不倫に関するニュース

【不倫に関するニュース】“竹林不倫”秋元アナ復帰目処無し

『不倫で降板した徳永アナ電撃復帰』では不倫をした徳永アナが元出演番組に復帰する、というニュースをお伝えしました。

今回は、同じく不倫騒動が取り沙汰された秋元優里アナに関するニュースです。

“竹林不倫”報道の秋元アナ、復帰目処は未だ無し

フジテレビの秋元優里アナ(34)“竹林不倫”疑惑が報じられてから3か月、年下夫である生田竜聖アナ(29)との離婚が成立した。

竹林に車を泊め、妻子ある同局のプロデューサーと秋元アナが30分程の時間を過ごしていた場面がスクープされていた。

不倫報道以来、秋元さんは担当番組を外れ、現在は通常新人アナが担当するナレーションなどの裏方仕事をしているという。

秋元アナは、決定的な“竹林不倫”を報じられる1年以上前の2016年11月にも、同じ相手(フジテレビの既婚プロデューサー)とのW不倫疑惑を報じられ、その際に事実を否定していた。

その当時、すでに生田アナとは別居中だったとのこと。

不倫を否定した後に、決定的な証拠が報じられたため、秋元アナの世間からのイメージは非常に悪い。

同局においても、こうした事情から秋元アナの起用は難しく、復帰の目処は立っていない。

社内は元夫・生田アナへの同情論ばかり

離婚が成立した秋元アナと生田アナだが、2人は今後も同じ職場の同僚だ。

社内は生田アナへの同情論ばかりで、秋元アナは針のムシロ状態だという。

周囲も気を使い、2人がなるべく顔を合わせないようにしているが、同じアナウンサー室に席がある以上、全く顔を合わせないというわけにはいかない。

しかし、このような状態にあっても、秋元アナは会社を辞めない強い意思を持っているという。

『絶対辞めない』秋元アナの“鋼のメンタル”

秋元アナが会社を辞めないとする理由の一つとして、秋元アナが親権を持つことになった娘のことがあるとのこと。

「離婚の原因は秋元さんの不貞だ」と生田アナ側が主張し、親権争いは激化したと関係者は語る。

しかし、秋元アナは不倫を否定しており、裁判における決定的な証拠がないため、親権は秋元アナが持つことになった。

秋元アナの経済力が親権獲得の一つの理由になったため、娘のためにも仕事を辞めるわけにはいかないのだ。

(参考:女性セブン『フジ秋元優里アナ 離婚で仕事激減、ネットサーフィンの日々』NEWSポストセブン)

<浮気探偵.com編集部より>

こんにちは、浮気探偵.comです。

今回は、秋元アナの不倫騒動についてご紹介しました。

秋元アナの衝撃的な不倫報道が報じられたのは、今年(2018年)1月のことですから、半年たった今でも彼女は自分本来の仕事を出来ていないことになります。

冒頭にて紹介した徳永アナが、不倫騒動で降板した番組に復帰するまで13年かかったことを思うと、秋元アナも同等もしくはそれ以上の間は、復帰が難しいことを覚悟しなくてはいけないのかもしれません。

不倫という行動が、いかに大きな代償を残すものなのか、今一度考える契機となるニュースだと思います。

参考

『不倫報道で窓際でも辞めず 秋元優里アナの“鋼のメンタル”』日刊ゲンダイDIGITAL

人気記事ランキングpopularity