浮気調査・不倫調査の料金相場はいくら?|浮気探偵.com

探偵事務所の選び方

浮気調査・不倫調査の料金相場はいくら?

こんにちは、浮気探偵.com編集部です。

今日は、ご主人の浮気に悩むY子さんから相談が来ています。


Y子さん
あの…探偵事務所に依頼しようと決意したんですけど、調査費用がイマイチ分からなくて…

浮気探偵.com
たしかに探偵事務所によって料金体系は異なっているので、分かりにくいですよね

Y子さん
まず、基本的なことから知りたいんです…

浮気探偵.com
はい。では、一緒に見ていきましょう!

浮気調査費用の内訳を知ろう

はじめに、浮気調査に関する費用・料金とは、どの様な内訳になっているのか?を確認しましょう。

探偵の浮気調査料金の内訳は大きく『調査料金』『諸経費』『その他』の3つに分けられます。

調査料金とは

調査料金とは、主に探偵調査員が浮気調査を行うために必要な「人件費」を指します。

算出方法は、以下の様になります。

CHECK!

調査料金の算出方法

【調査員の人数】×【調査にかかった時間】×【調査員の時給】

探偵事務所によって、調査員の時給や調査員の人数には差があります。

しかし、基本的には上記の算出方法なので、もし探偵社からの見積もりに不明点やあまりにも高額だと感じる場合があれば、各項目の詳細や価格を確認しましょう。

また、調査料金には、調査に付随する「早朝深夜割り増し」や「危険手当」なども含まれます。

詳しく確認していきましょう。

早朝深夜割り増し

浮気調査、深夜早朝

早朝深夜割り増しとは、文字通り、早朝から深夜に渡る張り込み等を必要とする場合に発生するプラスαでの人件費です。

当然ですが、浮気調査は日中だけ行われるものではありません。

むしろ、夜中から早朝にかけて調査が必要になる場合が多々あります。

例えば、夜中にラブホテルに入った対象者が朝になってから出て来た場合、張り込み調査は深夜から早朝にかけての調査に対して必要です。

危険手当

追跡調査や張り込みを行う際に、通常と比較して危険な環境で調査を行わなければならない場合に発生します。

事前に調査場所が想定されていれば見積もりに加算されます。

調査後に加算されており、気になる場合は、どのような状況だったのか?を確認しましょう。

諸経費とは

諸経費とは、調査に当たって発生する、

  • ・交通費
  • ・宿泊費
  • ・出張費
  • ・通信費
  • ・機材費
  • ・車両費

などの「人件費以外の必要費用」のことを指します。

以下で詳しく確認しましょう。

通費、宿泊費

調査員は、調査期間中に、車はもちろん、電車や地下鉄、バス、バイク、自転車など様々な交通機関や交通手段を使って、対象を追尾し、徹底的に調査を行います。

そのような追尾に当たって発生する経費が「交通費」です。

また、遠方の調査地で張り込んで調査が必要な際は、現地での「宿泊費」も必要となります。

調査対象者が浮気や不倫を行う場所によって大きく変動する諸経費と言えるでしょう。

出張費

例えば、調査地が「出張先」などの遠方で、複数日の調査が必要になる場合は、交通費や宿泊費とは別に「出張費」が必要です。

調査地が探偵事務所のある近隣であれば、出張費などは発生しませんが、依頼した探偵事務所の支社のないエリアや、調査が海外に及ぶ場合などは、別途出張費が発生します。

日本全国に支社を置いている大手探偵事務所であれば、この「出張費」が掛からない、もしくは少額で済む場合もあります。

車両費

浮気調査 交通費 車両代

その名の通り、調査に当たって、車を使った際に発生するガソリン代、駐車場代金などです。

このような諸経費は、探偵事務所によっては、あらかじめパック料金(後述)に含まれている場合が多いため、調査地がどこになるかわからない、調査期間がどの程度になるか分からない場合は、パック料金での調査を検討しましょう。

