【バレたら最後】浮気探偵社が調査で気をつけている事|浮気探偵.com

探偵事務所の選び方

浮気探偵社自身が調査で気をつけている事

重要!浮気調査は絶対バレないように

社外秘 秘密 セキュリティ探偵事務所が最も気を付けていることは、対象者に調査がバレないようにすることです。

対象者に浮気調査がバレてしまうと、その後の調査が難しくなってしまうだけではなく、依頼者と対象者の間でのトラブルが発生したり、依頼者と探偵事務所との間でトラブルが発生する懸念も強まってしまいます。

浮気調査がバレてしまったら?

恋人 喧嘩 カップル浮気調査がバレてしまうと、調査の続行は非常に難しくなってしまいます。

だからこそ、探偵事務所はどんな状況でも、調査が対象者にバレないように、細心の注意を払っています。

浮気調査が対象者に(完全に)バレてしまう所までいかなくても、何となく異変を察知してしまうと、対象者の警戒心は異常なまでに強くなり、普段から周囲に目を光らせ、証拠を徹底的に潰してしまいます。

その結果、浮気相手と会うこと・連絡を取り合うことを控えてしまい、浮気の証拠を掴むことは不可能になってしまいます。

だからこそ、探偵に調査を依頼した後はいつも通りの行動を心がけましょう。

そうすることで、探偵の調査を邪魔することなく、成功への近道になります。

バレた後も調査は続けられる?

懇願 拒否 困惑極めて稀なケースですが、対象者にバレても「調査を続けて欲しい」と言う依頼者がいます。

しかし、対象者に調査がバレてしまえば、期待通りの成果を挙げる可能性はゼロと言っても過言ではありません。

いかに有能で、調査のベテランであっても、対象者が浮気相手と会わなければ、徹底的に尾行をしたところで、何も起こらず、調査は空振りに終わってしまいます。

さらに、調査がバレている状態では、成功の確率はゼロに等しいのに、警戒心が高まるためリスクだけが強まり、対象者が警察に通報するなど、調査員がトラブルに巻き込まれてしまう危険もあります。

そのため、探偵事務所は対象者に調査がバレてしまった場合、たとえ続行を希望しても依頼は受けないことが多いそうです。

依頼主も調査途中で気付かれてしまうと、精神的苦痛を受けたとして、対象者から慰謝料を請求されてしまうなど、リスクが伴います。

調査が失敗に終わるケースのほとんどは、依頼者が口を滑らせる、または態度に出てしまうことが原因です。繰り返しになりますが、調査依頼後は、いつもと変わらない振る舞いを心掛け、それが難しいようであれば帰省や旅行など、一時的に離れておくと良いでしょう。

浮気調査を成功へと導くために

バツ 内緒 女性浮気調査の成功を望むなら、成功率の高いプロの探偵事務所に調査を依頼することが鉄則です。

さらに、自分自身では何もせず“行動を控えること”が重要です。

せっかく探偵まで使うなら「絶対に浮気の証拠を絶対に掴みたい!」と意気込んで、自分自身でも動きたくなるでしょうが、不慣れな素人が不用意に行動することは、調査がバレる確率を高めてしまい、何よりも警戒心を抱かせてしまうため、おすすめできません。

本気で浮気調査の成功を願うならば、心を落ち着けて、いつも通りの行動を意識し、探偵事務所の調査を信じて待ちましょう。それこそが、調査のアシストに繋がります。

人気記事ランキングpopularity

ページの先頭へもどる