不倫に関するニュース

【浮気の事件簿1】新宿・渋谷バラバラ殺人事件

こんばんは。
浮気探偵.com編集部です。

今夜は浮気が招いてしまった恐ろしい事件をお伝えします。
「軽い気持ちで始めた浮気が残酷な結末を招いてしまうこともある」
それはドラマや小説の世界だけではありません。実際に起きた事件を振り返りながら、浮気が招く悲惨な最期について考え、これをパートナーとの話題にするなど、事前に浮気を防ぐ手立てとして活用してみて下さい。

事件簿1:新宿・渋谷エリートバラバラ殺人事件(2006年・東京)

2006年12月16日、この年も終わりを迎えようとしていた時でした。
東京都新宿区の路上でビニール袋に入った上半身だけの遺体が発見されました。新宿には歌舞伎町や大久保など外国人または暴力団関係者が多いことから、事件当初は外国人が被害者であると断定され、暴力団関係者や中国系マフィアによる抗争事件と見られていました。

12日後の2006年12月28日、今度は東京都渋谷区の民家(空き家)の庭で、下半身のみの遺体が発見されました。
新宿で見つかった上半身の遺体とDNAが一致したことから、この遺体は外資系不動産投資会社に勤務する男性と判明しました。当時30歳の若手エリート社員です。

それから13日が過ぎた翌年2007年1月10日、死体遺棄の疑いで女性を逮捕。女性は被害者の2歳年上である妻でした。
逮捕後、妻の供述によって、東京都町田市の公園で男性の頭部を発見。手首はゴミと一緒に捨てたそうです。

▼事件の経緯

2006年12月15日、新宿で上半身だけの遺体が発見される前日のことです。
妻は夫の捜索願いを出しています。あくまでも個人的な推測ですが、夫を自発的な失踪または事件に巻き込まれた、と見せかけるための隠蔽を図ったのでしょう。

なぜ、妻が夫を殺害し、バラバラにしてしまったのか。二人の出会いを確認します。
殺害から遡ること4年前の2002年11月、二人は知り合い、翌月の12月から同棲を始めました。翌年2003年3月に5ヶ月の交際を経て、二人は結婚をしますが、妻はこの時すでに妊娠しており、この妊娠がきっかけとなって結婚に至りました。ところが当時の妻は、経済力がまだ物足りなかった夫と家庭を持つことに不安があり、同年3月に堕胎をしています。

この後、二人は結婚後わずか数ヶ月で険悪な仲となり、妻は夫からDVを受けることになります。
妻の供述によると、心的外傷後ストレスを発症し、一時期は夫のDVから逃れるために保護施設へ避難をしていたそうです。また、供述ではお互いに不倫相手がいたことも明かされています。

遺体発見の4日前。
2006年12月12日、妻は寝ている夫をワインボトルで殴り殺害。早朝のことでした。
夫の死を確認した後、妻は自宅で遺体を切断し、さらに自宅の一部をリフォームするなど隠蔽工作を行っています。

2日後の2006年12月14日、妻はタクシーで新宿へ向かい、切断した上半身を路上に遺棄。下半身は渋谷区の民家へ捨てます。新宿区と隣り合わせにある渋谷区へ下半身を遺棄した理由は「持ち運びに疲れたから」という短絡的なものでした。頭部を入れたバッグを持ち、電車に乗り町田市へ。頭部は公園へ捨てました。

逮捕の決め手とされているのは、夫の上司が自宅マンションの防犯カメラを確認したことです。
妻によって捜索願いを出されていましたが、夫の上司は防犯カメラで帰宅する夫の姿を確認していました。

▼異例の裁判

妻が逮捕された2007年1月から月日は流れ、この年も終わろうとしていた2007年12月20日。
東京地方裁判所で初公判が開かれ、夫さらに妻の不倫相手が証人として出廷する異例の裁判が始まりました。焦点となったのは、妻の責任能力の有無と犯行時の精神状態でした(ちなみに、この裁判は裁判員制度を踏まえたモデルケースの裁判としても注目を集めました)。
妻の弁護人は、犯行当時の妻は心神喪失状態で責任能力はないと無罪を主張し、それに対し検察は責任能力に問題はないとして懲役20年を求刑しました。