書類作成費

浮気調査 証拠 報告書最終的な報告書の作成費用です。

これは、依頼者本人に見せるだけではなく、離婚を選択した場合、裁判所等に提出することもできます。そのため、裁判で勝てるレベルにまで分かりやすくまとめられています。

証拠となる写真や画像、映像の資料が添付されている場合は、それらが鮮明であり、双方の顔がハッキリとしていることが重要です。

この調査報告書の内容は、探偵社によって大きく異なるので、浮気調査の依頼前に報告書内容の確認やサンプルの確認を必ず行いましょう。

3つの料金体系と調査料金相場

ここまで、浮気調査には主に調査料金と諸経費があることと、それぞれの内容について確認してきました。

続いては、探偵社で採用されている3つの調査費用体系についてお伝えします。

全国に1,000社以上もある探偵事務所ですが「調査料金が全国的に統一されていない」ため、注意が必要です。

探偵社によって、調査に当たる人数(チーム体制)や時給が異なるだけではなく、パック料金など、そもそもの料金システムも異なります。

しかし、調査会社や探偵事務所は、多くの情報を開示することで可能な限り調査を明瞭化させ、利用者に余計な精神的負担を抱かせないように努めています。

調査料金も開示情報の一つであり、信頼できる探偵会社ほど、料金を明確に提示し、契約以外の料金や高額な追加料金が発生しないことを約束しています。

それでは、各調査料金体系の特徴を見ていきましょう。

①時間料金型とその相場

浮気調査 費用 料金 時間ごと最も基本的な調査料金体系は、調査員が実際に調査した時間をもとに、1時間あたり◯円と料金を決定する「時間料金型」です。

他の料金体系に比べて分かりやすく、探偵社のWEBページに掲載されている料金は、ほとんどがこの「時間料金型」と言えます。

ただし、あくまでも調査員の稼働に対しての費用で、諸経費や書類作成費が別途必要になることは覚えておきましょう。

ちなみに、一般社団法人東京都調査業協会によれば、探偵業界の平均単価は以下の通りです。

    CHECK!

    1時間当たりの平均調査料金

    2名1時間で15,000円〜20,000円程度 *参考:一般社団法人東京都調査業協会

     


    Y子さん
    なるほど、調査をする人数と時間が基本となるんですね。

    浮気探偵.com
    はい。人数×時間を基準とする探偵社が多いですね。

    Y子さん
    調査員の人数を減らせば、調査料金は安くできますか?

    浮気探偵.com
    そうですね、場合によっては割安にできます。

    浮気探偵.com
    しかし、各探偵社は調査前の事前面談を通じて、適切な人数の調査員を配置しているため、価格を抑えるためだけに、調査員の人数を減らすことはお勧めできません。

    浮気探偵.com
    手薄な状態で調査をして成果が上がらなければ、調査そのものの意味がなくなってしまいますので。

    Y子さん
    確かに…。まずは調査料金の基本が分かってホッとしました。

    浮気探偵.com
    良かったです!続いて、調査時間が長引く際にオススメの「パック料金型」を見ていきましょう!

    ②パック料金型とその相場

    上述の通り、調査にかかる費用は、

    • ・調査員の人数
      ・調査にかかる総時間
      ・対象者のいる場所
      ・調査方法

    などによって大きく異なります。

    特に、調査員の人数×時間が一般的な料金体系において、調査に掛かった「総時間」は費用に比例するので、非常に重要なポイントです。

    仮に、1週間の調査期間が必要だとすると、通常の時間料金型では高額になってしまいます。

    そのような金銭的負担を軽くするために、時間ではなく期間で調査料金を設定した「パック料金型」という調査料金体系が人気を集めています。

    あくまでも仮の価格算出ですが、1週間の調査期間が必要と仮定し、時間料金型との価格差を見てみましょう。

    CHECK!

    基本となる時間料金型で1週間の調査を行なった場合(2名で行った場合)

    約112万円 *時間料金型の平均価格2万円×8時間×7日間で算出

    CHECK!

    1週間のパック料金で調査を行なった場合

    約50万円~70万円 *各探偵社、調査内容によって変動あり

    このように調査内容や期間によっては倍近くの価格差が出てしまいます。

    ターゲットの情報が少なく、浮気の全容をしっかりと調査するために、どれだけの時間が必要なのか?が分からない場合にオススメできる料金体系です。

    ただし、パック料金は各探偵事務所によって、大きく異なるので、事前に必ず問い合わせをしておきましょう。

     


    Y子さん
    なるほど…。時間が掛かる場合はパック料金型の方が良いんですね。

    浮気探偵.com
    はい、時間計算で費用が嵩まないため、割安で依頼できる点が大きなメリットです。

    Y子さん
    自分ではパック料金にすべきか分からない時はどうしたら良いですか?

