その他

【浮気調査中に効果アリ!】心を落ち着かせる5つの食べ物

こんにちは。浮気探偵.com~浮気成敗コラム~です。

以前、「浮気探偵が最も忙しい12月」でもお伝えした通り、今月は浮気調査を行う探偵が本格的に多忙を極めるシーズンです。依頼内容によって異なりますが、基本的に浮気調査は3日~1週間程度で行われることが多く、その間、依頼者は平静を装いながら普段通りの言動を続けなければなりません。

しかし、浮気調査中は心を穏やかにして過ごすことが難しいもの。そこで今回は「気持ちを落ち着かせる食べ物」について、お伝えします。調査中に感情的になってしまうと、浮気調査そのものが失敗するどころか、この先の未来にも大きく影響してしまいます。

心を落ち着かせる5つの食べ物

心のバランスを保つために大切な物質と言われているセロトニン。心の健康を左右する大切な物質で、パニック障害や社会不安障害など、極度な不安を感じる疾患や、強迫性障害などもセロトニンの異常が一因だと考えられています。また、鬱病でもセロトニンを増やす抗鬱剤が治療に使われています。

しかし、セロトニンは厳密に言うと食品から摂取することができません。誰の体内にも存在する物質で、必須アミノ酸であるトリプトファンが、ビタミンB6やマグネシウムと合成される事で作られます。よって、体内のセロトニンを増やすためには、食品などから、このような成分を積極的に取り入れることが大切です。

食材

<心を落ち着かせる食べ物 ①> バナナ

バナナにはトリプトファンが多く含まれているので、セロトニンの分泌が促されます。セロトニンが作られることにより、精神の安定を取り戻すことができるため、浮気調査を依頼している最中には非常に良い食べ物と言えるでしょう。また、バナナは美容や健康に良い成分も豊富に含まれており、カロリーも決して低くはないので、食事が喉を通らない時の栄養補給にも適しています。消化や吸収も早く、エネルギーになるまでの時間も掛からないので、動くためのパワーチャージにもうってつけです。

手頃な価格で購入でき、最近はコンビニでも販売しているため、用意しやすい点もメリットと言えるでしょう。

バナナ

<心を落ち着かせる食べ物 ②> 納豆

納豆にもバナナと同様に、トリプトファンが含まれています。セロトニンと違い、トリプトファンは体内で作られないため、食品などから摂取する必要がありますが、納豆をはじめとする豆類には豊富なトリプトファンが含まれているので、浮気調査の結果が気になって、何も作る気にならない夕食時などは、白米と一緒に納豆を食べるようにすると良いでしょう。また、納豆には食物繊維や脂質、ビタミン、ミネラルなど栄養素が豊富で、なかでも現代人に不足しがちなカルシウムが含まれているので、精神の安定にも効果的です。

脳の活性化にも有効なレシチンも多く、何も考えられなくなった状態の脳にエネルギーを送ってくれます。

納豆

<心を落ち着かせる食べ物 ③> カシューナッツ

オーストラリアで行われた研究で、ナッツ類・魚・アボカドを摂取することで鬱病の患者さんの気分改善に効果的なことが判明しています。しかし、アボカドは皮を剥いたり、種を取ったり…と包丁を使う作業を伴います。果肉も滑りやすいため、心が落ち着かない状態や集中できない状態では、ケガのリスクがあるので、あまりオススメしません。魚も同様で調理された惣菜や缶詰なら良いでしょうが、新鮮な魚を購入して切る・焼く・揚げるなどの調理は、浮気調査中の気持ちが落ち着かない状態では避けた方が無難でしょう。

その点、落花生やナッツは手間が掛かりません。また、心を落ち着かせる作用があるマグネシウムが豊富に含まれているだけではなく、カロリーも比較的高いので、食欲が湧かない時の栄養補給に適しています。セロトニンを作るために必要なトリプトファンは、特にカシューナッツに多く含まれています。

カシューナッツ

<心を落ち着かせる食べ物 ④> 豆腐

納豆と同じく豆腐も豆類。絹ごしよりは木綿の方が食物繊維は豊富なのでオススメです。セロトニンの総量は男性の方が女性より約52%も多く、女性の方がセロトニン不足に陥りやすい状況です。その原因の一つと考えられるのが、セロトニンが作られる部分。実はセロトニンは腸で作られるため、腸内の健康状態を整えておいた方が効果的。男性よりも女性の方が便秘に悩む人が多く、セロトニンを正常に生み出すためにも積極的に食物繊維を摂取し、腸内環境の改善に努めましょう。

なお、トリプトファンを補給することでセロトニンが作り出されると、不眠の解消にも役立ちます。

豆腐

<心を落ち着かせる食べ物 ⑤> チーズ

チーズにもトリプトファンは含まれています。トリプトファンを食品などから摂取できないと、セロトニンは作り出されず、セロトニンが低下することで、以下のような症状が出やすくなります。

☑思考停止=考えることが面倒になる
☑ネガティブ=認知に歪みが生じ、全てを悪いように捉えてしまう
☑対人恐怖=社会性が低下し、仕事や外出が苦痛になる
☑意欲低下=何をするにも気力が湧かない

セロトニンは日光を浴びること、適度な運動をすることで活性化することが分かっています。しかし、このような状況になってしまうと、何をするにも意欲が湧かないため、こもりがちになり、深刻な悪循環になってしまいます。

チーズ

浮気調査中は無理をしないこと!

今回は、浮気調査を依頼している最中に限定したので、セロトニンを増やす食材だけではなく、火や刃物を使わず簡単に食べることができ、なおかつ栄養面にも優れている食品を挙げてみました。

他にも、以下のような栄養素(食品)が心を落ち着かせる食べ物と言われています。

☆セロトニンを増やす効果のあるトリプトファンを多く含む食材☆
しらす干し、たらこ、ごま、かつお

☆セロトニンを増やす効果のあるビタミンB6を多く含む食材☆
ニンニク、カブ(漬物)、赤身の生魚、かつお、鶏肉

☆イライラを防ぐ効果のあるカルシウムを多く含む食材☆
小魚、海老、ブロッコリー、小松菜、ごま、ひじき

浮気調査を依頼している最中は、気持ちが過敏になりがちで集中力も低下してしまいます。しかし、それは当然の状態で、誰もが不安で押しつぶされそうな想いをしながら、調査結果を待ち続けています。

夫婦2人暮らしではなく、小さなお子さんがいるかもしれません。ご両親と同居をしているかもしれません。だからと言って、こんな時まで完璧な家事をする必要はありません。いつもは家族の健康を気遣っていても、この時ばかりは、そのまま食べられる加工品や手軽に食べられる食材を利用し、まずはご自身の体調管理に努めましょう。ぐっすりと眠れることができず、さらには食事も喉を通らない状態が続けば、心だけではなく身体まで壊れてしまいます。

栄養価が高く、セロトニンを増やす効果のある身近な食材で、普段通りの自分でいられるように心掛けて下さい!普段と変わらない自分でいることが、浮気調査を成功させる第一歩であり、回り道の最後に辿り着ける本当の幸せへの第一歩でもあります。

コメントを残す

*

注目記事をチェック