浮気について

【離婚の理由】肉体関係の証拠がなくても認められるケース

こんばんは。
浮気探偵.com編集部です。

離婚事由には浮気の確固たる証拠が必要!

過去の当ブログで何度も、浮気の証拠として「第三者から見ても肉体関係の有無があると分かるもの」が必要だと述べて来ました。そのため、浮気探偵の尾行調査では、ラブホテル付近や(一人暮らしである)相手の自宅付近で証拠写真が抑えられています。実際のところ、肉体関係は密室の中で行われることが多いため、その行為の写真を撮影することは不可能であり、肉体関係が行われたであろうと推測できる場所へ出入りをしている写真や、その時間などが撮影されていれば証拠として認められます。

しかし、必ずしも肉体関係がなければ離婚の事由として認められないわけではありません。
今回は、その点に関して記載したいと思います。まずは一つの事例をご確認下さい。

肉体関係がなくても離婚事由になる例

P子さんはある日、夫であるQ雄さんからLINEを受け取りました。
しかし、その内容は送信先を間違ったと思われる内容で「早く新しい写真を送ってよ」「次の写真が待ち遠しいな」と書かれてありました。夫が他の女性とLINEをしているかもしれない…、そうは思っても疑いたくはなかったので、知人の子供の写真を催促していると思い込むようにしました。しかし、他人の子供の写真を欲しがるような人ではないことくらい、P子さんには分かっています。夫が寝静まった頃に、こっそりと夫の携帯を見ました。そこには知らない女性の裸や下着姿など、何枚もの際どい写真がありました。
P子さんが友達に相談すると、友達は「知らない人とのメールなんて浮気に入らないわよ」「風俗でお金を使われるマシでしょ」「そういうサイトを見ていると思えばいいじゃない?」と矢継ぎ早になだめられました。別にLINEの女性と会っているわけでもなさそうだし、そういうやり取りを楽しんでいるだけなら…と一度は思いましたが、やはり気持ちの良いものではありません。ムヤムヤにしておけないので、正直に夫へ話すと、まずは携帯を勝手に見たことを責められました。さらに性生活が充実していないことが原因だとも言われました。しかし、P子さんには性行為を行うことができない理由があり、それは夫も知っていることで(死産をしてしまい、その手術が原因)、P子さんにとっても辛い現実です。

携帯を勝手に見たことを謝り、性行為も可能な範囲で応えることを伝え、だから知らない女性とのLINEをやめてもらうようにお願いをしましたが、「裸くらいでいちいち騒ぐなよ」「雑誌を見ていると思えばいいだけだろ」と態度を改めてはくれませんでした。身体の都合で性行為を行うことができないP子さんにとって、それはひどく屈辱なことで、離婚を考えるようになりました。しかし、LINEの女性と夫は一度も会った様子はありません。ただ、お互いの身体の写真を送り合い、喜んでいるだけのようです。肉体関係とは言えない状況ですが、離婚事由に該当するのでしょうか?

上記のようなケースは、たしかに不貞行為には該当しません。肉体関係が確認できず、あくまでデータ上のやりとりであると考えられます。しかし、P子さんがどうしても一緒に暮らすことが苦痛であると感じた場合、民法770条の1項5号にある「婚姻関係を継続し難い重大な事由」として離婚が認められる可能性もあります。この場合のポイントは、死産や手術の関係でP子さんが心身ともに大きなショックを抱えているのにも関わらず、夫であるQ雄さんが「雑誌を見ていると思えばいいだけだろ」など話し合いに応じる素振りを見せない点です。このように開き直りや一方的な言い分を重ねるなど、夫婦としての生活を継続できないと思われる言動が続くことで「婚姻関係を継続し難い重大な事由」が適用される場合があります。

しかし、この「婚姻関係を継続し難い重大な事由」が、あまりに簡単に認められるようになると、婚姻生活を継続しようとする努力を怠るってしまう懸念もあるので、慎重に判断されます。

割れたチョコレート

<浮気探偵.com編集部より>

心情的には不貞行為に該当しそうな今回のケース。しかし道徳的な不貞行為と法律上の不貞行為は同じではありません。法律そのものは、道徳的な観点を備えていますが、その中から誰かがどう見ても慰謝料を認めてあげるべきだ、と考えられる事例に対して損害賠償責任を認めます。
だからこそ、誰がどう見ても不貞行為(浮気)だと思える証拠が求められます。浮気探偵による証拠写真は、第三者でもある探偵が証拠を撮影しているため、客観的にも不貞行為だと捉えられるものになります。もちろん、探偵に頼らずに自分で証拠を撮影することも可能ですが、むやみに相手を疑い責め立てることで相手側から「婚姻関係を継続し難い重大な事由」として慰謝料と離婚を突きつけられる恐れもあるので、充分な注意が必要です。

人気記事ランキングpopularity