    浮気探偵.com
    探偵社との事前面談で相談してみましょう。

    浮気探偵.com
    浮気調査の半数以上は5日以内に調査が完了しているため、過去の事例から負担費用額の少ない最適な調査内容を提案してくれます。

    Y子さん
    それは助かりますね。

    浮気探偵.com
    パック料金は探偵事務所によって、料金や内容が異なるので、しっかりと比較してくださいね。

    ③【費用軽減】成果報酬型

    浮気調査 成功 報酬3つ目となる「成功報酬型」とは、調査依頼の契約時に着手金を支払い、調査が成功した時に初めて成果に見合った報酬を支払う料金体系です。

    調査結果として成果がなければ、成功報酬の料金を支払う必要がないため、お得な料金体系と言えます。

    しかし、成果報酬型では、調査料金の支払いに関してトラブルの可能性があるので注意が必要です。

    調査の何をもって「成功」とするのか?

    その定義について、依頼者と探偵社との間で認識のズレが発生することが多く、たとえば依頼者は「浮気の事実を明らかにすること」を成功の定義していても、調査の結果、対象者が浮気をしていなかった場合、探偵社は調査をしっかりと行い、その結果を提示しているので、成功と見なします。

    「何も証拠が掴めなかったのに成功とは言えない!失敗でしょ」「きちんと調査を行いましたが、浮気の兆候はありませんでした!成功です」

    認識のズレに関しては、どちらにも過失があるとは言えません。

    だからこそ、ほとんどの探偵社では事前に認識のすり合わせを行ってくれますが、成功についての認識共有をはぐらかされ、とにかく調査へ移行しようとする探偵社には注意が必要です。

    最悪の場合、ほとんど調査せずに「あやしい行動はなかった」と成功報酬を請求してくるので、依頼前の事前相談で、何を「成功」と定義するか?をしっかり擦り合わせておきましょう。

     


    Y子さん
    なるほど、調査料金のパターンについてよく分かりました。

    Y子さん
    3つの調査料金パターンに諸経費などが加わって見積もり料金が算出されるんですね!

    浮気探偵.com
    その通りです。ただし、書類作成費などの諸経費は探偵各社によって千差万別です。

    Y子さん
    そうなんですか?

    浮気探偵.com
    はい、決まった費用体系はなく、それぞれの探偵事務所に委ねられています。

    Y子さん
    では個別に問い合わせが必要なんですね?

    浮気探偵.com
    はい。何社か問い合わせをして、比較検討することを推奨しています。

    まずは無料相談で問い合わせ


    Y子さん
    比較のために問い合わせをすると、料金などが発生しますか?

    浮気探偵.com
    いいえ、調査依頼の契約前に料金が発生することはありません。

    浮気探偵.com
    大手探偵事務所は「無料相談」を設けており、契約前であれば何度相談しても料金が発生しません。

    Y子さん
    「無料」というからには本当にタダなんですよね?

    浮気探偵.com
    その通りです!順を追って無料相談の方法を見ていきましょう。

    電話で無料相談

    探偵事務所に電話で相談し、簡単に料金体系や調査方法、調査期間などを確認する方法があります。

    ほとんどの大手探偵事務所にはフリーダイヤルが設けられているので、通話料を気にすることなく、相談することができます。

    また、電話は匿名でも受け付けています。

    ただし、探偵事務所によっては、24時間いつでも電話相談を受けているわけではないので、事前に対応時間を確認しておきましょう。

    メール、チャットで無料相談

    最近は、LINEなどのチャットで相談できる探偵事務所も増えています。

    チャットであれば、思い付くままに話をすることができ、考えがまとまっていない人でも使いやすい便利なサービスです。

    ただし、こちらも24時間体制ではない探偵事務所が多く、書いたり消したり、じっくり考えて相談したい場合はチャットよりもメールの方が良いでしょう。

    訪問して対面で無料相談

    調査料金は、ケースバイケースで、調査期間や調査内容(調査員数など)によって費用は変わります。

    じっくり話を聞きながら費用の詳細を知りたい場合は、対面での相談が最もオススメです。

    また、探偵事務所の場所が自宅から近くない場合や探偵事務所へ出入りしていることを他人に見られたくない場合は、近くのカフェなどに来てもらうことも可能です(探偵社によって出張相談の可否は異なります)。

    対面相談は、事前の予約が必要なので、日程調整をしてから行く・来てもらうようにしましょう。

    調査費が高額になる理由と注意点


    浮気探偵.com
    ところでY子さん、どの探偵事務所に依頼するにしても、できれば調査料金は安く抑えたいですよね?

