探偵事務所の選び方

浮気探偵社自身が調査で気をつけている事

対象者に調査がバレてしまうこと

興信所が最も気をつけていることは対象者に調査をしていることがバレてしまうことです。対象者にバレてしまうと、その後の調査は難しくなってしまうだけではなく、依頼者と対象者の間でのトラブル、あるいは依頼者と興信所とのトラブルが発生する懸念も強まります。

調査がバレてしまったら?

調査をしていることが対象者にバレてしまう、という段階まではいかなくとも、何となくでも調査をしていることが勘づかれてしまうと、対象者に警戒心を抱かせてしまいます。

例えば、浮気調査の場合、しばらく浮気相手に会うことを控えたり、普段から強い警戒心を持って生活を送るようになってしまうので、対象者から浮気の証拠をつかむことはほぼ不可能になってしまいます。

なかにはこんな依頼者も

揉める男女

ごく稀にではありますが、対象者にバレても調査を続けて欲しいと希望をする依頼者もいるようです。

しかしながら、対象者にバレているのにも関わらず、尾行をしたり張り込んだりしたりすることは、どんなプロの調査員であっても、期待通りの成果を挙げる可能性は皆無と言っても良いでしょう。

対象者が浮気相手に会うことを控えるため、望む結果が得られないどころか、最悪の場合は調査員が警察に逮捕されてしまう懸念もあるため、興信所はバレながらも続行を希望する依頼は受けないことが多いようです。

ただし、浮気相手に会うことを控えさせるなど、浮気の行動を抑制することを期待しての依頼であれば、少しは効果が見込めるかもしれません。

注目記事をチェック

ページの先頭へもどる