夫婦について

【夫婦円満の秘訣】第1位は相手への…?

こんばんは。
浮気探偵.com編集部です。

先月、当ブログで「夫婦喧嘩の多い都道府県は?」で夫婦喧嘩について触れましたが、今回は夫婦円満の秘訣について紹介しようと思います。

夫婦円満で仲良く過ごせる秘訣

某ブライダルジュエリー会社が既婚・離婚経験者の男女500名を対象に「おしどり夫婦と言われるような、いつまでも長く一緒にいられる秘訣はなんだと思いますか?」と質問を行ったところ、このような結果になりました。

第1位 相手に尊敬できる部分があること(62.8%)
第2位 お互いの趣味や時間を作ること(50.6%)
第3位 お金のことで揉めないこと(45.8%)

この結果を見て、皆さんはどのように感じられたでしょうか?

6割以上の男女が答えた「相手への尊敬」ですが、たしかに尊敬できる部分があることは非常に重要なポイントだと思います。しかし、結婚を決めた時または新婚当初は、何かしら相手に対して尊敬できる部分があったのではないでしょうか?
時間が経つに連れて、その部分を見失ってしまっているのは、自分自身なのかもしれません。

パートナーの尊敬できる部分とは?

とある結婚情報サイトの掲示板に、このような質問がありました。
<パートナーのどのようなところを尊敬していますか? >
※これに回答を書き込んでいるのは、結婚を控えている、または結婚式を計画している方々です。

「どんなときもその時の状況を楽しもうとするところです」(20代・女性)
「自分をしっかり持っているところ」(30代・女性)
「すべてです」(30代・女性)
「包み隠さずに思ったらすぐに悪い部分を指摘してくれるところ」(30代・男性)

10年以上の時間を経てもなお、同じところを尊敬していられたら、円満なのだと思います。

「そんな場合じゃないのに、状況判断ができないのか、空気も読まずに楽しむ姿が耐えられない」
「頑固で自分を曲げないところがイヤ」
「全てが嫌い」
「人の気にしているところを無神経に指摘する」

このように、本来は尊敬していた部分が相手の欠点に見えてしまうことも珍しくありません。
それは相手が変わったのではなく、自分自身が変わってしまった証拠です。
喧嘩をしても腹の立つことがあっても、相手の尊敬できる部分を忘れずにいることが、夫婦円満に繋がると言えるでしょう。

ペンダント

<浮気探偵.com編集部より>

前述の某ブライダルジュエリー会社は、このような質問もしています。
「あなたが毎年お祝いをしている記念日は?」

これで大きく差が出た項目が2つあり、1つは「パートナーの誕生日」でした。
既婚者の約74%が、毎年パートナーの誕生日をお祝いしているのに対し、離婚経験者は約45%と、およそ30%の開きがありました。そして、もう1つは「結婚記念日」で、既婚者の約53%が毎年きちんと祝っていることに対し、離婚経験者は約26%しか祝っておらず、「パートナーの誕生日」と「結婚記念日」を忘れずに祝う方が、夫婦円満の鍵を握る一つの要因となりそうです。

注目記事をチェック