実録・妻の浮気

【妻の浮気】大学へ通い出した妻が大学生と浮気

こんにちは。浮気探偵.com~浮気成敗コラム~です。本日は、学校に通い出した妻の浮気を、妹から聞かされた夫の体験談をお伝えします。まずは登場人物の紹介です。

登場人物
・私 20代後半
・妻 20代半ば
・妻の浮気相手の学生 21歳
・妹 21歳

妻の浮気 大学に通い始めた妻が学生と浮気!

大学

妻の浮気が発覚した時、私たち夫婦は、まだ結婚1年目の新婚でした。

まさか、自分の妻が浮気をするなんて…。そんなことを考えたこともなければ、幸せな結婚生活がこんな短い期間で終わってしまうかもしれないことも予想していませんでした―。

妻との出会いは職場でした。

社交的な性格の妻は、1人でいることが苦手と言うか、退屈に感じるタイプで、一方の私はプライベートの時間は自宅でゆっくりしたいタイプでした。

妻とは正反対のように思えますが、お互いにない感覚を補えているような気がして、相性は決して悪くなかったと思います。

結婚は付き合ってから1年後。その少し前から同棲をしていたので、結婚したからと言って、大きく変わることはないと思っていました。しかし、結婚を機に妻はスッパリと会社を退職しました。

理由は「扶養に入れるし、社会人になってから、しっかり勉強しておけば良かったと感じているから」だそうです。

その言葉が本当だったと思えるほど、結婚してから、妻は自宅で必死に勉強し、大学受験に挑戦しました。私も社会人になってから「学生の時に、もっとまじめに勉強しておけば良かった」と思うことが多々あるので、妻の大学受験を応援していました。

受験に合格してから輝きを増した妻

桜

猛勉強の成果が実り、妻は第一希望の大学に合格しました。

入学金や年間の授業料は、私の稼ぎや妻の貯金だけでは厳しかったので、妻の両親に支援してもらいました。妻の両親も、妻の受験には大賛成で、どうやら私と付き合う前から、学歴コンプレックスみたいなものを強く感じていたと、妻のいない時に、こっそりと教えてくれました。

25歳で大学生になる妻は「18、9の子たちと混ざったら、浮いちゃうよね~」なんて笑って言っていましたが、もともと童顔だし、社会人入試で入学した人もいるだろうし、必ずしも同学年の人だけで授業を受けるわけでもないし、「大丈夫だよ!」と励ましていました。

学校に通うようになってからは「単位」とか「履修」とか「ゼミ」とか「サークル」とか、いろいろな言葉について、説明を求めて来ました。

懐かしい響きばかりで、一緒に授業のスケジュールを決めることさえも、とても楽しく、私も学生に戻りたい気持ちになりました。

授業が本格的に始まってからは、夕飯の支度をしながら、テキストに何かを書き込んだり、ノートを開いてブツブツ言ったり、若い人たちに負けないように、一生懸命頑張っているように見えました。

食事中も、寝る前も、授業中やゼミやサークルでのエピソードを楽しそうに披露して、以前よりも妻がイキイキと輝いているように思いました。

留守でカップ麺だけ置かれていることも

カップ麺

夏休みになる前までは、これと言って変わった様子はありませんでしたが、夏休みに入ってから、妻の様子に違和感を持つようになりました。

妻が通っている大学は7月中旬から8月いっぱいまで休講で、その間、他の学生は帰省をしたり、バイトに励んだり、勉強とはまた違う時間を過ごしていることが多いと思いますが、妻は夏休み期間も学校に通い続けていました。

「私はみんなほど優秀じゃないから、学校の図書館で勉強しているの」

妻はそう言っていましたが、帰りの時間が、私の帰宅時間よりも遅くなることがあり、時には一度帰って来たのか、通学する前に用意したのか分かりませんが、帰宅するとテーブルにカップ麺だけが置かれている日もありました。

