不倫に関するニュース

【浮気の事件簿】東京都小金井市・女子大生殺害事件

東京

こんにちは。浮気探偵.com編集部です。今回は浮気が引き金となった事件をお伝えします。

2022年1月28日、ベッドタウンとしても人気の高い東京都小金井市で23歳の女子大生が殺害されました。逮捕されたのは多摩市に住む42歳の会社員で、2人は一時期、不倫関係にありました。

事件は容疑者の妻からの通報で発覚したことも注目を集めました。

浮気・不倫の事件簿:小金井市女子大生殺人事件(2022年・東京)

東京

2022年1月28日の午前0時頃、妻からの110番通報で事件が発覚しました。

「夫が人を殺したと言っている」

110番通報を受けた捜査員が女子大生のアパートに行くと、既に心肺停止状態で遺体には首を絞められた跡や顔を殴られた傷がありました。

小金井署は110番通報をした女性の夫を殺人容疑で逮捕し、夫は逮捕後の調べで首を絞めて殺したことを認めています。

20代の女子大生と40代の既婚者は、女子大生のバイト先で知り合い、一時期は不倫関係にあったそうです。女性の知人曰く「交際はしていたが、関係を解消している」とのことで、復縁を求めた容疑者がそれを断られて突発的に犯行に及んだと報じられています。

男性と妻の間には4歳になる娘がいて、「娘の保育園の送り迎えもしている優しいパパ」「子育てに協力的な良いお父さん」「気さくで子煩悩」などと近所の人が証言しています。

▼ネットの反応

奥さんには頑張ってこれからの人生を歩んでほしいと思った

不倫の結末は不幸でしかない。既婚者が恋愛をするなら最低限のルールとして身辺整理だけはキチンとしないと修羅場になります

復縁を迫る行為って、本当に図々しいと思います。もう無理だから別れたのに

不倫の結末って誰一人幸せにならないの分かっててなぜやるかなぁ

同じく娘を持つ親として、同じ妻の立場として、どちらにもかける言葉が見つかりません。人の人生を狂わせてはならない。よく考えて人に迷惑をかけないように自分も行動や言葉を改めて気を付けようと思います

以前この手の話しは女性側が別れたくないと駄々こねて男性側が手にかけるってイメージでしたが…。令和の今の世の中、奥さんいて家庭あるのに不倫して別れたくない!と駄々こねてその挙げ句手にかけるって…なんだかなと思ってしまいますね

不倫を軽く考えている人が多いけど、実際は不倫が元の事件が世界中で多数起こっている。不倫をしようとする人は全てを失う覚悟で命懸けでするしかない。もちろん、しないのが最善の道

「奥さんいるのにもう一回付き合おうってどういうこと?」

「不倫が奥さんにバレて彼女と別れ話のもつれで殺してしまったのかと思いきや復縁を迫っていたとは。夫の犯行と裏切りを同時に知ったのなら奥さんほんとかわいそうだわ。」

「路上で切り付けた不倫事件も妻子がいるのに復縁しようとして断られたからだよね どうしてそういう思考になるのか全く理解できない。」

「安易に不倫するなんてすると、こんな事になるんだよって、足を突っ込みそうな人に知って欲しい。今なら、まだ間に合うから」

「結婚してる身分で復縁迫ったって意味不明だけど、妻からしたら未練なくスパッと離婚してこんな男捨てれそうだわ。子供がいないことを願うわ。」

「若い子がこんなくたびれたオッサンと付き合う理由がわからないし、人生を無駄にしていたのは気の毒。既婚者が何をやってんだ。」

「最初に女子大生と付き合った時に既婚者であることを言ってなくてそれがバレて関係が破綻したような気がする。仮に、この想像が違ったとしても奥さんのいる人間が復縁を求めるのはありえない。」

「奥さんと離婚したから今度は不倫じゃなくてちゃんと付き合おう、ならわかるけど、離婚して無いのにまた付き合おうって勝手すぎる。女子大生は不倫してしまったけどその後反省して普通に暮らしてただろうに、結局不倫男から逃れられず不憫だ。」

「こんな男だから、もしかしたら既婚者というのを隠していた可能性もありますよね。既婚者だとバレて別れたけど、やっぱり別れたくない!となったかもしれませんね。」

「最初付き合い始めた時は既婚者ってこと隠してたんじゃない?で、付き合い方に不審なところがあって(週末や年末年始は一緒に過ごせないとか)問い詰めたら結婚していることを白状、結婚してるなら別れましょうって言われて捨てられたのでは。もう一度付き合おうって、離婚したならまだしも勝手すぎ。」

<浮気探偵.com編集部より>

鍵

警視庁の捜査員が自宅マンションを訪れた際、逃れらないと悟ったのか、容疑者は抵抗することもなく素直に任意同行に応じたそうです。

しかし、殺害直後は証拠隠滅を図った形跡も見られ、被害者の女子大生宅から鍵とスマホが持ち出されていたことも判明しています。

ひとりの人の命が奪われてしまっている以上、軽率なことは言えませんが、夫の不倫と殺害を同時に知り、通報した奥さんの気持ちを想うと加害者の夫である以前に、この事件の被害者であるように感じてしまいます。

また、事件後は実家に身を寄せている(らしい)と報道されている奥さんと小さな娘さんは、何も悪いことをしていないのに、しばらくは人目を避けて隠れるように暮らし、また奥さんのご家族も精神的な疲弊を受けていることは容易に察することができます。

<ネットの反応>で、一番最後のコメントにある通り「不倫を軽く考えている人が多い」ことは紛れもない事実です。なかには、「旦那(または奥さん)の不倫くらい何でもない」と思っている奥さん(または旦那さん)もいます。

最初は軽い気持ちだったのかもしれません。それが「全てを失いかねない」とは思ってもいないのだと思います。

しかし、不倫は始まりから終わりまで、ひとりで完結することではなく、さらに恋愛とは違い、当事者以外の人を巻き込む可能性が極めて高いものです。

今回のニュースを知って、改めて浮気・不倫は誰も幸せにならないものだと実感しました。

妻や夫に対する一時的な不満、新しい刺激や誘惑など、慢性的な日常生活を変えたくなる気持ちも理解できなくはありませんが、このような悲惨すぎる結末を迎える可能性があることを忘れてはいけないと強く感じた事件でした。

人気記事ランキングpopularity