一週間

もしや浮気?探偵事務所の費用や期間の相場は?

浮気調査

「旦那が浮気をしているかもしれない…」

「妻の様子が最近おかしい」

「一度、探偵に依頼してみようか…」

パートナーの行動が疑わしい時、探偵事務所に浮気調査を依頼してみたい、と思うことがあるのではないでしょうか。

しかし、いざ浮気調査を依頼しようと思っても、

  • ●どのくらいの料金が掛かるのか
  • ●どのくらいの時間が掛かるのか

など、気になることがたくさんあると思います。

調査料金はなるべく安い方が良いでしょうし、調査期間もなるべく短く、スピーディーに結果が分かることを望む方が多いでしょう。

今回は、浮気調査期間を1日、1週間、1ヶ月と分け、それぞれの料金や浮気調査の内容などを詳しく解説していきます。

「初めてのことで全然、浮気調査料金の相場が分からない」という方は、特に参考にしてみてください。

調査費用

浮気調査の料金プランは大きく3つ

浮気調査を行う探偵事務所には、様々な料金プランが存在します。

その中でも、次の3つのいずれかを採用している探偵事務所がほとんどです。

  1. 時間単価型プラン
  2. パック料金型プラン
  3. 成功報酬型プラン

それぞれ簡単に解説をします。

時間単価型プラン=時間ごとに料金が決まる

まず、時間単価型プランについてです。

時間単価型は、主に以下のような計算式で、浮気調査の費用が決まります。

時間単価型プランの基本料金形態

調査員1名の1時間単価 × 調査時間 × 調査人数 = 浮気調査費用

例えば、1時間6,000円で8時間の調査を2人で行った場合、以下の金額になります。

時間単価型プランの基本料金形態

¥6,000 × 8時間 × 2人 = ¥96,000

時間単価型プランの場合、当然、調査期間が長くなれば長くなるほど、調査に掛かるコストは大きくなります。

それならば「短い期間での浮気調査をお願いしたい」と考える方が多いかもしれません。

しかし、調査期間を極端に短くすると、浮気の証拠を手に入れる機会を逃してしまう可能性があります。

優良な浮気探偵事務所は、やみくもに調査期間を長引かせ、依頼主の負担になるようなことはしません。

長すぎず、短すぎない平均的な調査期間として、およそ3日から1週間に設定されていることが多いと言われています(ただし、パートナーが単身赴任中で浮気相手と会う日が全く分からない、など状況によっては、1週間よりも長くなります)。

探偵事務所にもよりますが、3日間~1週間の間、常に調査をしているわけではなく、約5時間から6時間の調査を複数回に分けて行い、調査回数は4回~6回前後で、というプランがほとんどです。

なお、調査時間と回数は増やすこと減らすこともできます。

パック料金型プラン=料金と内容が最初から決まっている

次に、パック料金プランです。

パック料金プランでは、最初から料金が決められており、それに応じた浮気調査を行ってくれます。

イメージとしては、携帯電話の定額料金プランを思い浮かべて頂ければ、分かりやすいと思います。

浮気調査費用、車両代、報告書代など、浮気調査に必要なものが、全てパック料金に含まれており、ほとんどの場合は追加費用が掛かりません(仮に浮気相手とのデートが遊園地だった場合、入園料などが実費として掛かります)。

