調査の依頼後も感情的にならないことが大事|不倫調査会社の評判・評価

浮気調査を依頼した後

感情的にならないこと

まずは冷静になりましょう

泣いている女性

興信所に浮気調査を依頼して数週間が経過して、待ちに待った調査結果の報告日がやってきたとします。 結果は、残念ながらあなたが感じていたように、パートナーは浮気をしていました。

あらかじめ覚悟をしていた事とはいえ、あなたの頭の中は真っ白になり、その直後にはパートナーへの怒りの感情でいっぱいになることでしょう。 そんな時でも、怒りにまかせて感情的な行動は慎まなければなりません。

あなたが感情的な行動をすればするほど、パートナーに付け入る隙や反撃のチャンスを与えてしまうことになりかねません。 興信所を使って得ることができた決定的証拠はあなたの手の中にあるのです。

まずは冷静になって、自分がどうしたいのか考えましょう。

一人でいると怒りの気持ちが先行してしまうことも多いので、冷静になるために興信所の方と一緒になって、今後のことを相談するのも良いでしょう。

離婚を決意したら

離婚をする決心をしたら、まずは離婚届を役所に提出しなければなりません。

しかし、ただ届けを出せば良いわけではなく、双方の離婚の意思が確認できなければ、いくら届け出を提出しても、正式に受理されたことにはなりません。

例えば、自分で勝手に相手の印鑑を持ち出して、離婚届への記載および押印を行い、役所への届け出を行ったとします。
パートナーがその離婚届を認めるのであれば大きな問題にもならず一件落着となりますが、パートナーに離婚の意思がない場合は、離婚をすることはおろか、あなたが文書の偽造をしたとして刑事告訴されてしまう可能性も出てきてしまいます。

そのような意味でも感情的にならず冷静な行動が求められてくるのです。

興信所をはじめとした専門家への相談

離婚の手続きを確実に行い、その後、出てくることが予想される様々な問題を解決していくためにも、専門的な知識を持っている興信所をはじめとした各専門家への相談を行い、一緒になって進めていくことが、より的確で迅速な解決につながっていくことでしょう。

ただでさえ離婚は、多くの時間と労力を使います。効率的に進めるようにしましょう。

注目記事をチェック

  1. 1位何だか怪しい?探偵事務所の実態を知ろう
  2. 2位それ、違法です!浮気の自己調査のリスク
  3. 3位探偵事務所がつかんだ!実際の証拠写真はこちら
  4. 4位いくらかかるの?探偵事務所ユーザの体験談
  5. 5位服装が変わったら、怪しい?浮気診断○×チェック
  6. 6位有名各社に相談してみた!ぶっちゃけレポート
PAGE TOP