浮気調査以外には?

パートナー・知人の家出人調査も探偵に依頼可能

すぐに家出捜索でオススメの探偵事務所ランキングを確認したい方はこちらから御覧ください。

突然の家出… あなたならどうしますか?

・家に帰ったら妻が突然いなくなっていた。

・婚約していた彼が突然いなくなってしまった。

・モデルに憧れていた10代の娘が帰って来ない。

・単身赴任中の夫と連絡が取れなくなってしまった。

・叱った子どもが飛び出して何日も連絡が取れない。

・妻が子供を連れて帰って来ない。

・ケンカした妹、弟が何日も帰って来ない。

・年配の父親が着の身着のまま出かけて帰宅しない…

このように、信頼していた人、大事な家族が忽然と姿を消してしまった場合、残された者は、一体、どうしたら良いでしょうか。

まず一つには、一刻も早く警察へ連絡することが重要です。しかし、警察では事件性が感じられるような特殊な場合を除いて、なかなか捜索に乗り出してくれない実情があるのは確かです。

では、残された者に出来ることは何でしょうか。

順番に見ていきましょう。

警察資料に見る日本の家出の現状

ここで、少々、遠回りですが、日本に於ける家出人の現状を見ていきましょう。

家出捜索 警察

過去5年間の家出人の推移

 

このように平成25年〜29年まで過去5年間の行方不明者届出受理数は年間約8万人強で、ほぼ横ばいにあります。

しかし、これはあくまでも、警察に行方不明届が出された数であり、実際にはさらに多くの方が失踪、家出をしていると考えられます。

これら全ての捜索を行うというのは警察にとっても至難の業です。

警察がなかなか動いてくれない、という要因の1つは、このような数字上にも現れているのかもしれません。

家出の原因は?

残された人間にとっては「突然」の出来事であっても、家出をした人間にとっては何かしらの原因や要因があり、以前から用意周到に計画を練っていたという可能性もあります。

家出の割合として大きな部分を占める3点を以下で見て行きましょう。

10代の家出の場合

始めは友人の家に遊びに行っていたが、次第に泊まる回数や日数が増えていき、結果的に家出状態になってしまうという場合。

このような場合は、どこにいるのか、どの友人の家にいるのか、また、連絡が取れているうちはまだ良いのですが、連絡が取れなくない場合は危険です。

特に中学生、小学生など若ければ若いほど、危険は高まります。

今や、インターネットで全国の人間と出会ってしまえる為、学校の友人の自宅などだけでなく、SNSを通じて、全く会ったことのない見知らぬ人物と連絡を取りあい、その人物の家に泊まり込んでいるケースが少なくありません。

このような場合は、家出先が遠方であるケースも多く、捜し出すことは非常に困難です。

駆け落ちの場合

駆け落ち 探偵 調査恋人や愛人、浮気相手と2人で姿を消してしまう、いわゆる駆け落ちの場合は、知人や顔見知りがいない土地で新たな生活を2人で始めるという、計画的な家出と言えるでしょう。

