実録・妻の浮気

【妻の浮気】夜勤中に妻が浮気!義理の両親に浮気現場を目撃させた!

こんにちは。浮気探偵.com~浮気成敗コラム~です。本日は「実録・妻の浮気」として、妻の浮気を偶然、目撃してしまった夫の体験談をお伝えします。まずは登場人物の紹介です。

登場人物
・私 40代前半
・妻 40代前半
・妻の幼馴染(妻の浮気相手)
・息子 高校生(留学中)

 

妻の浮気 夜勤の間に妻が浮気!

夜勤

妻は中学の同級生です。

転校の多かった私は、なかなか新しい学校に馴染むことができませんでしたが、妻と仲良くなったことをきっかけに友達が増えていきました。当時は一緒にいることでの心地の良さを感じていたものの、それ以上の関係に進展することはなく、また、妻には幼稚園時代からの幼馴染がいて、その人と付き合っていると他の友人から聞かされていました。

高校は別でしたが、大学が同じになり、大学2年の時に私から妻へ告白をして、付き合うようになりました。その時に知ったのですが、中学時代に友人から聞かされていた例の幼馴染とは「もともと付き合っていない」そうです。

結婚をしたのは大学を卒業してから2年後です。

すぐに息子が生まれ、今ではイギリスの高校に留学しています。ちなみに子供は、この息子1人だけです。

 

ベッドに漂う香水のにおい

香水

私の仕事は、隔週で夜勤を伴います。

夜勤が始まったのは、息子が留学をした後なので、1年半ほど前からでしょうか。妻の浮気を疑い始めたのは、2ヶ月くらい前のことになります。それまでの間も浮気をしていたのか?は分かりません。

夜勤から帰って来て、ベッドに入った時に、ほんのりと男性の香水のにおいがしたことがきっかけです。

「まさか、妻が男を連れ込んだ?」と不審に思い、ベッドの匂いがいつもと違うと言ったところ、その日はすぐにシーツを洗濯してくれ、乾くまではリビングのソファで寝ることにしました。

ところが、それ以来、私が夜勤から帰ると、何度かベッドのシーツを洗濯するようになりました。厳密に言えば、帰った時には既にシーツは洗ってあり、キツイ柔軟剤の匂いがします。

これは、男の香水の匂いを隠すために違いない!

家庭にもよるでしょうが、妻はもともと頻繁にシーツを洗う人ではありませんでした。洗って1ヶ月に1回、冬にもなると2ヶ月に1回くらいだと思います。だからこそ、夜勤の週に限って、何度も洗うなんて不自然でした。

 

シーツの洗濯で浮気の曜日を確定

シーツ

夜勤は隔週なので、3週間程分(1ヶ月半くらい)になるでしょうか。

私はシーツが洗濯された曜日をメモしておきました。すると洗濯は決まって火曜日と金曜日の夜(水曜と土曜の朝はシーツが洗濯されている)にされていることが分かりました。

火曜と金曜の夜に男が来ているはず!!

次の夜勤で、火曜と金曜に休みをもらうことにしました。火曜に何も起きなかったことを踏まえて、金曜は予備日としての確保です。もちろん、妻には何も言わず、火曜日の夕方4時に、いつもと同じ格好で出掛けました。

 

妻の両親を呼んで浮気現場を突撃

浮気相手が何時に来るか?は、分かりません。

ただ、朝6時にはシーツが交換されているので、乾燥の時間も入れると遅くても、深夜1~2時には洗濯を開始していることになります。だとすれば、男は深夜0時前には帰っているでしょう。

とは言え、妻は朝8時には仕事へ出掛けるため、毎朝6時前には起きています。週の前半から睡眠不足で仕事先へ行くことは考えられず、わりと早い時間に連れ込んでいると予想し、20時には突撃しようと決めました。

この日の突撃は、私だけではなく、妻の両親にも同伴してもらうことにしました。さすがに「浮気をしている可能性がある」とは言えず、翌週が妻の誕生日だったので「ケーキとプレゼントを持って驚かせたい」と伝えています。

サプライズだと知った妻の両親は、妻に内緒で、19時半に待ち合わせ場所のカフェに来てくれました。誰も連れ込んでいなければ、本当にサプライズの誕生会をすれば良いだけです。チェーン店のカフェですが、ケーキも売っているので、テイクアウトで買っておきました。

そして予定通りの20時、妻の両親を連れて、自宅へ戻りました。こっそり鍵を開けると、玄関には男モノの靴がありました。妻の両親は私の靴だと思ったのでしょう。特に気にする様子もありません。

「静かに…お願いします」

そう言って、リビングに行くと誰もいませんでした。

「たぶん、寝室で本でも読んでいるんだと思います」

小声で伝えて、3人で寝室へ向かいました。人の気配とベッドが動く音がします。妻の両親がそれを察知する前に、勢いよくドアを開けました。

「誕生日おめでとう!」

見知らぬ男と妻は、驚いた表情をして、妻の母は絶叫しました。妻の父は何を思ったのでしょうか。40歳を過ぎた娘が、裸で知らない男に跨っていたのですから…。

その場は一気に修羅場と化しました。

特に怒っていたのは妻の父親です。男が慌てて被った布団をはがし「出て行け!」と一喝していました。

 

すぐに離婚が成立

離婚

離婚はすぐに成立しました。

私が強く望んだわけではありません。妻の両親から言われました。妻の両親がその場にいたことは大きく、私が請求しなくても慰謝料の話まで出されました。

イギリスに留学している息子には、離婚が決まる直前に報告をしました。もう、イギリスで暮らしていくと決めたのでしょうか。それともすっかり自立をして大人になったのでしょうか。

「あ、そう」

興味なさそうに言われ、特に原因を聞かれることもありませんでした。

妻の両親に対しては申し訳なく思っています。誕生日を祝うなんて、はじめから嘘で「お前がしている行為を自分の親に見てもらえ」と、妻へ抱いた憎しみの矛先を向けてしまっただけですから。

離婚成立後の妻は実家に帰っているようです。あんな醜態を見られた両親との暮らしは、さぞかし針のむしろでしょう。自業自得です。私だって「清々した」と一言で片付けられないほど複雑な感情を持っています。

浮気をされたことはショックですし、深い傷として残っています。義理の両親まで傷つけてしまったこと、息子に相談なく離婚を決めたこと…など、考えれば考えるほど、とてもイヤな気持ちになってしまいます。

それでも、浮気を暴いたことや離婚をしたことに関しては、後悔していません。

人気記事ランキングpopularity