浮気と星座

【離婚と星座】星座ごとの離婚しやすい時期~Vol.2~

こんにちは。浮気探偵.com~浮気成敗コラム~です。前回もお伝えしましたが、以前、当ブログで「浮気と星座」と題して、星座ごとの浮気度や浮気の傾向などをお届けしたところ、思っていた以上に反響が大きく、「ひと目で分かる浮気をしやすい血液型と星座」のコンテンツも作成したほどだったので、今回は2度に渡って「星座と離婚」について、お伝えしようと思います。本日は、Vol.2の後半戦。天秤座~魚座までをお届けします!

※牡羊座~乙女座までについてはコチラ

星座と離婚~星座別:離婚しやすい時期~

古代の天文学者は、天文現象や天体の動きを観測し、国の将来や進むべき道を占っていたと言われています。科学が広く浸透するまでは、このような占いがあらゆる面で重視され、重大な決断をする際にも使用されて来ました。これが、やがて個人の運勢を占うものへと形を変え、現在でも著名人などは占いのチカラを信じ、それに従って未来を決定していると言います。

しかし、星占いは娯楽の側面も強く「当たるも八卦当たらぬも八卦」とも言われています。一つの傾向やアドバイスに過ぎないことを踏まえ、ライトな気持ちで読んで下さい。では、天秤座~魚座の離婚についてチェックしてみましょう。

星座

天秤座の離婚

9月23日~10月23日生まれの天秤座。12星座中、最も浮気度が「高い」と言われている天秤座は異性からの人気も高く、浮気をしやすい状況が生まれがち。結婚した直後は元来の平和主義的な性格でうまく続きますが、5年目以降になると、年齢と共に外見に変化が表れやすく、一気に冷めてしまう可能性が…。天秤座は男性・女性ともに異性の友人も多いので、同年代の友人と比べて夫や妻の変化に厳しい目を向けてしまうことが予想されます。日頃から食事や運動、外出などを一緒にして若さを保つように心がけると良いでしょう。

蠍座の離婚

10月24日~11月21日生まれの蠍座。神秘的な魅力で他人を惹きつける蠍座ですが、浮気度は低いことで知られています。しかし、特に蠍座の女性は、恋愛に関しての感情を隠すことができず、怒りや悲しみ、憎しみも激しく表に出してしまうため、万が一、夫が浮気をした時には意地を張って断じて離婚に応じません。この感情が仇となり、離婚にまでは発展しなくても、夫が家を出る形で長い別居生活を送ってしまう可能性があります。少し「重い」と受け取られてしまう言動を取ってしまいがちなので、夫の自由を尊重させる意識を持つようにしましょう。

射手座の離婚

11月22日~12月21日生まれの射手座。明るく前向きで、どこか楽観的な射手座。行動力や決断力に優れているため、諦める時も素早く、大きな問題でも即決してしまう傾向があります。そのため、いざ離婚の危機に直面しても決断は早く、特に結婚2年目以降には「飽き」を感じてしまい、ふと脳裏に離婚がよぎることも…。決して相手を嫌いになったわけでも、浮気問題が起きたわけでもないのに、退屈に感じるようになってしまえば、一緒に過ごす意味を見出せません。夫や妻が射手座の場合は、この「飽き」が来ないためにも、冬の旅行の計画を夏から立てるなど、長いスパンで楽しみを分かち合えるように工夫が必要です。

山羊座の離婚

12月22日~1月19日生まれの山羊座。用心深く恋愛面でも消極的な山羊座。12星座中、浮気度は最も低く、強い責任感と地道な努力で目的を達成させようとします。よって結婚後しばらくは、不満があっても感情を押し殺し、世間体などを考えながら結婚生活を続けます。しかし、溜まった鬱憤(うっぷん)は結婚10年目以降になると抑えきれなくなり、離婚を切り出すことも。それまでの間、ただ我慢をしている山羊座ではありません。しっかりと自分が生きていける道を確保するので、資格取得の勉強を始めたり、パートから正社員を目指したり、収入に直結する変化があれば要注意のサインです。マイホームのローンの返済や育児など、2人で達成すべき目標を立てると良いでしょう。

水瓶座の離婚

1月20日~2月18日生まれの水瓶座。ありきたりの発想を嫌い、独自の感性で突き進むことが水瓶座の大きな特徴。よって、早いケースでは結婚後、半年以内に離婚の危機が訪れることも。恋愛関係にあった時と結婚をしてからの生活に相違を感じ、結婚自体を面倒で窮屈なものだと感じてしまいます。それを率直に切り出してしまうあたりも水瓶座らしく、離婚を回避するためには、水瓶座のパートナーの自由時間を増やしてあげることが大切です。家族サービスや家事など、ありきたりの発想を捨てることで結婚生活を円満に送ることができます。ただし、自由を優先させてあげる代償として、一方だけが我慢を溜めすぎてしまわないように気を付けて下さい!

魚座の離婚

2月19日~3月20日生まれの魚座。多少の自己犠牲を払ってでも、困っている人を見過ごせない優しさを持っている星座です。しかし、問題が大きく発展してしまい、関係を修復しなければならない状態は非常に苦手で、修復するくらいなら相手から遠ざかる方法を選びがち。多少の不満は我慢するので、結婚後しばらくは表向きには平穏な生活が続きますが、10年目前後になると、相手への遠慮がなくなり、夫婦喧嘩の勢いで離婚を口走ってしまうこともあります。そこからの修復が苦手なので、そのまま離婚となってしまうケースもあり、大きな喧嘩に発展する前に小さな不満を解消するように意識しましょう。

早まった離婚で後悔する人も!

後悔

星座に関係なく、どんな夫婦でも、育った環境や価値観が完全に一致しない別の人間である以上、1度や2度の離婚危機は訪れるもの。それは当たり前のことであって、ほとんどの夫婦が経験していることでしょう。

現在は3組に1組が離婚しているとも言われ、離婚に対する世間の意識も非常に変わって来ました。一方で、バツイチであることが、今後の人生において大きなダメージを受ける機会も少なくなったため、離婚という選択を安易にしてしまい、早まった離婚を後悔している人も増えています。

その選択が本当に正しいのか?
結論が出るのは、決断よりずっと後のことになるでしょう。しかし、一人で決断をしてしまうと考え方が偏ってしまい、大きな見落としをしてしまう恐れがあります。

夫婦の復縁や離婚問題に詳しいカウンセラーや弁護士に相談し、今すぐではなく、未来を見据えた決断を慎重に行うことで、今より充実した時間を送ることができます。また、浮気が原因で離婚危機に陥る場合、何の証拠もなければ、ただの「言いがかり」になってしまい、逆に離婚を切り出されるケースや慰謝料を請求されるケースなど、不利な立場に立たされてしまいます。

LINEの画面やメールの画面、着信履歴などでは、裁判において不倫の証拠にならないことが多いので、裁判で使える報告書や証拠を提出してくれる探偵へ浮気調査を依頼し、確実な証拠を掴んだうえで、復縁もしくは離婚への第一歩を踏み出した方が良いでしょう。

人気記事ランキングpopularity