事件発生から約1年5ヶ月の2008年4月28日、東京地方裁判所は明瞭で計画性のある動機、さらに死体遺棄や隠蔽工作を行っていることから、責任能力を認め、妻に懲役15年の判決を言い渡しました。

この後、弁護人による控訴により再度、精神鑑定が行われるなど、裁判の行方は注目を集めましたが、事件から約3年6ヶ月後の2010年6月22日、控訴審判決公判によって懲役刑が確定しました。

新宿

浮気をされた時の対処法

浮気や不倫をされたら、もちろん怒りや悲しみの感情が湧きますし、憎いと思うこともあるでしょう。ですが、相手を殺してしまったからといって幸せになれるわけでもありません。

浮気をされた時にできる対処法をご紹介します。

①離婚をする

旦那に不倫をされたら、気持ち悪くて一緒にいることができず離婚を選ぶことがあります。不倫をした旦那からは、不倫相手と連帯責任として支払う不倫慰謝料と、離婚による精神的苦痛に対する慰謝料として離婚慰謝料を請求することができます。不倫慰謝料が200万円ほどあれば、離婚慰謝料は100~150万円程貰えることがあります。

ですが、財産分与は不倫によって左右されるわけではないので、折半することになります。また、不倫をしたからといって親権が取れなくなるわけではありません。不倫をした旦那が親権を取るとなると、奥さんは子どもになかなか会えない可能性があります。そして、毎月養育費を支払わなくてはいけなくなります。離婚することによってのデメリットもあるので、離婚を決断する前に一度じっくり考えてみてください。

②別居して距離をとる

不倫をした旦那と一度距離を置くために、別居をする手段もあります。不倫をした旦那の年収が、奥さんよりも高い場合には、別居期間中に毎月生活費(婚姻費用)を支払ってもらうことが可能です。この支払は、離婚が成立するまで支払ってもらうことができます。

そして、不倫をした旦那からの離婚請求は認められないので、不倫をされた奥さんが離婚又は同居に了承するまで、ずっと生活費(婚姻費用)を支払わなければなりません。この終わりの見えない生活費の支払いは、不倫をした配偶者に対して大きな代償となるでしょう。

③慰謝料を請求する

不倫慰謝料の請求は、離婚をしていなくても請求することができます。ただし、相場の慰謝料が200万円の場合、不倫相手と不倫をした旦那から各々200万円ずつを貰うことはできません。

ですが、離婚をしていない夫婦が、慰謝料の請求をすることは極めて少ないです。家計が同じため、請求をしてもあまり意味がありません。ただ、慰謝料の請求は、現金払いのみではありません。車や不動産、高価な貴金属を慰謝料としてもらうことも可能です。このように現物で支払いを受けるのであれば、家計が同じであっても慰謝料を受け取る意味があります。

<浮気探偵.com編集部より>

人気小説でドラマ化もされた「OUT」や「ナオミとカナコ」でも、妻は夫を殺害し、どちらも夫は妻へDVを繰り返していました。(浮気はしていなかったような…)
「OUT」では主婦仲間の一人がバラバラにした遺体を公園のゴミ箱へ遺棄したことで事件が発覚し、「ナオミとカナコ」では被害者の姉が自宅の防犯カメラを確認して、自宅へ戻ったのに外へは出ていないことを突き止め、疑惑を持ち始めました。

この事件も背景だけを辿ると、原因として根深いものは夫のDVであることが考えられます。
しかし、双方の浮気相手が証人として出廷するなど、浮気による関係悪化や浮気相手と一緒になりたい気持ちもまた、この恐ろしい凶悪事件の引き金となったと思えます。

一人で遺体をバラバラにしている時、妻は何を想ったのでしょうか。
「持ち運びやすいように」
そんな物理的な理由だけではなく、夫を切り刻む行為には強い憎悪や怨念が感じられます。
妻として幸せになりたかった、こんなはずじゃなかった。

夫の身体を切断しながら、魂で叫んでいるような気がします。

☆大きな事件になる前に…。調査員の多くが警察OBの「はやぶさ探偵社」

コメント

Comments are closed.

人気記事ランキングpopularity