シンプルな料金システムなので、浮気調査を初めて依頼する方におすすめです。

成功報酬型プラン=調査結果に応じて報酬を支払う

最後に、成功報酬型プランです。

成功報酬型の場合、浮気探偵事務所に支払う主な費用は以下の2つです。

・着手金
・成功報酬

成功報酬型プランでは、まず浮気調査に必要な着手金を支払います。

この着手金は、浮気調査そのものの諸経費(車両代など)なので、浮気調査の成功・失敗に関わらず支払う必要があります。

一方、成功報酬は浮気調査が成功したときに支払うもので、失敗したときは支払う必要がありません。

成功・失敗に関わらず着手金はかかりますが、万が一、失敗した際に、余分な費用が掛からない点がメリットです。

ただし、1つ注意点があります。

それは、『何を持って浮気調査を成功とするのか』です。

当然、浮気の証拠を掴めれば成功ですが、パートナーが浮気をしていなかった場合、調査そのものが「失敗」したわけではありません。

証拠となる提出物も含めて、しっかり探偵会社と「成功の定義」を確認し、認識を擦り合わせておくようにしましょう。

浮気探偵に依頼!期間別…1日、1週間、1ヶ月

ここからは、探偵に調査を依頼した場合、1日、1週間、1ヶ月のそれぞれの期間で、どれくらいの料金が必要なのか?を解説していきます。

浮気調査は1日からでもできる!?

「浮気調査の費用をなるべく抑えたい!」

このような要望で1日だけの調査を希望される方もおられます。

1日だけの調査も浮気探偵事務所は受けてくれることがありますが、その際に1日調査のメリット・デメリットをよく理解しておくことが大切です。

特に、パートナーの浮気発覚後に離婚を考えている場合は、1日の調査では短すぎます

なぜなら、裁判で不貞の証拠と認められるためには「ラブホテルの出入りの証拠写真」または「浮気相手宅への出入りの複数回の証拠写真」が必要となるからです。

浮気現場

もし1日だけの浮気調査を依頼した場合、浮気調査の相場は3~10万円前後と言われています(ただし、調査員の人数や調査時間で料金は異なります)。

また、1日の調査で調査結果を出すためには、確実に浮気相手と会う日を特定する必要があります。

非常に多い失敗例としては、パートナーが「飲み会で遅くなる」と言った日を浮気相手と会う日だと思って、1日だけの調査を依頼したところ、本当に上司と飲みに行っただけだった、などのパターンが挙げられます。

たとえ、浮気をしていたとしても、浮気相手と毎晩のように会っているのではなく、週に1回しかデートをしていない可能性も考えられます。

明らかに怪しい日があり(週末になると必ず出張に行くなど)、ピンポイントの浮気調査でも自信がある場合は、1日の調査でも良いかもしれませんが、狙いを定めにくいようであれば、短くとも1週間程度の調査期間が必要だと考えましょう。

調査場所

また、1日のスポット調査でパートナーの浮気が発覚しても、浮気相手の素性を知ったり、ラブホテルに長時間滞在をした場合に、調査時間内で浮気の証拠を取りきれないことがあります。

裁判で使える浮気の証拠は、ラブホテルなどに入った場面と出てきた場面、その両方の写真が必要です。

結局、延長料金が発生してしまい、予定していた以上の金額が掛かってしまうこともあります。

また、不貞の証拠が1回だけでは、裁判で証拠能力が弱いと判断されることがあります。

もし、離婚を前提として、慰謝料請求も行いたいのであれば、複数回の浮気の証拠が撮れる1週間程度の調査をおすすめします。

1週間の料金相場は?

調査期間が1週間の場合、週末の金曜日・土曜日・日曜日の3日間を中心とした浮気調査が行われることが多いと言われています。

また、調査は夕方18時前後から早朝の5時ぐらいまでの時間帯が多く、この時間帯が浮気相手と会う可能性が高い時間帯です。

1週間の料金相場は、トータルでどれくらいの時間を調査してもらうのか?で、大きく異なります。

例えば1週間でトータル20時間の調査であれば、30~40万円程度が相場です。

1週間は、完璧な証拠を掴むための期間としては、そんなに長くありませんが、下調べをしっかりとして集中的に調査を行うことで、濃い調査結果を得られる場合もあります。

パートナーの浮気に関する事前の情報が少なければ少ないほど、浮気調査の期間は長引いてしまいます。

  • 単身赴任などで、いつ浮気をしているか分からない
  • 本当に浮気をしているのか?も分からない
  • 浮気の具体的な情報が全くない
  • 調査対象のパートナーが非常に用心深い

このような状況では、1週間以上の期間が必要です。

なお、探偵事務所のホームページでよく見かける1週間あたりの費用は、大半が人件費ですが、以下の費用も別途必要です(探偵事務所や料金プランによっては含まれていることもあります)。

●着手金(基本料金)
●報告書作成費用
●その他経費(車両費・機材費など)

尾行

1ヶ月の料金相場は?