このような家出人の滞在先として可能性の高い施設は、以下のものが挙げられます。

都市部であれば、一時的な家出先としてネットカフェ、カプセルホテル、安価なビジネスホテルなど。

地方であれば、パチンコ屋、道の駅など身近な施設。

ただし、立ち寄り先として可能性の高い場所がわかっても自分一人で探すのは容易ではありません。

例えば、ネットカフェひとつ取っても大都市には相当数が存在し、その中にも家出人がよく見つかる場所とそうでない場所があります。

また、店は客のプライバシーは基本的に開示しませんので、調査の為の聞き込みにもテクニックが必要です。

しかし、素人がそのような調査を行うことは至難の業であり、いくら家出人・失踪人の親類縁者と言えど情報を開示してくれるとは限りません。

さらに、家族や友人が知らない街をうろうろ捜索していると相手が先にこちらを見つけてしまい、別の地域へ逃走してしまう危険もあります。

仕事や事業での失敗、重病の発覚

個人事業主などに多い家出、失踪の理由です。

また、重大な病気が見つかり将来を悲観して家出、失踪してしまうことも耳にする内容です。

これらに該当する場合は、最悪の事態(自殺)も考えられるため、早急に対応する必要があります。

自殺願望がある人の行き先としては、思い出のある場所を巡った後、人気のない場所に行って自殺を決行しようという人が多いという統計もあるようです。

特に男性に、この自殺前の「郷愁旅行」という行動傾向が顕著です。

具体的な行先としては、

幼少期育った街
学生生活を過ごした街
思い出深い旅行先
仕事で成功した都市

などが考えられます。

調査地候補をうまく絞り込めなければ、捜索先が日本中に拡散することになり、捜索が非常に難航してしまう危険があります。

家出人捜索に必要な現状把握の4つのポイント

大切な人が急にいなくなえば、誰しも気が動転してしまうかもしれません。

しかし、できる限り落ち着いて状況を把握することが、現状解決策を立てるために最も必要と言えます。

まずは、家出・失踪してしまった人の最近の様子を思い返して見ましょう。

きっと何か見落としていることがあるはずです。

そのことが分かるだけでも、家出人を見つける手がかりになります。

家出人の行き先や動機のヒントは、部屋とパソコンに残されていることが非常に多くあります。

やみくもに探し回る前に、まずこれらを短時間で集中的にチェックし、それをもとに捜索活動の優先順位をつけましょう。

部屋とパソコンのチェックポイントを以下でご紹介します。

パソコンを見るポイント

家出 PC検索履歴

パスワード暗証がかかっていなければ、家出人のパソコンを見ることが出来ます。その場合、多くのヒントが得られます。

検索履歴

検索履歴を消去していなければ、最近何を検索していたのかがわかります。

SNSで誰かと連絡を頻繁に取り、会う約束をしていないかなどは特に着目したい点です。

また、地図などで、特定の場所の情報を収集していた形跡はないか、などがポイントになります。

メール

メールが見られる場合は、協力者や同伴者などとの履歴が残っている場合があるのでチェックしましょう。

お気に入り欄

家出人が関心を持っていたものが分ります。

イベント情報や風景写真など、失踪後に足を運んでいそうな場所や催しなど様々な情報が掴めますので見落とさない様にしましょう。

残された物で注目するポイント

家出 遺留物確認

キャッシュカード

キャッシュカードだけを持ち出して通帳を残したままであれば、通帳記入することで預金を引き出した場所を追跡できる

日記や手紙

家出人が最近考えていたことがわかる可能性がある。

電話等のメモ、飲食店の名刺や使い捨てライター

衣類のポケットやゴミ箱の中もチェックしましょう。家出後の就職先、家出に利用した引っ越し業者の電話番号がわかることもある。

本や雑誌

例えば、求人誌の1ページが切り取られていれば、そこが就職先かもしれません。

仮に沖縄に関する本が多ければ、行き先は沖縄の可能性があります。

部屋を見るポイント

家出 部屋状況

家具がなくなっている

転居先がすでに確保されており、協力者や同伴者の存在も考えられる。

多くの物が持ち出されている

計画的で長期的な家出と考えられる。

普段より整理されている

家出後に必要なものをまんべんなく選び取ったということであり、計画的な家出と考えられる。

財布やスマホなどが残っている

生きる意思がないことを意味している場合も多く、自殺の危険もある。早急に警察に捜索願を出すべし。

普段の生活がそのまま残っている突如中断されたような状況

洗濯ものが干しっぱなし、炊飯器でご飯を炊いたばかりなど普段の生活が突如中断されたような状況や、家が荒らされている、ガラスが割られているなど、明らかに普段の生活に異変が見られる場合は、家出は基より拉致等の事件性も疑割れます。

