浮気探偵とは?

浮気探偵とは?怪しいイメージの実態は

なぜ「浮気探偵」が注目されているのか?

近年、浮気調査を探偵に依頼する方が増加していると言われており、「浮気探偵」に注目が集まっています。

実際、某大手探偵事務所では月に、なんと2,000件以上もの浮気調査の相談があるそうです。

驚くべきことに、ある調査では、「日本人男性の約70%女性の約30%が不倫をしたことがある」と回答しています。

また近年、報道によって、芸能人・有名人の不倫が次々と明らかになってきました。

特に2016年は不倫報道が多く出た年でした。

明るみになった月別に列記すると、

  • <1月>タレント・ベッキー&歌手・川谷絵音
    <2月>元衆院議員・宮崎謙介、歌手・石井竜也、落語家・桂文枝
    <3月>タレント・乙武洋匡
    <4月>お笑いタレント・とにかく明るい安村
    <6月>歌手・ファンキー加藤、落語家・三遊亭円楽

と、不倫ブームと思えるほど、多くの浮気、不倫報道が行われています。

こうした背景から、今までにないほどに夫婦関係に目が向けられる様になり、浮気調査のプロある探偵に依頼する方が増えているのです。

浮気や不倫が増えている理由

では、何故そんなにも浮気や不倫が増えているのでしょうか?

対策を講じる為にも、まずは原因を知る事から始めましょう。

浮気 不倫 きっかけ

①SNSの普及

まず挙げられる事は、SNSの普及です。

  • ・人と簡単に繋がれて、簡単に情報を発信できる「Twitter」
  • ・懐かしい友人と再会できる「facebook」
  • ・その人の日常を垣間見れる「インスタグラム」

など、数多くのSNSがあることで様々な形での出会いが生まれやすくなっています。

②チャットアプリのライフライン化

今や「LINE」「カカオトーク」「wechat」などのチャットアプリを全くやっていない、という方はほとんどいないのではないでしょうか?

いつでも相手に連絡が取れ、「既読・未読」機能によって、常に相手の動向が掴めてしまいます。

このようなチャットアプリを利用し、今まで以上に頻繁に、誰でも、浮気をしやすい環境になってしまったと言えるでしょう。

③出会い系(マッチング)アプリの登場

浮気 出会い系アプリ マッチングアプリ昔であれば、異性と出会うと言えば、「職場」「同窓会」などと相場が決まっていました。

しかし、昨今は「出会い系(マッチング)アプリ」が山の様に溢れており、スマホさえあれば簡単に見知らぬ異性と繋がれてしまいます。

浮気・不倫をしようと思わなくとも、一歩間違えばそれらに繋がる環境が当たり前に蔓延していると言えます。

浮気探偵って…信用できるの?

「探偵」と聞くと、皆さんはどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか?

日常生活において、あまり関わることのない職業だけに、不信感や何となくうさんくさい…などのマイナスイメージを抱いている方もいるのではないかと思います。

しかし「浮気探偵」つまり「浮気を捜索する探偵事務所や調査会社」は、探偵業法という法律に則り、適正な運営を行うように規制されています。

管轄は、各都道府県の「公安委員会」となり、届け出を出すことが義務付けられています。

浮気調査とは、探偵事務所や興信所、調査会社が実施している「素行調査」の中の一つの調査項目なのです。

そもそも探偵業法って何?

探偵は、2006年に作られた探偵業法に基づき、探偵業には厳しい規制が定められています。

この法律は以下の様な厳格な内容です。

  • ◆探偵業を開始するときには、都道府県の公安委員会に届出をしなければならない
    ◆違法行為を行わない
    ◆依頼を受ける際に、調査結果を違法行為に使わない旨の同意書をもらわなくてはならない
    ◆違法目的の調査は打ち切る
    ◆業務上で知り得た秘密は保持しなければならない

