実録・夫の浮気

【夫の浮気】友人に相談された浮気~実録~

こんばんは。
浮気探偵.com編集部です。

今回は少し視点を変え、夫の浮気を疑う女友達から相談を持ちかけられた女性・K子さんの話をお伝えします。
K子さんは、この夫婦と長年の付き合いがあり、特に妻である女性とは学生時代からの友人でした。この日はK子さんの誕生日で、この女性を交えた数人の仲間で、ささやかな誕生会が開かれていました。

【夫の浮気疑惑:友人に相談された誕生会】

落ちたケーキ

人違いだよ、見間違えることなんて、珍しくないでしょ。
そうだよ、Jくんに限って、そんなことするはずがないよ。

28歳の誕生日を迎えた私を祝ってくれるために、この日は学生時代からの仲間が集まりました。
ホールケーキに突き刺さっているロウソクの火を一気に消すと、辺りは一瞬にして暗くなり、直後にあちこちから、おめでとう!の声が聞こえて来ました。
「これじゃあ何も見えないから明るくするね」
誰かがそう言い、室内が眩しい光で照らされると、唯一の既婚者である彼女が、ケーキを均等に切り分けようとしてくれました。その時、一人の女性が彼女に言いました。

Jくんのこと、確実に人違いだと思うよ。

この日、彼女の夫であるJくんは、ここに来ませんでした。
「ごめんね、K子。誘ったんだけど、今日に限って残業になっちゃったって」
彼女は、そう言っていましたが、それがJくんのウソだと私は知っています。

彼女とJくんは、大学に入ってすぐに付き合い始め、そのお似合いすぎる雰囲気は、キャンパス内でも注目の的でした。小さな喧嘩もなく、いつも幸せそうに寄り添っている二人のことを、仲間みんなが大切に想い、理想の夫婦として憧れていました。

Jくんのこと、信じてあげられるでしょ?
おせっかいな声が彼女に再び尋ねると、彼女の大きな瞳は、たちまち涙でいっぱいになりました。

Jが浮気をしているかもしれないの…。
一週間前に女の人と歩いているところを見た人がいて…。
Jに聞いてみたけれど、違うってしか言わなかった…。
でも、教えてくれた人が言うには、間違いなくJだって言うの。
一緒に歩いていた女の人とは、すごく親しそうだった、って…。

約束の時間より、少し早めに到着していた彼女から相談を受けた私は、強い口調で彼女に言いました。
Jくんがそんな人じゃないって、あなたが一番良く分かっているでしょ!
絶対に違うよ。Jくんは浮気なんてする人じゃないもの!

私の言葉に、その時の彼女は黙って頷きましたが、蒸し返されてしまった話題に堪えきれず、一筋の涙を大きな瞳からこぼしていまいました。

人違いだよ!見間違えることなんて、珍しくないでしょ。
そうだよ、Jくんに限って、そんなことするはずがないよ。

みんなの声に重ねて私も言いました。
そうだよ、絶対に違うって!

絶対に違う。私がそう言い切るには理由がありました。

-あの日、仕事で大きなミスをしてしまい、落ち込んでいた私は、街で偶然、Jくんと遭遇しました。学生の頃から、ずっと大好きだったJくんに、一度だけ…たった一度だけで良いから、ギュッと抱きしめてもらいたくて、泣きながらお願いをしました。-

そうだよね、大丈夫だよね、Jを信じてみる。

「変な空気になっちゃったから、仕切り直そう。もう一回、電気を消して」
彼女は頬を流れる涙を拭くと、ようやく笑みを見せ、電気を消しました。
辺りは再び暗闇に包まれ、ロウソクの上では、小さな炎だけがユラユラと揺れていました。

-泣きながら頼んでも、甘えてみても、彼は私に触れようとさえしませんでした。-

みんなが歌うバースデーソングが、どこか遠くで聞こえているような気がしました。
ロウソクの向こうには、ぼんやりと彼女の笑顔が浮かんでいました。

そうだよね、大丈夫だよね、Jを信じてみる。
彼女の言葉が頭の中で何度も繰り返されました。

そうだよ、絶対に違う。
私は小さく呟くと、ロウソクの火を一気に吹き消しました。
消えた炎と一緒に、どこかへいなくなりたい気持ちになりながら、誕生日は虚しく過ぎて行きました。

キャンドルライト

<浮気探偵.com編集部より>

彼氏や彼女、夫や妻の浮気相手が実は自分の友達だった…。そんな話を、よく聞きますよね。
会いたい人に、ただ会いたいと言うことさえできない誕生日を迎えてしまったのは、K子さんの行動が招いた結果なので仕方がないのかもしれません。大人になればなるほど恋愛は難しくなりがちで、叶わない方が多いことも事実です。K子さんにとっては辛いことかもしれませんが、これで良かったのでしょう…。
もし、Jくんがあの場でK子さんを抱きしめてくれたら、K子さんはJくんにもっと求めることが増えたかもしれません。そして、いつかはJくんを、自分のものにしたいと願ってしまう恐れもあります。

人は何かを得た時に何かを失い、何かを失った時に何か得ると言います。
こうして誕生日にバースデーソングを歌ってくれる友達がいることを誇らしく思い、これからゆっくりと時間を掛けて素敵な相手を見つけて下さい!

コメント

  1. スクイレル より:

    もし夫が私の友人と浮気をしてたら、と考えるとぞっとしてしまいました。そしてその友達が、何食わぬ顔で私と付き合ってるとしたら、もう完全に人間不信になってしまいます。女って怖いですね。
    そういう私も女ですが(汗)

    1. 浮気探偵.com 編集部 より:

      スクイレルさま

      こういうことって、ないようであるんですよね…。
      「ない」状態から探すよりも「ある」中から選ぶ方が手っ取り早いのか、実は浮気相手が友人・知人だった、という話は、浮気あるあるだと思います。
      友人っていうのもキツイですけれど、妹とか姉とか母(!)とか、血縁関係との浮気になると、もはや昼ドラの世界ですよね…。でも現実には少なくないようです。

      そして女性の怖さ!
      当サイトは女性のユーザーさまの方が多いようですが、ブログの右横にある人気記事ランキングを見ていただくと分かるように、人気の上位3つを「妻の浮気」が占めており、女性の浮気についての方が読まれています。
      浮気をされてものすごく辛いけれど、体験談を読むのは女性の浮気について…というところが、女性の怖さなのかな。。。と思います。

  2. 加齢臭 より:

    浮気が身近な人間だったというケースは本当に多いですよね。探偵を辞めて数年後経ちますが、私の職場にもそれらしい雰囲気の男女が居ます。もちろん誰にも喋りませんが、昔の癖なのか気になって仕方がありません。

    1. 浮気探偵.com 編集部 より:

      加齢臭さま

      キャハハ!(*´∀`*)
      職業病ですね!!たしかに探偵の仕事は職業病になりそうですよね。じっと人を見てしまう癖とか、なかなか抜けなさそうです(あくまでイメージですが)。
      それと、さすが加齢臭さま!元・探偵だけあって、嗅覚がはたらくのですね!
      私は、誰と誰が付き合っているとか、まったく気付くことなく、後から聞いて驚く方です。あまり人に興味がないのかしら…。そんな自分が悲しくもあります(笑)

Comments are closed.

注目記事をチェック