    Y子さん
    はい、もちろんです。

    浮気探偵.com
    では、調査料金を安く抑える為に、料金が高くなる理由と注意点を確認していきましょう!

    「最低調査時間」に注意

    浮気調査で気をつけたいポイントの1つが「最低調査時間」です。

    これは、追加料金等とは異なり、全ての調査で掛かる料金です。

    探偵会社によって、調査料金に差が出てしまう部分なので必ず確認しておきましょう。

    仮に、Y子さんがA社とB社を検討しているとして、最低調査時間の差による調査料金の違いを比較してみます。

    最低調査時間の違いよる調査料金 *1時間20,000円の場合

    A社:最低調査時間4時間×20,000円=80,000円

    B社:最低調査時間8時間×20,000円=160,000円

     

    A社もB社も、時間単価は同じですが、「最低調査時間」が異なるため、料金に2倍の差が出てしまいます。

    このように、調査料金に大きな差が出る部分なので、依頼を検討している探偵社に、最低調査時間の設定があるか?をしっかりと確認しましょう。

    ただし、浮気相手の素性や複数の証拠写真が必要な場合は「最低調査時間」で調査が終わることは、ほとんどありません。

    「繰り上げ時間」に着目

    また繰り上げ単位も重要な要素の1つです。

    延長による調査時間の繰上げ単位は、探偵会社によって30分~3時間と開きがあります。

    こちらも、Y子さんが5時間の基本調査を依頼後に、25分の延長をした場合の、繰り上げ時間の違いによる調査料金の差を比較してみます。

    繰り上げ時間の違いよる調査料金 *1時間20,000円の場合

    A社(最低繰り上げ時間30分):20,000円×5時間+最低繰り上げ30分=総額110,000円

    B社(最低繰り上げ時間3時間):20,000円×5時間+最低繰上げ3時間=総額160,000円

     

    A社もB社も、時間単価は同じにも関わらず、繰り上げ時間料金の差で実質2.5時間=5万円もの調査料金の差が出ることになります。

    このように、単に時間単価だけではなく、探偵料金の細かい決まりごとを確認しておく事が重要です。

    調査料金が高ければ必ず良い結果が出るのか?

    見積もりを取って、あまりに安い場合は注意が必要です。

    広告費などのコストを削減しているようなら問題ありませんが、調査自体でコストを削減している場合があります。

    例えば、調査員は2名と謳っているにも関わらず実際には1名で調査するケース、報告書は口頭での報告のみで写真を数枚だけを渡して終わるケース、調査員に素人のアルバイトを雇っているケースなど、調査や報告が手抜きになる可能性も否めません

    目先の料金だけに囚われず、実際に相談を行った際の印象や調査料金に対しての詳細な説明を基に、総合的に依頼先を判断するようにしましょう。

    まとめ


    Y子さん
     浮気調査の費用感について、とても勉強になりました!

    浮気探偵.com
    よかったです!ただし、探偵事務所によって異なる項目が多いので事前確認は欠かさないように気をつけてくださいね。

    Y子さん
    事前に聞いておいて良かったです。

    浮気探偵.com
    できれば、2〜3社を比較してから調査依頼先の探偵事務所を決めていただくことをお勧めします。

    浮気探偵.com
    調査依頼を検討している方にご協力頂いて、各探偵社に無料相談を行なった結果のレポートもまとめていますので、事前相談の参考にしてください。

    Y子さん
    はい、参考にして比較検討してみます。

    浮気探偵.com
    費用だけでなく、様々な点からY子さんに合った探偵事務所を見つけてくださいね!

    Y子さん
    はい、ありがとうございます!

    人気記事ランキングpopularity

    ページの先頭へもどる