1ヶ月の浮気調査をしたとしても、30日間、毎日24時間の調査を行うことはありません。

調査を行う日は週末や祝日(または祝日の前日)など、イベントがある日を狙って調査することが大半です。

もちろん、浮気調査をしていない日数分の料金まで取られる心配はなく、あくまで調査をした分のみが、費用として発生します。

そのため、どれくらいの料金なるか?は、ケースによって大きく変わります。

仮に、金・土・日の週末に絞り、1日6時間の調査を1ヶ月(4週間)に渡って行ったとすれば、相場は大体120万円前後になります。

調査員の数は、調査対象者が滞在している建物の出入口の数、調査対象者の性格(用心深さ)など、調査状況によって異なりますが、たとえ同じ状況でも探偵事務所によって作戦が違い、人数の差も出てきます。

調査料金をできるだけ抑え、浮気の証拠もしっかり取るには、かなり細かい調査プランを立てられること、証拠を確実に入手できる調査技術があること、調査実績が豊富なこと、などの条件を満たす優良な探偵事務所探偵社に依頼しましょう。

また、パートナーが浮気をしていた場合は浮気の証拠を、していなかった場合も「していない」と裏付ける報告書が提出されます。

少しでも費用を抑え、浮気調査を依頼するためには?

ここまで、1日、1週間、1ヶ月と、それぞれの浮気調査期間に対する費用の相場をお伝えしました。

長期間の浮気調査を依頼すれば、それだけ証拠を掴める可能性は高くなりますが、なるべく費用を抑えたい方は「調査日の絞り込み」をしておくことが重要です。

浮気相手と会う日や曜日が分かっていれば、ピンポイントで調査をすることができます。

決まった曜日に帰りが遅い、月末は必ず出張に行くなど、日頃からパートナーの行動パターンを把握しておきましょう。

そうすることによって、費用を抑えられるだけではなく、浮気調査の成功率も上がります。

浮気している日が全く分からない場合は、以下のような方法があります。

GPSを仕込む

GPS

本格的に調べるならGPSを仕込む方法があります。

例えば「GPSロガー」という製品があり、これを使えば、パートナーがその日、どんな行動をしたのか?をグーグルマップに表示させることができます。

バッグなどに仕込んでおき、回収してパソコンにデータを取り込むと、その日の移動が分かる製品です。

このGPSを使って調べるだけでも、具体的な行動が分かります。

移動手段の把握

パートナーの移動手段についても、事前に把握して探偵事務所に伝えておきましょう。

・いつも車と電車を併用しているのか
・浮気をしていると思われる日だけ車を使っているのか
・深夜近くになるとタクシーを利用しているのか

など、事前に浮気の際の移動手段を把握できるように、下調べをしておきましょう。

まとめ

最後に、調査期間に関係なく、注意しておきたい点をお伝えします。

例えば、1日の調査を依頼した場合、1日だけで必ず調査結果が得られるとは限りません。

その場合、希望があれば調査時間を延長することも可能ですが、その延長料金は追加で支払うことになります。

また、調査に使う機材、調査で使った交通費など、別料金として追加請求されることもあります。

優良な探偵事務所では、事前に見積書を作成し、料金が追加で発生する場合は、事前に確認の連絡が行われますが、一部の探偵事務所では、確認や報告をせずに、依頼者に無断で追加し、後日請求されることがあります。

後になって困らないためにも、浮気調査を依頼する際には、必ず追加料金が発生する可能性があるのか?などを確かめましょう。

調査資料

いかがしたか?

調査期間や調査費用の目安、調査費用を抑えるコツなどについて、お分かり頂けましたでしょうか?

やはり浮気調査を依頼する際は下調べが重要です。

一人で悩まず、一日も早く真実が分かるように、まずは無料相談から始めましょう。

PICK UP!

優良な浮気探偵事務所を探すならこちら!→
【浮気探偵とは?】オススメの大手浮気探偵事務所ランキング

人気記事ランキングpopularity