夫婦について

【夫婦円満には効果的?!】2人で晩酌のススメ

こんばんは。浮気探偵.com~浮気成敗コラム~です。
もう少しで今年もGWですね。帰省をされる方や旅行へ行かれる方など、GW中に、ご夫婦あるいは、ご家族で過ごす時間が長い時、その前後に浮気相手と会う確率が高いと言われています。これは年末年始なども同様で、ある程度の期間を家族との時間に充てる場合、「埋め合わせ」として、その前後に浮気相手とデートをする傾向にあります。

それは男性だけでなく、女性の浮気でも同じこと。近年は女性の浮気も増えているので、ご主人も要注意デス。
そこで本日は、夫婦円満に繋がる!と言われている「夫婦の晩酌」について、お届けします。

夫婦2人での晩酌をしていますか?

こちらは、江崎グリコとニュースサイト「しらべえ」が共同で企画した『夫婦の晩酌に関するアンケート』結果です。

Q1.夫婦で過ごす時間が長い(Yesの割合)

夫婦での晩酌が週1回以上の方の回答…60.4%
夫婦での晩酌が週1回未満の方の回答…30.7%

Q2.夫婦で過ごす時間が心地良い(Yesの割合)

夫婦での晩酌が週1回以上の方の回答…66.2%
夫婦での晩酌が週1回未満の方の回答…46.5%

Q3.夫または妻がいないと寂しいと感じる(Yesの割合)

夫婦での晩酌が週1回以上の方の回答…68.4%
夫婦での晩酌が週1回未満の方の回答…48.5%

夫婦での晩酌が週1回以上の方は、夫または妻のことを「心地良い」「いないと寂しい」と感じており、一方、夫婦での晩酌が週1回未満の方では、「心地良い」「いないと寂しい」と感じているのは、半分以下でした。心地良いとも思わなければ、寂しいと思わない…そんな感情が無意識のうちに態度に出てしまうのかもしれません。

また、「心地良い」と思わないので、一緒の晩酌をあえて避けている可能性も考えられます。この晩酌の結果は、他のアンケート回答でも、同じような傾向が出ています。

夫婦での行動にも差が!!

Q4.夫婦で出掛ける時に手を繋ぐ(Yesの割合)

夫婦での晩酌が週1回以上の方の回答…26.6%
夫婦での晩酌が週1回未満の方の回答…15.8%

Q5.夫婦で一緒に料理を作る(Yesの割合)

夫婦での晩酌が週1回以上の方の回答…36.3%
夫婦での晩酌が週1回未満の方の回答…13.9%

「手を繋ぐ」に関しては、10%程度の差でしたが「一緒に料理を作る」に関しては20%以上も差が開きました。

相手への愛情にも違いが!!!

Q6.夫・妻のことを愛している(Yesの割合)

夫婦での晩酌が週1回以上の方の回答…70.4%
夫婦での晩酌が週1回未満の方の回答…57.4%

Q7.夫・妻は自分のことを愛していると思う(Yesの割合)

夫婦での晩酌が週1回以上の方の回答…68.4%
夫婦での晩酌が週1回未満の方の回答…50.5%

Q8.夫・妻を魅力的に感じる(Yesの割合)

夫婦での晩酌が週1回以上の方の回答…62.7%
夫婦での晩酌が週1回未満の方の回答…46.5%

Q9.夫や妻から大切にされていると感じる(Yesの割合)

夫婦での晩酌が週1回以上の方の回答…71.4%
夫婦での晩酌が週1回未満の方の回答…54.5%

お酒の効果でコミュニケーションが円滑に!

