実録・自分の浮気

【自分の浮気】嫁が離婚してくれない

こんにちは。浮気探偵.com~浮気成敗コラム~です。本日は「実録・自分の浮気」として、男性の体験談をお伝えします。まずは、この体験談に登場する人物を紹介します。

登場人物
・自分 30代男性:既婚者
・嫁 30代の妻
・不倫相手 G子(職場の同僚)
・子供あり 1歳

自分の浮気 離婚に応じてくれない嫁

離婚

嫁との出会いは友人の紹介でした。今より若かった頃です。好みのタイプだったのと、話しやすい雰囲気だったので、自分から告白してお付き合いがスタートしました。当時の嫁は、小柄で笑顔も眩しくて、料理も上手で、文句なしの彼女だったと思います。優しさも人一倍あるので、付き合っていた当時は彼女に甘えていたところも多かったように思います。そんな彼女と一生一緒に過ごしたいと思って、プロポーズ。結婚式や入籍の日取りなどは2人で決め、晴れて夫婦となりました。

結婚後、嫁はパートの仕事で働きながら家事をこなし、自分が帰宅すると毎日おいしい食事を用意して待っていました。新婚生活は、振り返ってみても夢のような生活だったと思います。

妊娠・出産で生活が徐々に変化

妊娠

良いスタートを切った結婚生活も半年が過ぎ、嫁の妊娠が発覚しました。子供ができた時、お互い非常に喜びましたが、想像していた以上に悪阻(つわり)がひどく、妊娠期間中は夫婦生活どころか家事もほとんどできない状態になってしまいました。何とかしてあげたい気持ちもありましたが、だからといって仕事を休むわけにはいかず、悪阻が落ち着くまではお互い辛い日々が続きました。家事全般、難しそうでしたが、特に料理中の匂いがダメだったので、夕飯は仕事帰りにコンビニ弁当を買う日も多くなりました。

大変だった妊娠期間を終え、無事に長女が誕生しました。正直、妊娠期間中は、この先どうなることかと思ったのですが、生まれてきた長女はとても可愛らしく、心の底から嬉しく愛おしいものでした。

しかし、妊娠生活が終わると次は子育て生活が始まりました。嫁は妊娠期間中に体力をかなり消耗してしまったせいか、産後の回復も遅れました。仕事が終わって家に帰っても夕食の準備どころか、嫁と長女が一緒に寝ていて、何も食べ物がないということも多々ありました。そんな時には一度帰宅してから、駅前のコンビニまで戻って弁当を買って来たり、出前を注文して食べたりしました。また、夜になると長女が何度も起きて夜泣きするので、充分な睡眠が取れず、自分自身も仕事に集中できなくなり始めました。

浮気のきっかけは嫁の負担を考えた末のこと

夕食

喧嘩をしたわけではないのですが、やはり自宅に戻ってから駅前のコンビニまで戻らなければならない生活が毎日のように続くと疲れは溜まってしまいます。嫁と話し合った結果、落ち着くまでは夕食を外で済ませて帰ることになったのですが、今となれば、これが浮気に繋がるきっかけだったと思います。最初は節約もしないといけないので、一人でラーメンや牛丼などワンコインで済ませられる食事をしてから帰っていました。ある日、軽く飲んでから帰ろうと思い、会社と自宅の中間あたりにある大きな駅で途中下車した時に、偶然、同僚の女性・G子と遭遇しました。

「何しているんですか?」
「軽く飲んでから帰ろうと思って」

そんな、ありふれた会話だったと思います。G子も一人だったので、一緒に軽く飲み、その日はそれで終わりました。彼女は一人暮らしだったので、自分一人のために料理をするのが面倒で、何か食べてから帰ることが多いと言い、数日後に、また飲みに行く約束をしました。

同じ会社で働いているから共通の知人が多く、愚痴も言いやすいし、誰の髪型がどうとか、隣のビルのランチが安いとか、他愛もない話で盛り上がれるので、ストレス解消にも繋がり、気晴らしをしてから自宅に帰ることができた為、嫁が寝ていても不満を感じず、ある意味スムーズに物事が進んでいたと思います。

