたいなものもあったと思います。

しかし、僕が彼女のことを探るには限界がありました。

共通の友達はいません。それに僕みたいな男が少なからずアイドル活動をしている彼女をつけたりすれば、ストーカー扱いを受けてしまうかもしれません。

そこで、最初は警察に相談しようと思ったんです。捜索願を出したら彼女が見つかるんじゃないかと思って。

しかし、連絡が全くつかないとは言え、SNSで自分のライブ情報などを流しており「いなくなった」とは到底言えない状態です。

それでも、連絡のつかない彼女を心配する気持ち、そして「こんなに尽くしたのにいなくなるなんて」と怒りの気持ちが湧いて来て…どちらの気持ちも、彼女を見つけ出さないことには収まらないように感じていました。

どうしようかと考え、ネットで検索をしているうちに、探偵に依頼ができることを知りました。

金額も安くありませんし、そこまでしていいのかと悩みましたが、相談してみたところ親身に話を聞いてくれましたす。

自分で言うのも悲しい話ですが、きっとストーカーなのではないか?と疑惑は持たれていたと思います。

しかし、僕なりに自分の言っていることが嘘ではないと、彼女とのプライベート写真や彼女名義の口座への振込明細を見せて、信じてもらえるように努めました。

探偵事務所の方は、真剣に僕の話を聞いて「私達は〇〇さんの味方ですよ!」と力強く言って下さったので、ホッとしました。

正直、これまで探偵には何となく怪しいイメージがありましたが、全く見当違いの印象を抱いていたことを感じました。

この探偵事務所は信頼できる!と感じた僕は、藁にもすがる思いで依頼をしてみました。

こんなにもモヤモヤとした気持ちが続くなら、いっそのことプロに白黒はっきりさせてもらう方が、金額以上の価値があるんじゃないかと思ったんです。

すると…彼女はすぐに見つかったのですが、同時にとてもショックなことがわかりました。

彼女は、僕が家賃を払い続けていた家にはもう住んでおらず、他の男性の家で同棲していました。

自宅に出入りする様子だけではなく、デートをしている様子なども見せられましたが、ショックすぎて直視できませんでした。

それからしばらく、家賃や生活費の振込などをやめる以外に何もできずにいましたが、探偵の方にいただいた証拠はずっと持ち続けていました。

それが役立つ時は、いきなりやってきました。

なんと、彼女から連絡があったんです!

何かと思えば、いきなり家賃振込がなくなったせいで差し押さえ通知が来てしまった!とか言い始め、僕は「直接会って話そう」と言って、彼女を呼び出しました。

そこで証拠を見せ、彼女を問い詰めたんです。

最初こそ、ニコニコしていた彼女も、いよいよ言い訳がきかなくなってきたのか、最後には涙ながらにこう語りました。

「ほとんど会えなくて寂しかった」

「もう自然消滅なのかと思って、よそ見をしてしまった」

きっと、寂しかったのは本音だったと思います。でも、自然消滅をしているなら、今さら僕に連絡はしてこないでしょう…。

彼女のためを思ってこそとは言え、寂しい思いをさせてしまったなら、それは申し訳ないと思います。

だけど、僕は彼女を許せませんでした。

恋人同士では慰謝料請求が難しいと聞きましたが、彼女も自分のアイドル活動のために悪評が広がってはまずかったのでしょう。

自分から慰謝料を払うと言い出し、少ない金額ながらも受け取ることにしました。

お金で解決はできませんが、これで彼女が本当に反省すればいいと思ったんです。

僕にとっては苦い経験でしたが、どんなに彼女の夢のためだと思っていても、本当に大事なことは彼女の気持ちだったのかもしれないと思っています。

時には我慢しすぎず、自分の思いにも正直になって、いかに彼女を愛しているのか、彼女を求めているのかを、直接彼女に伝えることが必要だったのでしょう。

今は、すっかり目も覚めて、尽くしすぎたり、彼女のためだからと一人で突っ走ったりせず、互いに支えあい、時には弱さも見せ合えるような女性とお付き合いをさせていただいています。

当時のことは僕にとっても暗い過去ですが、人生の経験として活かしていきたいと思っています。

大事なのは「想いを伝える」こと!

愛情 ハート 愛情表現いかがでしたでしょうか?

人によっては、気分が落ち込んでしまうお話でもあったかもしれません。

しかし、お二人の体験談から「浮気されない男性」になるための教訓というのが読み取れるかと思います。

もちろん、浮気する側が悪いことは間違いありませんが、なるべく浮気をされないように、普段から対策することで防げるトラブルもあるはずです。

お二方の体験談を紹介させていただきましたが、共通して読み取れる反省は『想いを伝えることが大事』ということです。

とはいっても、「想いを伝える」とは、一体どのようにしたら良いのでしょうか?

今回は、女性に「愛してる」想いを伝えるための大切なポイントを、5つにまとめてご紹介します。

女性の求める「愛情」を伝える5つのポイント

「想いを伝える」「愛情を示す」といっても、一体どうしたら良いのかと迷われる方も多いかと思います。

どんなに心の中で想っていても、自分では表現しているつもりだったとしても、女性に愛が伝わってなければ意味がありません。

では、女性はどのようなことに「愛情」を感じるのでしょうか?

5つのポイントをお伝えします。

  • 1「愛している」「好き」と言葉にする
  • 2言葉だけでなく、抱きしめたりして愛情を示す
  • 3何事にも積極性を持つ
  • 4彼女の話をよく聞く
  • 5彼女がいつまでも女性であることを意識する

共通して言えることは「見える形にする」ことでしょう。

相手から見えない頭の中で、どんなに考えていても、それは伝わりません。

好きなら「好き」と伝えたり、抱きしめたいなら抱きしめることが大切です。

また、上手く話せなくても彼女の話を興味深く聞いて質問をしたり、彼女の荷物を持ってあげる、エスコートをしてあげるなど、無理のない範囲で女性扱いするだけでも、彼女は行動から「愛されている」「大切にされている」と感じます。

どんな形であれ、二人に合う形で愛情を示すことを大事にしてあげてください。

もし浮気をされてしまったら?

男性 落ち込む ショックそれでも、残念ながら女性の浮気が100%防げるわけではありません。

何をしても浮気をする方はしますし、しない方はしないものです。

もしパートナーが浮気をしても、決してあなたが悪いということではありません。

浮気はする側が悪いものです。

もし浮気をされてしまっても、決して自分を責めたりせず、堂々と自分なりの解決法を見つけていただければと思います。

そして、今回ご紹介させていただいた『浮気されやすい男性の特徴10選』を参考に、より素敵な男性を目指していただければ幸いです。

人気記事ランキングpopularity