すぐに警察に通報し、相談してください。

失踪者本人を見るポイント

家出 失踪者

失踪した時間帯

早朝の家出は、計画的で遠方に向かう場合が多く、戻るまでに長時間がかかると言われています。

電車やバスだけでなく、飛行機・新幹線などを予約している場合もあります。

これとは逆に、夜間の家出は、近場の友人宅、ネットカフェなどが行き先になっていることが多く、戻るまでに・見つかるまでの時間が比較的短いと言われています。

もちろん、夜逃げに近しい状態や夜行バスを使って遠方に向かうケースなどもありますので、一概には言えませんが、ないでしょう。

移動手段

車やバイクがなくなっている場合、車種や色が捜索協力をお願いする時に大切な情報になります。

所持金

所持金が推定できる場合があります。

親やパートナーの財布から数万円が抜き取られていた、といった場合は、家出状態がそう長くはもたないことが予想されます。

逆に家や預金通帳からまとまった金額が持ち出されていた場合は、長期間、戻らない決意の固さ、または遠方に向かう可能性などが推測されます。

服装・持ち物

服装や持ち物は捜索協力をお願いする時に極めて重要な情報です。

家出の直前の服装がわかっていて、その時の服が部屋にないなら、その服装のまま出かけた可能性が高いでしょう。

できるだけ鮮明に絵を描きましょう。

また、家出人の服のラインナップをある程度知っている場合は、服が少量持ち出されたのか、大量に持ち出されているのかがわかります。

大量に持ち出された場合は、長期の家出を計画していることが推定できます。

同行者

いっしょに家出した人がいるかどうかが最初にわかれば、それも重要な情報です。

これについては、2つのことが言えます。

ひとつは同行者を探している人と協力すれば、情報は2倍になり、見つけやすいということ。

もうひとつは、行き先・潜伏先の決定は同行者の意見も入るということ。

同行者が主導権を持っている場合は、その同行者の情報を掴まないと捜索は困難です。

いずれにしても、素人だけで探すには、時間的にも体力的にも限界があり、さらにはノウハウもないため、困惑の中、思い付くままに行動する程度になってしまいます。

警察が直ちに動いてくれない場合、また、自分での捜索に限界があると感じた場合は、一度、探偵事務所に相談をしてみることがお勧めできます。

悲しみの中、捜索するのは労力や時間も大変なものになります。専門家の手を借りるのは最も信頼できる手法の1つです。

家出人捜索を探偵に依頼するという選択

家出捜索 聞き込み

大切な方が、家出・失踪してしまったが、警察はなかなか動いてくれない。

ましてや自分自身ではどこをどんな風に調べればたどり着くのか分からないと、悩んでいる場合には、人探しのプロフェッショナルである「探偵事務所」に家出人調査を依頼することをお勧めします。

ですが、数ある探偵社の中から何を基準に依頼先となる探偵社を選べばいいのでしょうか?

