実録・夫の浮気

【夫の浮気】因果応報?浮気の末に結婚した夫に浮気をされた!

こんにちは。浮気探偵.com~浮気成敗コラム~です。今回は、浮気の末に結婚まで辿り着いた夫に、結婚後、浮気をされてしまった妻の体験談をお伝えします。まずは登場人物の紹介です。

登場人物
・私 20代半ば
・夫 20代半ば
・夫の同僚=夫の浮気相手
・娘

【夫の浮気】浮気の果てに結婚した夫に浮気をされ…

 

繰り返す

浮気って繰り返されるものなんですね…。

まずは、夫との出会いからお伝えしたいと思います。夫とは学生時代に出逢いました。当時、私には彼氏がいて、夫にも彼女がいました。

別々の大学でしたが、サークルを通じた飲み会…早い話が合コンですけど、そこで意気投合し、徐々に惹かれていきました。付き合っていた彼氏には申し訳なかったのですが、夫からの誘いを断れず、夫もまた彼女がいながら、私からの誘いを断れず、ずるずると浮気関係のままで卒業を迎えました。

私が彼氏と別れたのは、浮気期間が1年を過ぎた頃です。たぶん、バレてはいなかったと思います。ただ、やっぱり罪悪感がすごくて、彼氏に会うのがしんどくなってしまいました。

夫も同じ頃に、彼女と別れました。そうして、正式に2人ともフリーになってから、結婚を視野に入れた交際が始まり、それから1年で結婚しました。

 

結婚後は育児と貯金のために頑張っていた

結婚後も、せっかく入社できた会社なので、私は仕事を続けました。しかし、結婚から1年が経った頃に妊娠が発覚し、職場を退職することにしました。

産休や育休も制度としてあったのですが、正直、職場の雰囲気がイヤで、妊娠がなくても早かれ遅かれ辞めていたと思います。

妊娠中も大変でしたが、もっともっと大変だったのは育児です。

専業主婦には時間がたくさんあると思っていたのですが、朝早く起きて夫のお弁当を作り、夫が仕事に行ったら洗濯と掃除、3時間おきに授乳、おむつ交換、それに寝かしつけることも大変で、休んでいる暇なんてありませんでした。

夫が仕事から帰ってくる頃には、夕飯も作り終えてなくてはならず、心身ともに疲れ果てていたと思います。子供の将来を考えて、貯金もしようと思っていたので、外食や出前、コンビニなんかは避けており、余計に張り切り過ぎていた感じがします。

木曜や金曜など、週の中頃~後半は疲労が重なってしまい、娘を寝かしながら私も寝入ってしまうことも多々あり、それに対して夫は文句を言うこともなかったので、寂しい想いをしているかも…なんて、これっぽっちも考えていませんでした。

 

女の勘でピン!と来たクリスマスパーティー

クリスマス

夫の浮気に気付いたのは、夫の会社で開催されたクリスマスパーティーに呼ばれた時でした。

家族も参加できるパーティーで、夫に誘われたため、娘を連れて行きました。夫の会社へ行くことも、夫の会社の人たちに会うことも、娘を連れてパーティーに参加することも、何もかも初めてのことで、とても気分が高まっていたと思います。

久しぶりにオシャレをして、意気揚々と出掛けたのですが、パーティー会場で夫と親しげに話す女を見て、女の勘が働きました。夫は入社3年目の若手ですが、もっと若い(おそらく1年目か2年目)の女が、私がいるのにも関わらず、やけに夫に馴れ馴れしく、ネクタイや前髪を直してあげたり、ボディタッチまでしていました。

何、あの女…。

気持ち的には睨んでいましたが、夫の会社なので、鋭さを隠したまま、女の方をじっと見ていると、夫が女の耳元で何かを囁き、二人で部屋から出て行きました。

証拠と呼べるものではありませんが、その時の夫の表情、仕草、そして女の表情などから、直感的に2人の関係を確信しました。あまりのくやしさから、その場にいることができなくて、夫や会社の人には何も告げず、娘を連れてそっと帰りました。

 

親にお金を借りて浮気調査を依頼

浮気をしていることは絶対に間違いありません。とは言っても、証拠がなければどうにもなりません。

娘を連れたまま、都内で両親と弟が暮らす実家へ行き、母親に「何も言わずに、まとまったお金を貸して欲しい」とお願いしました。母は「借金があるの?」「事故でも起こしたの?」「何に使うの?」と、理由をしつこく聞いて来ましたが、私が「今は言えない」と言いながら、途中で泣いてしまうと、それ以上は何も聞いて来ませんでした。

きっと、察してくれたのでしょう…。

次の日、夫が会社へ出掛けてから、調査料金が安くて実績が豊富な探偵会社をネットで探しました。子連れなので、なるべく自宅から近い、もしくは自宅の最寄り駅から乗り換えナシで行ける場所で探していたのですが、調査料金が書いていなかったり、実績が分からなかったり、なかなか「これだ!」と思う所が見つからず、とても苦労しました。

いいな、と思っても遠かったり、3回くらい乗り換えなければならなかったり…。ベビーカーで3回も乗り換えることは、はっきり言って大変です。

ところが、いくつかの探偵事務所のサイトを見ていると「自宅や近所まで来てくれる」と書いてあることが分かり、それなら事務所が遠くても…!と、条件に合った探偵事務所に電話で問い合わせてみました。

相談や見積もりだけではなく、結果報告まで自宅や近所で行ってくれると言うので、早速、来てもらうことにしました。幸い、自宅マンションの1階がチェーン展開をしているカフェなので、そこで話を聞いてもらいました。

 

夫は仕事帰りに女とラブホへ直行

夜の街

調査員の方に聞いて印象深かったのは「依頼があった場合は、だいたいクロ」と言うことです。

裏を返せば、よほど確証がある時に調査を依頼しているのだと思います。でも、私のように証拠がなくても女の勘だけを頼りに依頼する人もいると言います。また、男性からの相談や定年後の相談も多いそうです。

調査日程と調査内容(どこまで調べるか?など)、調査料金、交通費やカフェに入った場合のお茶代など経費に関する説明、途中報告の有無、連絡手段など、細かいことまで打ち合わせをして、調査結果を待つことにしました。

調査員からは「調査が失敗に終わらないよう、くれぐれも調査のことや浮気を疑っていることを匂わせないように」とお願いされました。

いつもと同じ様子を演じることは難しいと思ったので「母が風邪をひいて父と弟では食事の支度もできないから」と言い、娘と一緒に1週間、実家に帰ることにしました。

私が実家へ帰ったことで、浮気がしやすくなったのでしょうね。証拠はすぐに掴めたようです。やはり夫は会社の女と浮気をしており、仕事が終わってからタクシーを使ってラブホテルに直行していました。

後日、きちんとした書類で証拠を渡してもらうことになっていましたが、メールに添付されたラブホテルの画像を見ただけでも強いショックを受け、またも母親の前で泣いてしまいました。

もしかしたら夫は寂しさを浮気で埋めるタイプだったのかもしれません。

それから数日後、調査員の方と会い(今度は実家の方に来てもらいました)、正式な報告書を受け取りました。呆然とする私に、離婚問題に強い弁護士さんを紹介することもできるし、復縁に向けた夫婦問題専用のカウンセラーを紹介することもできる、と言われましたが、少し考えたいので時間を欲しいとお伝えしました。

証拠を手にしてから半年が経過した頃、離婚が成立し、今は実家に戻って両親や弟の協力を得ながら、仕事と育児の両立に励んでいます。

人気記事ランキングpopularity