浮気探偵会社について

【浮気探偵の実態】探偵のイメージとギャップ

こんばんは。
浮気探偵.com編集部です。

探偵のイメージとギャップ

皆さんは「探偵」と聞くと、どのようなイメージを思い浮かべますか?
探偵が主人公となっている題材は漫画だけでも70本以上あり、ドラマでは約60本、映画でも50本以上あります。
その多くは、特殊な能力を駆使し、時に違法な手段を使いながらも、難解な事件を推理していくため、華やかなでミステリアスな印象を抱く方もいるかもしれませんが、実際の探偵は、そんな「作られた世界」とは裏腹で、非常に地道な調査を法律に基づいて行っています。

リアルな探偵は法律に基づいた調査に限定

探偵の仕事は、2006年に作られた探偵業法に基づいて適正な運営を行うよう規制されています。
例えば、その一部を紹介しますと、

・探偵業を開始するときには、都道府県の公安委員会に届出をしなければならない
・違法行為を行わない
・依頼を受ける際に、調査結果を違法行為に使わない旨の同意書をもらわなくてはならない
・違法目的の調査は打ち切る
・業務上で知り得た秘密は保持しなければならない

などがあります。
このように、探偵業には予想以上に厳しい規制が定められているため、浮気調査などを行う際には強い「根気」が必要不可欠となっており、大雨や寒空の下でも、何時間も対象者を待ち続けなければなりません。また、依頼があれば曜日や時間帯を問わず、張り込みや尾行、聞き込み調査を行い、想像すらできないような苦難に直面することもあります。

探偵業は、依頼者の存在がなければ仕事として成立しません。
だからこそ、調査員は依頼者のために、特殊能力ではなく忍耐力を駆使して、真実を導き出しています。

これらのことから探偵業は、世間のイメージと現実のギャップが、とても乖離した職業だと言えるでしょう。

遊園地のイラスト

<浮気探偵.com編集部より>

探偵業は法律に則して浮気調査を行ってしますが、自分一人で浮気の証拠を掴もうとする場合、知らないうちに違法行為を犯してしまう恐れがあります。また、その行為が法に触れることで、事態は予測もしない展開を招いてしまいます。

そもそも浮気調査はプライバシーの侵害に陥りやすく、例え夫婦でもプライバシーの侵害が許されるとは限りません。
幾つかの例を紹介しますと、夫(妻)のメールに自動転送設定を行い、届いたメールを読める環境にしてしまうことは、不正アクセス防止法に抵触し、違法行為として逮捕されたケースもあります。また、限りなくクロだと思っていても、必要以上に相手を責めたり、度を超えた探りを入れることで、「結婚生活を継続できない」と逆に離婚請求をされることがあります。この場合、結婚生活を継続しがたい状況である、と裁判所が判断を下してしまえば、離婚は成立してしまい、慰謝料は請求できません。さらに、精神的なダメージを受けた、として相手側から慰謝料をされる恐れもあります。

このような事案からも分かるように、自分自身で独自の浮気調査を行うことはデメリットを負いやすく、オススメすることができません。法を深く理解し、それらを遵守しながら明らかな証拠を掴んでくれる探偵会社に調査を一任した方が確実です。

依頼者の気持ちに寄り添い、きっと期待に応えてくれるでしょう。
じっちゃんの名にかけて!!

コメント

  1. 加齢臭 より:

    そうなんですよね。ドラマや映画を見ると派手で格好いい仕事に思われがちですが、本当に地味でコツコツとした仕事なのです。まあ、派手で目立ってたら仕事になりませんが(笑)

    1. 浮気探偵.com 編集部 より:

      加齢臭さま

      いつもコメントを頂きありがとうございます。浮気探偵.com編集部です。
      加齢臭さまは、以前に探偵業に携わっていただけあって、ご存知の内容でしたね!加齢臭さまの言うように、目立ってしまったら対象者に気付かれてしまうため、映画やドラマとは異なり、華やかさの欠片もなく、目立たず地味でひたすら耐えるお仕事なんですよね…。本当に大変だと思います。例えば、映画やドラマの探偵は尾行や張り込みの最中にタバコを吸いますが、多くの探偵は尾行や張り込みの最中に喫煙をすることはなく、タバコの先から出る煙でさえも気にしていると言われています。煙だけではなく、においにも注意を払い、いかに透明人間に化すことができるかが重要ですよね…。もちろん、ネットワークや独自の技術を駆使したアプローチも取り入れていますが、やはり鍵を握るのは忍耐力で、特にこれからの梅雨の時期は雨の中での追跡になり大変だと思います。体力にも忍耐力にも自信のない私には到底できない職業です。
      過酷な実態を知れば知るほど、探偵の料金が高額になってしまうのも納得できます…。

  2. スクイレル より:

    ドラマのイメージなのでしょうか、私は正直、探偵さんに対して怖いイメージがあります。あとは、守秘義務がどこまで守られるかも正直心配です。プロのお仕事ですから、きちんとして頂けるのは分かってはいるつもりなのですが。そこがもう1歩前に進めない理由でもあります。

    1. 浮気探偵.com 編集部 より:

      スクイレルさま

      こんばんは。浮気探偵.com編集部です。
      その気持ち、すごく分かります!浮気探偵のブログを書いている私でさえも、もし依頼をすることになったら、躊躇してしまいそうな気がします。
      何て言うか…行方が分からない我が子を探したい!とか、詐欺を追い詰めたい!とか、そういう理由なら依頼をすることができても、浮気となるとなかなか不安ですよね。守秘義務はもちろんしっかりと守られますが、一部の悪徳業者が紛れていることも事実です。信用のできる優良な探偵事務所に依頼をしないと、相談内容をゆすりの材料に使われてしまうこともあるようです。そうならないためにも、当サイトでは安心して相談をすることができる探偵会社を紹介します!
      何でも安いものが蔓延している世の中ですが、プライベートに関する深い情報を他人に話さなければならない浮気調査などは、特に慎重になって決めた方が良いと思います!!焦らず、ゆっくり、気持ちが固まってから…!!

Comments are closed.

注目記事をチェック