浮気と干支

【浮気と干支】卯年・辰年・巳年の浮気

こんばんは。
浮気探偵.com編集部です。
前回に続き、今回も【浮気と干支】の関係をお送りします。

おおまかに4つだけに分類される血液型よりも、細かく分かれていて信憑性が高いのかも…と思う反面、そしたら同じ学年のほとんどが同じ性格じゃないの…と思う私がいます。
半信半疑のまま今回もお届けしますが、血液型星座と併せて読んで頂くと幸いです。

それでは「卯年・辰年・巳年」の性格と浮気についてチェックしていきましょう。

◆卯年(昭和14年、26年、38年、50年、62年、平成11年、23年生まれ)◆
うさぎ

<基本的な性格>

自己プロデュース能力に長けており、周囲から可愛がってもらう術を知っている卯年。おおらかで愛嬌も良く、社交的で頭の回転も早いので、人付き合いの上手さを活かして若いうちから圧倒的な存在感を放ちます。自力で這い上がると言うよりは、誰かに引き上げてもらうことが多く、参謀役として特に秀でた才能を持っていると言われています。しかし、柔らかな人当りとは裏腹に切り替えが早く、損をする間柄だと判断すると素早く姿を消すこともあります。地道な努力が苦手なので、継続していく忍耐力を磨くことが必要です。

<浮気は??>

愛嬌があって世渡り上手な「人たらし」なので、異性からの人気も抜群。それに加えて性に対して、自由で開放的な感覚を持っているので浮気経験者が多い干支です。結婚をしてからでも積極的に恋愛をしたい人が多いので、気を抜けません!

<相性の良い干支>

亥年・未年・戌年

◆辰年(昭和15年、27年、39年、51年、63年、平成12年、24年生まれ)◆
ドラゴン

<基本的な性格>

現実的であることを重視しない空想派。ロマンチストで発想力で優れているのは、干支の中で唯一、辰が架空の生物であることも関連しているのかもしれません。しかし、とんでもない事ばかりを言って終わるのではなく、バイタリティに富み、しっかりと行動に移すため、非常に頼れる存在です。裏表も少なく、基本的には自分のことよりも他人を優先する懐の大きさを持っているので、リーダーとしても向いています。一方、ワガママで短気な側面もあり、特に物事が思い通りに行かない時は、その兆候が出やすくなります。

<浮気は??>

思い通りに行かないことの多い浮気の関係。だからこそ、辰年は意地でも関係を成就・続行させようとします。執着心の強さが仇となり、トラブルや修羅場を招きやすいのも、この干支です。辰年の浮気は、簡単に終わりません。

<相性の良い干支>

午年・寅年・申年

◆巳年(昭和16年、28年、40年、52年、64年、平成元年、13年、25年生まれ)◆
へび

<基本的な性格>

粘り強さが特徴の巳年。本来はデリケートで感受性が強く、周囲の変化にもすぐ気付きます。また、巳年にはプライドの高い人が多く、干渉されることや束縛されることを嫌うので、なるべく放っておいた方が良いでしょう。人見知りをすると言うよりは疑い深い性格で、そのため初対面で打ち解けることは難しいですが、知的でユーモアも持ち合わせているので、時間を掛けて付き合って行くと、素に近い部分を見せてくれるようになります。十二支の中では最も付き合い方が難しく、常に距離感を意識しないとならない相手です。

<浮気は??>

疑い深いので、浮気をしている最中は一段とパートナーの言動や顔色を気にします。また、距離感を大事にするので、浮気相手がグイグイ来ると拒絶をしてしまうので、あまり関係は長続きしないので、放っておいても別れる可能性があります。

<相性の良い干支>

酉年・卯年・巳年

ひよこ

<浮気探偵.com編集部より>

ちなみに十二支は日本独自のものではなく、中国・韓国・北朝鮮・ベトナム・タイ・モンゴル・インド・ロシア・ブルガリアなどにも存在し、ほぼ同じ順番です。

動物は国によって少し異なり、例えば、亥は本来ブタのことを意味し、イノシシを用いている日本は特殊なケースと言えます。ベトナムでは丑が水牛に、卯が猫に、未が山羊に変わり、タイでは未が山羊に変わり、モンゴルでは寅が豹に変わります。他にも西アジアや東ヨーロッパの一部では、別の動物を用いられることがあります。

注目記事をチェック