不倫に関するニュース

【不倫に関するニュース】井上将勝議員が元ウグイス嬢との不倫辞職!

2020年5月28日に立憲民主党の埼玉県議・井上将勝氏が議員辞職しました。

そもそも、井上氏は東京都内にタワーマンションを所有しており(8年にわたって資産報告書には記載していなかったことも判明)、そこを生活拠点にしていたとされ、県内に居住実態がなく、公職選挙法の「県議を含む地方議員は選挙区内に居住実態がなければならない」に違反していると、報じられていました。

しかし、この疑惑については、居住実態がないと言われていることを否定するとともに、タワーマンションを資産として報告していなかったことを謝罪し、県議会に資産等報告書の修正を申し出ていました

この際、「県民に判断を委ねたい」と継続を示唆しましたが、その後に元ウグイス嬢との不倫が報道されると、不倫の事実を認め「一番身近である妻を裏切った。そうした人間が議員である資格はない」と述べ、議員を辞職しました。

まずは、文春オンラインの記事の一部をご覧下さい。

 

妻の妊娠中も……「ウグイス嬢不倫」で辞職した立憲民主県議がやっていたこと

実は、17年から昨年夏まで都内在住の40代のA子さんと不適切な関係にあったのだ。井上氏の妻が妊娠していた時期とちょうど重なっている。

「5年ほど前、井上さんとA子さんは飲み会で知り合い、同世代ということで意気投合。タワーマンションがある三軒茶屋に呼び出しては頻繁に会っていました。『妻との関係は冷え切っている』と離婚をちらつかされ、A子さんは心を許した。

定番のデートコースはカラオケBでいちゃいちゃした後、近くのホテルに宿泊するというもの。A子さんは逢瀬の詳細を手帳に綴っていました。井上さんがタワマンに住んでいた理由の一つには、A子さんと会うために便利だったということもあります」

出典:文春オンライン『妻の妊娠中も……「ウグイス嬢不倫」で辞職した立憲民主県議がやっていたこと』

 

不倫を裏付ける音声データも

また、週刊文春では元ウグイス嬢・A子さんとの不倫を決定的とする音声データも入手しています(詳しい内容は文春オンラインのページなどで確認できます)。

肉体関係を持ったことが分かる生々しい会話ですが、現在は「ウソを重ねる井上氏の態度に愛想を尽かし、選挙後に破局を迎えました」とのことです。

取材に対して、A子さんは言葉少なに不倫を認め、一方の井上氏は最初こそ「親しい友人だが事実じゃない」「酔っ払っていると分からない」と濁していましたが、最終的には不倫を認めるカタチで辞職をしました。

 

<浮気探偵.com編集部より>

こんにちは、浮気探偵.com編集部です。

今回は、元埼玉県議・井上将勝氏の不倫についてお伝えしました。都内のタワーマンションについては「妻の名義だと錯覚していた」と主張し、そこで暮らしていることについては「妻が出産して体調が優れなかったため」と説明していました。

妻・妻・妻…と、どの言い訳にも妻を楯にしながら、実際は妻の妊娠中にも不倫をしているなど、妻の存在を自分のために使っているように感じました。

辞職の際も「一番身近である妻を裏切った。そうした人間が議員である資格はない」と述べ、最後の最後まで、妻の存在を使い、自身への批判を少しでも穏やかにさせようとした気さえします。

当然ながらネットでは「白々しい」「言い訳がひどい」と厳しい声が多いですが、どうでしょう…。

緊急事態宣言2日後に歌舞伎町のセクキャバで「犬になりたい」などと発言していた高井議員、セクハラ告発を受けた青山議員、強制わいせつの初鹿議員など、多くの問題議員が未だに議員であることを思えば、まだマシなようにも感じます。

今回のニュースは、公職選挙法より不倫報道の方が強く影響したようにも見え、改めて「不倫」のイメージの悪さや衝撃さを感じました。

不倫は信頼や品性だけではなく、職も失いかねません…!

人気記事ランキングpopularity