浮気をしたのに親権を主張された場合|不倫調査会社の評判・評価

浮気調査を依頼した後

浮気をしたのに親権を主張された場合

親権問題はやはり妻が有利?

考え込む女性

離婚トラブルで大きな問題になるのが親権問題です。

親権争いということになれば、ほぼ調停しか解決策はないのかもしれません。

ただ、多くの場合、父親側が折れることが多いので、親権者は母親になることがほとんどです。特に子どもが就学前であれば、調停を行った際に母親の方が有利と言われています。

父親の場合は、親権を勝ち取ることは非常に難しいのですが、絶対に無理ということではありません。子どものためになると判断されると、父親が親権を持つことも可能です。

親権を争うときに考慮されること

親権を争うときに考慮されるのは、子どもへの愛情や養育の意思があるのかどうか?また、経済状態も考慮され、さらには、家庭・教育・居住などの環境が子どもを健全に育てることに適しているのかどうか?も判断基準となります。

そのなかでも、最も考慮されるのは、やはり子どもへの「愛情」でしょう。数字で表すことができない部分でもありますが、日頃抱いている子どもへの想いをきちんと伝えることが大切です。

浮気は考慮されるのか?

離婚の原因が浮気であった場合、それは親権問題に考慮されるのでしょうか?

一般的には、それは無関係と判断されることがほとんどです。心情的には、浮気をして離婚を申し出てくるなど、理不尽な振る舞いを行う側には、誰もが味方をしたくはないですが、その浮気と子どもの養育は別問題 と考えられているようです。

もちろん、浮気三昧で子どもの養育を放棄してしまっているような親であった場合には、例え経済状況が優れていたとしても、言動が決定に大きく影響します。

子どもの気持ちは尊重されるのか?

親権争いに子どもの意見は反映されるのでしょうか?それは子どもの年齢にもよるでしょう。

子どもが大きければ、その子に明確な意思があると判断され、子どもの意見が尊重されることもありますが、通常中学生以上(場合によっては10歳程度から)の年齢の子どもでなければ、直接の聞き取りをされることもないため、意思はあまり尊重されない傾向にあります。

注目記事をチェック

  1. 1位何だか怪しい?探偵事務所の実態を知ろう
  2. 2位それ、違法です!浮気の自己調査のリスク
  3. 3位探偵事務所がつかんだ!実際の証拠写真はこちら
  4. 4位いくらかかるの?探偵事務所ユーザの体験談
  5. 5位服装が変わったら、怪しい?浮気診断○×チェック
  6. 6位有名各社に相談してみた!ぶっちゃけレポート
PAGE TOP