ただでさえ困惑した状況の中、またしても頭を抱えることでしょう。

そのような場合には、以下の選び方を参照してみてください。

家出人捜索での探偵事務所の選び方

結論からお伝えしますと、以下の3点を満たした探偵社を選択することを推奨しています。

①探偵の人数が多いこと
②全国に拠点があること
③人探しの経験・実績を積んでいること

浮気調査や身元調査とともに、人探しは探偵事務所の中心業務のひとつです。

人捜しはローラー調査を繰り返して絞り込んでいきます。

一人や二人で他の調査の合間にちょこちょこと探されていては、時間ばかりが経ってしまいます。

また、探偵自身が全く知らない土地に初見で出かけて行っても、効率よく探せるものではありません。

その上、出張費も多額になってしまいます。

そこで、全国の拠点に土地勘のある探偵事務所ならば、結果も早いし、出張費もかかりません。

そして、経験の蓄積は捜索のスピードアップに繋がります。

ネットカフェ等、信用と実績ができると捜索に協力してくれる店・ホテルも増えてきます。

ですので、全国に拠点があって、各拠点で情報の蓄積ができている探偵事務所が理想です。

しかし、上記のような条件を満たす探偵社はごく僅かです。探偵社選びは慎重に注意して行ってください。

実際に家出人を探す手順や、よくぶつかる課題についてご説明しましょう。

収集しておくべき家出人の情報

基本情報として、年齢や外見の特徴、服装、持ち物などは実際の捜索時に重要な情報となります。

また、家出した時の状況、部屋に残された物などは行先の手がかりになります。

迅速に調査を進められるように以下の情報提供を心がけましょう。

年齢・特徴、家出の状況・服装・持ち物などをわかる範囲で整理しておく。
②家出人の部屋・パソコンなどは、探偵に全て見せる。
③家出人の写真を用意する。

部屋の調査では、クローゼットの中や、机の引き出し、ごみ箱の中まで見せるようにしてください。

写真はなるべく最近のもので、顔が大きく写っている鮮明な写真を複数枚用意できるのが理想です。

写真がない場合はFacebookなどに投稿している画像がないかなど、知恵を働かせ、最低1枚は用意してください。

このように探偵事務所では、順を追って調査を進めていきます。

繰り返しになりますが、警察に捜索願を出しても埒があかない、なかなか動いてくれないという方や、時間だけが経ち心配が募るという方は、人探しのプロフェッショナルである探偵事務所に無料相談を検討してください。

家出捜索、人探しにオススメの大手探偵事務所ランキングBest3

探偵グッズ全国で届出を行っている探偵業者の数は約5,700社。

厳密に言えば、株式会社や有限会社などの法人は1,500社程度に過ぎず、残りは全て個人の探偵業者になります。

法人と個人、どちらが良いとは一概には言えない部分もありますが、家出や突然の失踪などに限定して言えば、全国に支社を持つ大手探偵社がお勧めです。

捜索対象者がどこにいるのか分らない、場合によっては住居から大きく離れた地方に滞在している状況では、最悪の事態さえ考えられる為、一刻も早い捜索が必要です。

当サイトで紹介している探偵社の中でも、全国に支社を持ち、高い調査力とスピードで評価の高い3社を厳選しましたので、万が一の依頼先の候補として是非ご参考ください。

第1位 【全国に18拠点!】原一探偵事務所

家出捜索 人探し 探偵 原一探偵事務所多数のTV番組への調査協力をはじめ、メディアでもお馴染みの原一探偵事務所は、全国に18の拠点を持ち、各拠点の探偵調査員が現地の様々なコミュニティに精通しています。

捜索範囲がどの地域へ及ぶか想定の出来ない家出調査を早急に解決するためには、日本全国各地に深い知見が必要となります。

こうした家出調査、失踪人捜索で特にお勧めできる優良大手探偵事務所が原一探偵事務所です。

特に、原一探偵事務所では、警察OBを顧問に迎え、高い調査力を維持するために調査員の教育に力を注いでいます。

調査員歴20年以上のベテラン調査員も多く、スピードと調査力が求められる家出人・失踪者捜索の場合には、人探しの専門部隊がチームを組んで調査にあたり、早急な解決へ導きます。

また、厳しい研修で鍛えられた調査スタッフは総勢100名以上、調査に使える車両は100台以上など、あらゆる面で業界最大級の規模を誇ります。

充実した人材や設備をフル活用し、人探しの専門部隊による全国調査、調査現場に合わせた車両活用など、場合によっては調査依頼当日から臨機応変かつ緻密で迅速な調査を行ってくれます。

原一探偵事務所の相談窓口

原一探偵事務所の相談窓口は埼玉・川越にある本社を含めて、全国に18拠点あります。

本社(埼玉県川越)、北海道(札幌)、宮城県(仙台)、群馬県(高崎)、茨城県(水戸)、埼玉県(大宮)、東京都(新宿、日本橋)、千葉県(千葉)、神奈川県(横浜)、静岡県(静岡)、愛知県(名古屋)、大阪府(大阪=淀川区)、兵庫県(神戸支店)、岡山県(岡山)、広島県(広島)、愛媛県(松山)、福岡県(福岡)

対応エリア:全国
無料相談電話:0120-00-5627

原一探偵事務所の調査費用

原一探偵事務所の調査費用は、基本料金と調査料金を合算した金額が支払料金になります。

基本料金は40,000円で調査期間などによって変動しませんが、調査料金は条件によって変動します。

また、面談後に提示する見積もり以上の追加費用は発生しません。なお、面談では契約を急がせるようなことや強引に迫ることは一切ないので、安心して相談ができます。

クレジットカード:
分割払い:

