浮気探偵会社について

【浮気探偵の調査】保険金詐欺の調査

こんばんは。
浮気探偵.com編集部です。

浮気調査を行っている浮気探偵会社の多くは、浮気に関する調査以外にも、さまざまな調査を請け負うことがあります。

探偵会社が請け負う浮気調査以外の調査

探偵会社によって、その内容は異なりますが基本的には以下のような調査です。

☑結婚詐欺調査
→詐欺師の所在調査や人物調査、証拠の収集などを行います。

☑その他の詐欺調査
→未公開株の詐欺やオレオレ詐欺、競馬やパチンコなどの予想詐欺に対応します。

☑家出人調査
→特に夏休み期間中に依頼が急増し、対象者の多くは未成年者です。

☑盗撮・盗撮の調査
→盗聴器を室内から発見し、撤去の作業まで行います。

☑いじめ調査
→お子さんがいじめに遭っていないか?の実態を調査します。

その他にも、企業調査や信用調査、DV対策など幅広い分野に対応し、「調査」と名の付くものであれば、ほぼ全てにおいて依頼が可能です(ただし法律を逸脱する調査は受けません)。

しかし、探偵が「保険金詐欺に関する調査」まで対応していることは、あまり知られていないでしょう。

探偵による保険金詐欺に関する調査

規模の大きな保険会社では、専属の「保険調査員」と言われるプロの調査員が雇われています。保険調査員は、火災や事故などの突発的な出来事の原因を突き止め、保険を掛けていた人物や保険を掛けられていた人物の死やケガ、さらには事故そのものに不自然な点や虚偽の報告がないか?を調べます。なぜなら、割合としては少ないものの、そこに詐欺の可能性があるからです。

事故または事件の実態を調査し、保険金を支払うことに問題がないか?を判断するためのデータを揃えるだけではなく、場合によっては契約者の示談代行のような業務まで行うケースもあります。
保険会社に雇われた保険調査員が、下請けのような形で探偵会社に調査を依頼することもあれば、保険会社が直に探偵会社と契約を結んでいることもあり、請負い方は様々ですが、証拠収集のプロである探偵ゆえの仕事内容と言えるでしょう。

「虚偽報告で保険金を受け取ろうとする人は少なくありません」
ある探偵社の調査員は、そう言って一例を教えてくれました。

保険金詐欺調査の一例

■依頼者:某損害保険会社
■依頼内容:自営業を営む男性が2ヶ月前の事故により仕事ができず、休業補償を求めているが、診断書や聞き込みの結果、休業をしているとは思えないため、保険金詐欺に関する調査を依頼してきた。
■対象者:自営業の50代男性
■調査結果:早朝に自宅を出て仕事場である現場現場へと向かい、本人も重機の操縦を行いながら問題なく仕事をこなしていた。仕事が早めに終わると帰りに整骨院へ立ち寄り、治療を受けてから帰宅。1週間ほど尾行と証拠撮影を行っていたが、その間は同じ日々の繰り返しで、休業をしている様子は見受けられなかった。

この調査結果はすぐに保険会社に伝えられます。

「ほとんどの人は自分が尾行されていることを気付きません」
調査員は、そう続けます。

たしかに私自身も(やましいことをしていない自負もありますが)、日常生活の中で誰かに尾行をされているなんて思ったことすらありません。保険金調査だけではなく浮気調査にも共通することですが、探偵という職業が尾行調査を行う、その存在こそは知っていても、まさか自分が対象者になっているとは思いもよらないでしょう。過去に警察や探偵として働いていた人や、尾行調査で何かを暴かれた経験のある人でなければ、たとえ日頃から警戒心が高い人であっても、尾行を見破ることも難しいと言えます。

尾行

<浮気探偵.com編集部より>

逆に、事故の相手や保険会社から納得のできない条件を提示される場合もあります。
そのため、探偵会社に自身の正当性を示す証拠を集める依頼を行う方もいます。悪質な保険会社では、保険金を出さないために、あれこれ理由をつけて減額や支払い拒否を主張することもあるので注意が必要です。

また、保険金や事故に関するトラブルに巻き込まれた時は、なるべく早い段階で探偵会社へ相談を行って下さい。
行動を起こすタイミングが遅くなれば遅くなるほど、裏工作をされたり、証拠を隠蔽されるなど、不利な状況に追い込まれてしまいます。なお、探偵会社によっては、浮気調査一本に絞っている場合や調査項目を制限していることもあるので、まずは電話やメールなどで無料相談を行うことをオススメします!

人気記事ランキングpopularity