浮気と干支

【浮気と干支】子年・丑年・寅年の浮気

こんばんは。
浮気探偵.com編集部です。

以前、当ブログで「浮気と血液型」「浮気と星座」など、幾つかの項目と浮気の関連性を調べてみました。
言ってみれば、それは血液型占いや星座占いのようなもので、科学的根拠もなく真偽も不明ですが、娯楽としては楽しんで頂けているようで、閲覧数も多いため、今回は似たようなテイストで4週にわたって「浮気と干支」の関連性を調べてみます。
性格や行動を語るうえで血液型や星座はメジャーですが、干支って…。マニアック!!

でも、巳年生まれの私は「巳年だもんな。しつこいわけだ」と、よく両親に言われます。
若者よりも年配の人の方が、干支による性格診断を重んじるのでしょうか。

今回は「子年・丑年・寅年」の浮気について探っていきましょう。

◆子年(昭和11年、23年、35年、47年、59年、平成8年、20年生まれ)◆
ねずみ

<基本的な性格>

華やかさ、賑やかさ、そんな雰囲気を好む子年生まれの人は、明るく社交的な方が多いと言われています。そのため、友人も多く、常に人に囲まれていることに慣れており、だからこそ人間関係を構築することが得意で、スポーツでも仕事でも、そして普段の生活でも、チームワークを重視します。全体のことを見渡す能力にも長けており、まさに縁の下のチカラ持ち。正直で柔軟な性格なので人気もあり、環境に適する能力にも優れています。しかし、計算が得意な反面、やや欲が深いところもあり、それが災いして大きな損をすることもあります。

<浮気は??>

人の動きを見ることが得意である長所=細かいことに気が付くタイプであると言うこと。よって浮気も緻密な計算を練って、ばれないように実行します。独自のルールを作り、それを徹底するので、見破ることが難しい相手です。

<相性の良い干支>

申年・辰年・丑年

◆丑年(昭和12年、24年、36年、48年、60年、平成9年、21年生まれ)◆
牛

<基本的な性格>

頭が良く、計画性もあり、さらに忍耐力や継続力も備えているため、数ある干支の中で信頼度は1番だと言われています。高齢者やお年寄り、女性や困っている人などに、優しく接する人が多いので、モテ度も高い干支です。やや人見知りが強く、コミュニケーションの面では物足りなさもありますが、基本的には何事もゆっくりなので、心を開くまで時間が掛かると思って下さい。働き者で根気もありますが、かなり頑固な一面を持っており、物事は自分で決めないと気が済まず、人から教わることをあまり好まない傾向にあります。

<浮気は??>

頑固で忍耐力もあり、さらに心の内を簡単には見せないので、浮気をしていてもパートナーが気付かないように振る舞うことができます。心配なのは基本スロースタートな側面。徐々に浮気が本気に変わって行くので、浮気発覚後も別れない懸念があります。

<相性の良い干支>

酉年・巳年・子年

◆寅年(昭和13年、25年、37年、49年、61年、平成10年、22年生まれ)◆
虎

<基本的な性格>

子年がチームワークを重視する干支なら、その正反対で個人主義のスタンスを貫く寅年。人を束ねるリーダーには不向きですが、行動的で自信家なので個人で成功する人が多い特徴があります。大きな壁にぶつかっても、それを切り抜ける強い意思と熱心さを武器に社会で活躍しますが、負けず嫌いで反抗的なので孤立することも。それでも意見はしっかり述べ、衝突さえも恐れない強さを兼ねているので、最後に勝つ干支だと言われています。

<浮気は??>

相手をリードしたい気持ちが強いので、相手側からの誘いではなく、自分から誘って浮気に足を突っ込んでしまう恐れがあります。勝敗にこだわるタイプなので、浮気が発覚しても、なかなか折れません。浮気防止策としては、日頃から褒めて褒めて褒めまくって気分良くさせることが大切です。

<相性の良い干支>

戌年・午年・未年

たまご

<浮気探偵.com編集部より>

血液型や星座よりも存在の薄い干支による性格占いですが、実は日本古代より存在しています。
十二の動物が順序正しく1年の守り神になってくれる干支。
あなたの干支は?
そして、パートナーの干支は?
次回以降も続きますので、是非チェックしてみて下さい。

注目記事をチェック