このように、法を厳守しながら調査が行われています。

また、違法行為に該当する調査に関しては、いかなる理由があっても、調査を受諾することはありません。

浮気を調査する優良な大手探偵事務所は「法人」

浮気を調査する優良な大手探偵事務所は法人です。「法人」であれば、様々な法律的な制限がかけられています。

例えば、会計に関しては、法人は「複式の簿記により厳密性」が要求されます。

そもそも法人の場合は、設立手続きに設立費用と手間がかかります(実費約21万円)。

個人のように、開業届出だけで事業を開始できるような簡易さはありません。法人格を取得している探偵事務所の信頼度は大きく高まります。

【浮気調査】調査依頼に関する3つの安心ポイント

探偵が法律に則り、法令を遵守した調査を行う事、探偵事務所とは一般企業と同じく「法人」であるという、信頼に足る根拠が確認できました。

続いては、実際の調査依頼に関して「安心できる」と納得のいく3つのポイントをご紹介します。

浮気調査 探偵 信頼①無料相談ができる

調査を依頼する前に、無料相談を行うことができます。

ここでは氏名や住所などの個人情報を明かさずに匿名でも依頼ができるだけでなく、電話、メール、対面など希望に合わせた形式が選べますので気軽に相談を行えます。

中には、無料相談の段階で、問題がすぐに解決することもあります。

②調査費用が明確に提示される

調査依頼に当たって最も気になる「費用の明示」の有無により信頼度は全く変わります。

費用は各事務所によって異なりますが、ある程度の相場があり、逸脱している事務所には注意が必要です。

因みに、ほとんどの探偵事務所が下記のような根拠により費用を算出しています。

  • 「調査にかかる総時間」
    「対象者のいる場所」
    「調査方法」

費用の相場は以下です。

◇1時間当たりの調査料金で費用を設定する場合(2名で行った場合)=約1万5,000円~2万円
◇1週間のパック料金で設定した場合=約50万円~70万円
◇成功報酬制=調査を行った結果次第でいくら、と事前契約

基本的には「時間当たり」または「パック料金」で依頼するケースが多いようです。

時間料金制プランは1時間でいくら、という調査員の稼働時間に対応した費用体系です。

ある程度調査する対象者の情報をつかんでいて、調査をしたい曜日や日程や場所などが事前にわかっているときに依頼しやすいケースとなります。

なお、通常では調査員は2名以上で素行調査にあたることになり、1名当たりの時給は5,000円~1万円となります。

2名以上で調査にあたる理由は、対象者が徒歩の移動から突然バイクや車での移動になると、2名以上でないと対処できないからです。

パック料金制は『調査1週間で〇万円』というように、初めから払う時間に対して、費用が決まっているプランのことを指します。

ターゲットの情報が少なく、素行の全容調査に何時間かかるかわからないという場合に最適です。

ただし、パック料金は各探偵事務所ごとで大きく異なるので、事前に必ず問い合わせてください。

③見積もりの算出をしてもらえる

浮気調査を依頼しようと考えたら、時間や諸費用などの調査に関する話を事前によく確認しましょう。

もし予算があれば、その希望もここで提示します。

その上で、「調査内容」「調査人数」「調査期間」に準じた見積もりを出してもらえます。

もちろん、見積もりの時点で契約を結ぶ必要はありません。

複数社の見積もりを比較した上で、どの探偵事務所に依頼するかをじっくり検討してください。

実際に浮気調査を検討している方にご協力いただき、浮気探偵各社の無料相談内容を覆面調査した結果をまとめておりますので、そちらも合わせて参考にご覧ください。

【覆面調査】各探偵事務所の無料相談内容ぶっちゃけレポート

【浮気調査内容】探偵がしてくれることは?

浮気調査は調査対象者の行動を調べ、主に写真や映像などの浮気の証拠を入手する調査です。

浮気してるかをどうか確かめることはもちろん、裁判で勝てる浮気の証拠を手に入れることが浮気調査の最大の目的です。

浮気調査で手に入れた証拠は、

  • ・浮気をやめさせて夫婦関係を修復したい方
  • ・有利な条件で離婚したい方

どちらであっても、依頼者が望む選択肢に最適な証拠を獲得する為に調査を行う調査会社が「浮気探偵」なのです。

【離婚したくない】関係修復したい方の為の「浮気探偵」とは?

浮気調査 夫婦関係修復 やり直し「関係の修復がしたい」「離婚はしたくない」。

パートナーの浮気の証拠が明確になっても、「離婚を選ばない」という選択肢も当然あります

実際、浮気の証拠が発覚しても、「やり直す」という選択をする方の割合は、かなり多いのです。

  • 「あの人、浮気しているかも」
    「私の勘違いなのかな?」
    「知りたい、でも本人には聞けない」
    「スマホを覗きたい、でも出来ない」
    「浮気をしていたとしても子どもや自分の為にも離婚はしたくない」

一人で悩みを抱え、考えが堂々巡りをする…。そんな方の場合は、浮気の証拠を入手する事が以下の様に役立ちます。

  • ◆浮気相手と旦那(妻)を別れさせることができる
    ◆浮気相手に慰謝料請求ができる

    ◆浮気してる旦那(妻)から要求された離婚を拒否できる

確実な浮気の証拠が場合は、この様に浮気相手への慰謝料請求やパートナーに対しての離婚の拒否等、法律に基づいた浮気への対処方法が取れるのです。

【離婚したい】という方の為の「浮気探偵」とは?

