浮気調査を依頼した後

浮気をしたのに親権を主張された場合

親権争いはやはり母親が有利?

親権争い 離婚 子ども離婚トラブルで大きな問題になるのが親権争いです。

親権争いということになれば、ほぼ調停しか解決策はないのかもしれません。

ただ、多くの場合、父親側が折れることが多いので、親権者は母親になることがほとんどです。

特に子どもが就学前であれば、調停を行った際に母親の方が有利と言われています。

父親の場合は、親権を勝ち取ることは非常に難しいのですが、絶対に無理ということではありません。

もちろん、子どものためになると判断されると、父親が親権を持つことも可能です。

親権を勝ち取るには

親権 親子 抱きしめる親権を争うときに考慮されるのは、

  • ◆子どもへの愛情や養育の意思があるのかどうか?
  • ◆養育に十分な経済力があるか
  • ◆家庭・教育・居住などの環境が子どもを健全に育てることに適しているのかどうか?
  • といったことが、判断基準となります。

それ以外にも、様々なことが考慮され、親権が決定されますが、離婚の原因が相手の浮気であった場合や、子どもがどちらかの親を希望している場合、どうなるのでしょうか?

親権争いで浮気は考慮されるのか?

親子 涙 育児離婚の原因が浮気であった場合、それは親権問題に考慮されるのでしょうか?

残念ながら一般的には、それは無関係と判断されることがほとんどです。

心情的には、浮気をして離婚を申し出てくるなど、理不尽な振る舞いを行う側には、誰もが味方をしたくはありません。

しかし、その浮気と子どもの養育は別問題と考えられているようです。

とはいえ、浮気三昧で子どもの養育を放棄してしまっているような親であった場合には、例え経済状況が優れていたとしても、言動が決定に大きく影響するでしょう。

そうしたことも、確実な証拠を持って、相手の浮気が子どもに悪影響だ、と調停で示すことができれば、十分に相手の浮気が考慮されて親権が勝ち取れる可能性もあります。

だからこそ、少しでも確実に離婚をし、親権を勝ち取れるように、離婚前の浮気調査は徹底して行いましょう。

確かに探偵事務所への依頼をする場合、金額は決して安くはないかもしれません。

けれど、それが結果として親権を勝ち取ることに繋がるなら、探偵への依頼がお金に変えられない「子どもとの生活」への近道になると言っても過言ではないでしょう。

子どもの気持ちは尊重されるのか?

制服 女子 悩む親権争いに子どもの意見は反映されるのでしょうか?

それは子どもの年齢にもよるでしょう。

子どもが大きければ、その子に明確な意思があると判断され、子どもの意見が尊重されることもあります。

ですが、通常中学生以上(場合によっては10歳程度から)の年齢の子どもでなければ、直接の聞き取りをされることもないため、意思はあまり尊重されない傾向にあります。

とはいえ、子どもも離婚調停中は神経質になったり、ストレスを抱えたりすることがあるでしょう。

そんなとき、なるべく子どもに寄り添ってあげられれば、その姿勢も評価される可能性がありますし、何より大切な子どもさんのためになると思います。

大切な子どもと一緒にいるために

子ども 親子 母様々な親権争いにおける争点についてお話してきましたが、最も考慮されるのは、やはり子どもへの「愛情」でしょう。

数字で表すことができない部分でもありますが、子どもにとって最も大切で必要なものでもあります。

だからこそ、調停においては、親権争いで勝ち取るためにも日頃抱いている子どもへの想いをきちんと伝えることが大切です。

そして、その愛情が本物であればこそ、確実に親権を獲得するため、少しでも有利な証拠を掴んで調停に望めるよう、探偵事務所への依頼を考えてみてくださいね。

人気記事ランキングpopularity

ページの先頭へもどる