浮気調査以外には?

パートナー・知人の家出人調査も探偵に依頼可能

会いたい人を探すために

家に帰ったら妻が突然いなくなっていた。
婚約していたパートナーが結婚式の直前に理由も言わずいなくなってしまった。
単身赴任中の夫と連絡が取れなくなってしまった。
身内や親しい人の行方がわからなくなってしまった。

このように、信頼していた人が忽然と姿を消してしまった場合には、一刻も早く警察へ連絡することが最も重要です。しかし、警察では事件性が感じられるような特殊な場合を除いて、なかなか捜索に乗り出してくれない実情もあります。

突然の家出の原因は?

考えこむ男性

残された人間にとっては「突然」の出来事であっても、家出をした人間にとっては何かしらの原因があり、用意周到に計画を練っていた可能性もあります。

家出の兆候としては、次のようなことが挙げられます。

まず、はじめは友達の家に泊まりで遊びに行っていたが、次第に回数や日数が増えていき、結果的に家出状態になってしまうという場合。このような場合は、連絡が取れているうちはまだ良いのですが、連絡が取れなくなったら危険です。

2つ目に、愛人や浮気相手と2人で姿を消してしまう、いわゆる駆け落ちによる場合。 この場合は、知人や顔見知りがいない土地で新たな生活を2人で始めるという、計画的な家出と言えるでしょう。

3つ目に、仕事で大きな失敗をしてしまい、取り返しのつかない状態に陥り、追い詰められていた場合。あるいは、重大な病気が見つかり将来を悲観しての場合も考えられます。これらに該当する場合は、衝動的な家出であり、最悪の事態も考えられるため、早急に対応する必要があります。

解決の糸口を探す

家出をしてしまった人の最近の様子を思い返して見ましょう。きっと何か見落としていることがあるはずです。そのことが分かるだけでも、家出人を見つける手がかりになります。

いずれにしても、素人だけで探すには、時間的にも体力的にも限界があり、さらにはノウハウもないため、片っ端から探すのみの方法になってしまいます。

警察が直ちに動いてくれない場合は、警察に次いで調査力があると言われている興信所に相談をしてみてはいかがでしょうか?

《調査力には自信があります!》

はやぶさ探偵社の公式ページへ

注目記事をチェック

ページの先頭へもどる