第2位 【全国に13拠点!】総合探偵社MR

家出捜索 人探し 探偵 MRテレビや雑誌でもお馴染みの総合探偵社MRの相談実績は年間15,000件以上。

圧倒的な調査力と豊富な知識や経験を有する担当者の存在が利用者から高く評価されており、顧客満足度も約95%と大きな信頼を寄せられています。

業界トップクラスの調査員数を誇り、全国に多くの拠点を持つため、最短では相談当日から調査を開始することも可能です。

家出捜索のような迅速な調査が必要な案件では、特にオススメできる探偵事務所です。

総合探偵社MRの相談窓口

総合探偵社MRの相談窓口は東京・池袋にある本社を含めて、全国に13拠点あります。

東京本社(池袋)、宮城県(仙台相談室)、埼玉県(大宮駅前相談室)、東京都(東京駅前相談室、新宿相談室、品川駅前相談室、八王子駅前相談室)、千葉県(千葉駅前相談室)、神奈川県(横浜駅前相談室、大船駅前相談室)、愛知県(名古屋駅前相談室)、大阪府(大阪支社=梅田)、福岡県(博多相談室)

対応エリア:全国
無料相談電話:0120-747-188

総合探偵社MRの調査費用

総合探偵社MRでは、依頼者とのヒアリングの後に必ず見積もりを提示しており、見積もり以上の追加費用は一切発生しません

また、独自のハイテク調査機材や効率の良い調査員の配備など、過去の経験やデータを基に調査の工夫を凝らし、調査時間の短縮に努めています。

そのため、調査費用が高くなり過ぎず、迅速かつ低料金での家出人捜索が可能です。

クレジットカード:
分割払い:

第3位 【24時間365日全国対応可能!】はやぶさ探偵社

家出捜索 人探し 探偵 はやぶさ探偵社はやぶさ探偵社は、確実に調査結果を出せる自信がある為、「調査結果が出なければ調査料金0円」と謳っています。

調査員は警察OBと探偵学校卒業者のみで構成されており、さらに調査力向上のための厳しい訓練も日々行っています。

事務所運営には警察OBも携わっているので、不当な請求や違法な調査の心配もなく、過去に契約者とのトラブルもありません。

特に警察OBの場合、失踪人調査の経験も厚く、彼らの調査ノウハウを引き継いだ探偵たちの調査力は特筆に値します。

拠点数で言えば、上記2社と比較して少なめの2拠点ではありますが、24時間365日無料相談ができ、全国どこでも調査対応が可能となっている点も選ばれるポイントとして挙げられます。

このような徹底した調査と手厚いサポートにより、利用者満足度は約98%と高い数字を残しています。

はやぶさ探偵社の相談窓口

はやぶさ探偵社の相談窓口は、現在のところ東京と大阪にある2拠点のみですが、全国どこでも対応が可能です。また、非通知や匿名での相談も受け付けています。

対応エリア:全国
無料相談電話:0120-369-011

はやぶさ探偵社の調査費用

はやぶさ探偵社では、立地や状況に合った人数で調査をするため、調査員の人数によって料金が変わることはありません。

ただし、調査費用に関しては非公表とされており、面談をしなければ分かりません(実際の依頼者の体験談によると、調査員2~5名で6時間90,000円程度と報告されています)。

なお、調査力には絶対の自信を持っているため、結果が出なければ調査料金は発生しない成功報酬システムを掲げています。

クレジットカード:
分割払い:

まとめ 〜迅速な家出人発見のために〜

ここまで、家出の現状や捜索に必要な情報をお伝えしてきましたが、改めてまとめますと、必要なことは以下の3点です。

①現状把握

家出人の直近の様子、手がかりになりそうな情報収集など。

②警察への速やかな相談

まずは警察へ相談すべきですが、法律の壁などもあり、100%早急に捜索対応をしてくれるとは言いきれない現状もあります。

③探偵への相談

探偵社は人探しのプロフェッショナルではありますが、全国拠点、調査力、対応スピードの3点に優れた探偵社を選ぶことを推奨しています。

突然、大切な方が家出してしまった・失踪してしまった方の心の痛みは筆舌しがたいものだと思います。

そうした心の負担をこれらの情報で少しでも軽く出来ますことを心から願っております。

人気記事ランキングpopularity

ページの先頭へもどる