浮気調査を依頼した後

浮気・不倫での慰謝料請求について

浮気相手からも請求できる

頭を抱える男性

浮気が原因となり裁判を起こした場合に、慰謝料の請求を行うことが多いですが、その請求先は浮気をしたパートナーだけではなく、浮気相手にも請求することが認められています。

もちろん、浮気相手に請求を行うか否かの判断は、各個人の意思に委ねられているため、どのような決定を行うかは自由ですが、パートナーと浮気相手の両方に行う場合と、片方のみに行う場合に分かれてくることを覚えておきましょう。

慰謝料が発生しない場合も

ただし、パートナーと浮気相手の両者に慰謝料を請求することができたとしても、どちらか一方が高額な慰謝料を支払った場合は、もう一方が支払うはずだった慰謝料も、それによって補填されたものとみなされ、両者から支払ってもらえなくなることもあります。

また、浮気の内容や度合いによっては、必ずしも両者に請求できるとは限りません。

さらに、浮気の度合いによっては慰謝料が発生するかどうかの検討もされるので、浮気の事実とその後の対応によっても、慰謝料の額が大きく異なると考えられます。

慰謝料請求には確固たる証拠を

浮気の発覚後に、すぐに慰謝料を請求する行為は一般的な感覚としては、当然の流れと思うかもしれません。しかし、浮気が発覚しても請求できないケースもあることを忘れてはいけません。

そのため、慰謝料を請求する理由と、浮気の確固たる証拠をしっかりと揃えたうえで、請求を行うことが確実に慰謝料を獲得するためには大前提となります。このような背景からも、興信所への調査依頼は、有効な手段と言えるでしょう。

ただし、浮気調査には、それなりの費用の負担も発生するため、調査をしっかりと行えた場合のみ費用が発生するような成功報酬型の支払い方法を扱っている興信所に相談するのも一つの策です。

注目記事をチェック

ページの先頭へもどる