2009年にアメリカにあるバッファロー大学が発表した研究結果によると、習慣としてお酒を飲む夫婦と、お酒を飲む頻度に差がある夫婦とでは、同じ頻度でお酒を飲む夫婦の方が結婚生活に満足しているという結果が出たそうです。お酒を一緒に飲むことで夫婦の時間を長く過ごせるというのもあるかもしれませんが、プラスで気分も高まり、話しやすい空気になるのも理由の一つになると思います。

子どもがいる家庭では、なかなか二人の時間を作るというのは難しいですが、そんな中でもたまには一緒にゆっくりお酒を飲む時間を作ることは大事なことです。お酒を一緒に飲むことで、相談したかった事、なかなか言い出せなかったこと、悩み事をお酒の力を借りて話せるチャンスにもなるかもしれません。お酒が好きな夫婦であれば、たまには良いお酒を用意して、照明を暗くしたりして雰囲気の良い部屋でデート気分を味わうのも新鮮な時間になるでしょう。

おつまみを一緒に考えるのも良い効果が!!

お酒を飲むのに欠かせないのが、おつまみですよね。美味しいおつまみがあるだけで、お酒の進み具合も変わってきますし、幸福感も増します。そんな大事なおつまみを、たまには夫婦で一緒に作ったり、少し高い冷凍食品のおつまみや、コンビニでそれぞれ好きなおつまみを買ってシェアして食べるのも良いですね。

映画を一緒に観ながらデート気分に!!

お酒を飲みながらお話をするのは大定番ですが、たまには映画を見ながらお酒を飲むのはリラックスできますし、新鮮でデート気分を味わえます。お酒を飲む前から『何の映画を見るか』でワクワクしながら話をするきっかけにもなります。

二人で何を見るかを考えるのも良いですが、たまには順番にお互いが選んだ映画を観るのも楽しいでしょう。『今日はどんな映画かな?』とワクワク気分で一日過ごせるでしょう。

さらに映画デート感を出すために、事前にポップコーンを作って、映画が始まったら二人で一つのポップコーンを食べるのも楽しいはずです。

お酒が飲めないときはノンアルで!!

上記でお酒を一緒に飲む夫婦の方が、結婚生活に満足している方が多い結果でしたが、お酒を飲めないからといって落ち込む必要はありません。お酒が飲めなくても、ノンアルのドリンクやジュースでも何でも大丈夫です。もちろんお酒を飲めると言いにくかったことが言いやすくなったりはあるかもしれませんが、何よりも一緒にドリンクを飲んで、一緒に話して過ごすことが大事だと思うので、無理してお酒を飲むことはせず、楽しく過ごしてください。

自然と本音で語り合える時間を

喧嘩になった時や意見を聞きたい時だけ、「本音で言って」「本当のことを言って」と要求したところで、相手にだって、そんな気持ちになれない時や言いたくない瞬間があるものです。また、ちょっと偉そうにしている人に「率直に本当の気持ちを言っていいよ」と言われても、こんな空気で言えるわけないじゃん…とか、相手が相手だけに言えないよ…と思った経験って、ありませんか?

人にもよるでしょうが、多くの人にとって、常日頃から本音で生きることは難しいと思います。自分を守るために、その場を流すために、本音と違うことを言ってしまうのは、必ずしも「嘘」とは表現できません。また、遠回しに本音を聞き出そうとする魂胆が透けて見えることで、余計に話したくなくなる時があるでしょう。

大切なことは、自然と本音で語り合える時間を持つこと。決して、お酒の力を借りて欲しいと言うのではなく、ホロ酔いになることによって、普段は言えないことを言えたり、愚痴を吐き出したり、饒舌になるからこそ話せる時間を作ってあげることが、必要なのではないでしょうか。

もちろん、育児や家事、介護など家庭の事情もあれば、仕事の都合で朝が早かったり、深夜の帰宅だったり、さまざまな状況もあって、晩酌をできる時間的ゆとりがないかもしれません。でも、このアンケートでも目安にしている回数は、毎日ではなく週に1回以上。週末など休みの合う時や、曜日を限定しても良いでしょう。お酒が弱い方は、ノンアルコール飲料やハーブティーでも構わないと思います。2人きりで他愛もないことを話す時間を作って、そこからお互いの状況を確認し合い、時には労わり、夫婦円満の秘訣を見つけましょう。

夫婦の晩酌

 

人気記事ランキングpopularity