そうなると必然的にG子と仕事帰りに食事をする頻度が増え、いつの間にか仕事帰りに一緒にご飯を食べることが当たり前になっていました。また、家で過ごす時間よりも、G子と過ごす時間を楽しんでいる自分の気持ちにも、心の片隅で気付いていました。

打ち明けた心変わりに嫁が激怒

離婚

G子の相談に乗っていた、ある日の夜。励ましているうちに、G子が甘えて来て、ちょっと良い雰囲気になってしまい、なんとなく流れと言うか、その場の雰囲気で、ホテルへ行ってしまったことが、不倫関係の始まりでした。当初はそんな気持ちが全くなかったはずなのに、お互いの気持ちが同じであることは言葉には出さなくともハッキリ分かっていたので、あっさりと肉体関係を結んでしまいました。

その関係は1年続きました。

本気でG子と一緒になりたいと願うまでになっていた自分は、G子にも将来の話をするようになりました。まさか、ドラマや小説で見るような「妻とは別れる」と言う台詞を自分が言うようになるとは思ってもみませんでした。

そして、嫁への告白。思い切って今までの経緯を隠すことなく全て打ち明け、離婚をして欲しいとお願いしました。勝手なことだとは分かっていたのですが、たとえG子と別れても、気持ちが嫁に戻ることは無いと確信していました。自分の浮気が原因で離婚をするので、慰謝料も支払い、二人で購入したマイホームは嫁と娘が暮らすために、嫁の名義に変更することも申し出ました。

しかし、嫁は激怒し、絶対に離婚しないの一点張りです。当たり前と言えば当たり前の話なのですが、離婚をせずに結婚生活を続けても、自分の気持ちが既に嫁から離れてしまっている以上、このままでは良くないと言ったのですが、分かってもらえません。

慰謝料の金額が足りないのかと思い、可能な限り金額を上げてみたのですが、それでも嫁は離婚を承諾してくれません。不倫を打ち明けた以上、このまま一緒に暮らしていても、ストレスが溜まるだけで幸せになんてなれず、離婚をしてお互い新しい生活を始めた方がどちらにとっても良い選択肢だと思うのですが…。どうしたら離婚してくれるのか悩んでいます。

まずは浮気の証拠を押さえること

証拠

「お互い新しい生活を始めた方がどちらにとっても良い選択肢だと思う」
これは、あまりにも身勝手な主張で、ご自身に次の相手がいるからこその思考回路で、それを妻にまで押し付けるのは、かなり自分本位な言い分ではないでしょうか?

奥さまからしたら、「どちらにとっても良い選択肢」ではなく「俺様にとって良い選択肢」に聞こえるのだと思います。悪阻で苦しい想いをしたのも奥さま、出産の痛みを感じたのも奥さま、夜泣きの度に奥さまだって一緒に起きたと思います。しかし、ご自身は夕飯がないことを理由に「自分だけが我慢をしている」ような考え方で、そもそも、そこに大きな過ちがあると思うのですが…。夕飯の有無に関わらず、お弁当やおにぎりを買って帰れば良いだけじゃないですか!!お夕飯があったら、翌日の昼食にするなり、冷凍するなり、奥さんのランチにするなり…。

もし、この奥さんと同じ立場で、夫が浮気を告白して、その相手と一緒になるために離婚を申し出た場合、感情的に反対しても、この状況と同じように何の進展もないまま過ごすことになります。いつか、復縁するかもしれないし、子供のために一緒にいたいと思ったとしても、まずは浮気の証拠を押さえることから始めましょう。

探偵などの浮気調査は、写真や動画で証拠を掴むだけではなく、不倫相手についてまで調べてくれることが多く、それによって浮気相手へ慰謝料を請求することが可能になります。その他にも、郵便で内容証明を送付するなど、盲目になっている夫ではなく、不倫相手へ接触することで関係を断ち切らせることが可能なケースもあります。

もちろん、しばらく経ってから「やっぱり離婚したい」と思った時にも証拠は有効です。多くの探偵会社では、調査員の他に経験豊富なカウンセラーが在籍しており、夫婦問題の悩みに向き合ってくれるので、このようなケースではどのように対処したら良いのか?を相談してみましょう。自分では気付かなかったアイデアや対応策など、有意義なヒントをくれるでしょう。

人気記事ランキングpopularity