浮気調査 離婚したい「有利な条件で離婚したい」「旦那(妻)からも浮気相手からも慰謝料を取りたい」方の場合は、浮気探偵で証拠を入手すると以下のように役立ちます。

  • ◆請求できる慰謝料の金額が高くなる可能性がある
    ◆旦那(妻)にも、浮気相手にも慰謝料請求できる
    ◆「離婚原因が旦那(妻)の浮気」と証明できる

浮気で離婚する時は「旦那(妻)が浮気したから離婚する」ということを証明するのがとても重要です。

【自分で浮気調査】起こりうる違法行為とは?

どんな違法性があるの?

そもそも浮気調査で考えられる以下の調査行動は、一尾間違えれば即、違法行為になりかねません。

  • ◆プライバシーの侵害
  • ◆ストーカー規制法違反

などが皆様にも馴染み深い内容であり、特に注意が必要な法律となります。

浮気探偵とは、年間数千件もの浮気調査依頼をこなすプロであり、専門弁護士によるサポートがあるからこそ、尾行や証拠収集に際しても法の境界線を遵守した調査が行えます。

では、一体どのような行為が違法行為に該当するのでしょうか?

具体的に違法行為になる事とは?

例え、パートナーとはいえ証拠を抑えるための写真撮影である「盗撮行為」も基本的には「違法行為」に該当します。

その他では、

  • ◆個人情報の不正取得
    ◆ストーカー目的の調査
    ◆虐待やDV目的の調査
    ◆別れさせ屋などの工作行為
    ◆預金口座の調査
    ◆公的機関へのなりすまし
    ◆無許可で携帯の通話記録を取ること
    ◆浮気相手と思われる人物の郵便ポストを除く行為

など、自分で浮気の証拠を集めようと様々に動いたことが違法行為になってしまう可能性が大いにあり得ます。

【浮気調査のプロ】探偵に許される調査とは?

「探偵業法第ニ条-1」において、

「他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として、面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務」

との記載があります。

つまり、探偵の場合は、業務の範囲を逸脱していなければ「浮気調査の証拠写真や映像は不貞行為を立証する目的という正当な理由がある」と判断され、罰則の対象とはなりません。

こうした法的な側面からも、本格的な調査は探偵に依頼すべきだと考えられています。

まとめ

さて、最後までお読みいただき、「浮気探偵」に対しての疑問や怪しさは払拭できたでしょうか?

繰り返しになりますが、浮気探偵は怪しいものでも怖いものでもありません。

【最後のおさらい】浮気調査を探偵に依頼するメリット

①調査がバレることなく、ほぼ確実な証拠が手に入る

探偵は浮気調査のプロです。調査をしていることが調査対象に発覚してしまうというリスクを誰よりも熟知しています。

だからこそ、調査対象者に知られることなく、日々の行動を調査し、裁判で有効となる確実な証拠を獲得することができるのです。

②あなたが希望する未来に合わせた選択が出来る

得られた証拠をもとに、「離婚したい場合」と「関係修復したい場合」でどのように協議を進めていけば良いかというアドバイスをもらうことができます。

離婚だけが選択肢ではなく、調査後の真実を乗り越えて夫婦関係の修復を行うこともまた、正しい選択と言えます。

勿論、浮気発覚後すぐに関係を修復することは非常に難しいと思います。

だからこそ、各探偵社では、離婚協議として紹介する弁護士だけでなく、ご夫婦のメンタル面をサポートするカウンセラーなどの専門家との連携も強化しています。

自分で調査しようとしても、いつも一緒にいる人の些細な変化は敏感に気づかれてしまう可能性が高いからこそ、失敗のないプロへ浮気調査を依頼することを推奨しています。

離婚する、しないに関わらず、一度その道のプロに相談することで、皆様の道が開けることを、浮気や不倫で悩む方が1人でも多く心のモヤを晴らせることを切に願っております。

人気記事ランキングpopularity

ページの先頭へもどる