養育費・親権はどうする?離婚調停の注意点|不倫調査会社の評判・評価

浮気調査を依頼した後

離婚調停の注意点

調停離婚とは

いざ離婚となった場合に、その後の生活をどうするのかについて話し合わなければなりません。特に、子どもがいる家庭では、どちらが親権を持つのか?養育費をどうするのか?どのくらいの金額にするのか?など、細かいことまで離婚が決定するまでに話し合わなければなりません。

そのような話し合いが当人同士でまとまらない場合は、家庭裁判所に調停を申し出て話し合いを行っていくことになります。調停は非公開で行われ、夫婦を交代で調停室に呼び、事情を聞きながら、お互いに合意できる点を探っていくように進められていきます。

つまり、申立人と相手が直接やり取りをするわけではないので、感情的にならずに話を進めることができます。

円滑な離婚へとつなげるために

調停で話し合うにしても、調停は毎日開かれるわけではなく、一定期間のインターバルを設けながら開かれることになるため、こうした手続きをいかに上手く踏むのかによって、離婚が円滑にできるかどうかが決まってきます。

また、離婚調停中は依然として、書類上の夫婦であることも理解しておかなくてはなりません。

鍵を握るのは客観的な証拠

虫眼鏡と男性

離婚の原因はそれぞれの夫婦によって大きく異なるものですが、原因に浮気や不倫などの人間関係が入っているのであれば、その問題を明らかにしていくためには、やはり証拠が必要となります。

憶測や感覚だけで「浮気をした、していない」を言い合っても水掛け論にしかならず、時間と体力、気力ばかりが無駄になってしまいます。

調停は申立人と相手が直接やり取りをする必要がなく、間に第三者が入るので、当人はもとより第三者を納得させるためにも、外部である興信所などに素行調査を依頼し、客観的な視点からの情報や決定的な証拠を掴み、その証拠を用意しておくことが、円滑に調停を進めていくうえでも重要になってくるでしょう。

注目記事をチェック

  1. 1位何だか怪しい?探偵事務所の実態を知ろう
  2. 2位それ、違法です!浮気の自己調査のリスク
  3. 3位探偵事務所がつかんだ!実際の証拠写真はこちら
  4. 4位いくらかかるの?探偵事務所ユーザの体験談
  5. 5位服装が変わったら、怪しい?浮気診断○×チェック
  6. 6位有名各社に相談してみた!ぶっちゃけレポート
PAGE TOP