一度や二度なら「こういう日もあるだろう」と思うでしょうが、週に2度くらいのペースでカップ麺の日があり、それは夏休みいっぱいまで続きました。

「そんなに忙しいの?」

率直に疑問をぶつけた時もありますが、「テストもあるし、せっかくだから資格だって取りたいし」と言われると、何も言えません。

勉強しない子供に「学費を出しているんだ、勉強しろ」と言う親ならまだしも、勉強する妻に「学費は親が出しているんだろ、勉強するな」と言う夫はいないでしょう。

応援するしかないのかな…と思考を切り替えようとしていたのですが、後期の授業が始まった頃、妹から電話があり、妻について意味深に聞かれました。

妹が教えてくれた妻と大学生の怪しい関係

私には弟と妹がいて、弟は24歳の会社員、妹は21歳の大学生です。

2人とも私たち夫婦と同じ市に住んでいるわけではないので、めったに会うことはありませんが、妹が通う大学と妻が通う大学は交流が盛んらしく、私に電話をして来て、いろいろと妻のことを質問してきました。

「〇〇さん(妻)って、大学行くようになってから帰りが遅いとかある?」「毎晩、お兄ちゃんが帰る時間には家にいる?」「サークルに入っていること知ってる?」「誰と仲が良いとか聞いてる?」

私が答える前に次々と質問をしてくるので、途中で質問を遮り「なんでそんなこと聞くんだ?」と尋ねると「噂って言うか、いろいろと〇〇さん(妻)のことを聞くから」と言い出しました。

妹が言うには、妻は入学当初から「他の同級生より7歳年上」という理由だけで、少し目立っていたと言います。決して悪い意味ではなく、18歳の子たちにとって「接する機会の少ない年代だから珍しいんだと思う」とのことです。

だから、妻の行動や発言は、他の子たちと比べて広まりやすく、妹が聞いた話によると、夏休みの少し前から、妻は同じ大学に通う2つ上の先輩(とは言っても、妻の4歳下=妹とは大学は違うけれど同じ学年)と怪しい関係にあるらしい、と噂になっているそうです。

妹曰く、妻は大学の人たちに人妻であることを隠しているそうです。妹も、義理の姉であることは誰にも言っていないそうです。

「でね、見た人がいるの、しかも、いっぱい。私の学校の子も見てるし、〇〇大(妻が通う大学)の子も見てるし、なんかね、その人の家に入り浸っているらしいよ」

「男の方?話したことはないけど、顔は知ってる。真面目そうって言うか、おとなしそうな人だから、〇〇さん(妻)がたぶらかしてるって評判で」

「え?勉強を教わってる?絶対に違うと思う。言いにくいけど、別の場所でも見られているの。〇〇さん(妻)が貢いでいるって噂もあるくらいだし」

妹に、男子学生のことを詳しく教えて欲しい、と言うと「学校が違うから分からないけれど、調べようか?学生の調査能力、すごいから!」と自信ありげに快諾してくれ、「お母さんには言わないでおくから、今度、口止め料払ってね」と言われました。

学生で自由の身の妹には、深刻さがないのでしょう。学生の「付き合った」とか「別れた」とか、とは次元が違うので、理解ができてなくても無理はありません。しかも、自分で口止め料の話をしておきながら、すぐに口を滑らせたようで、その日のうちに母から心配する内容の電話がありました。

妻には言えないまま時間だけが過ぎ…

妹から次の連絡があったのは、2日後でした。

「〇〇さん(妻)には言ってないよね?私から聞いたって絶対に言わないでよ」

自分は母親に告げ口したくせに…、と言いかけましたが、貴重な情報を失いかねないので、ぐっと我慢しました。

「メモできる?私、今からバイトだから、名前、住所、電話番号、LINEのID、学生番号の順に言うよ。1回しか言わないから、ちゃんとメモってね」

それから妹は、男の個人情報を早口で捲し立て、最後に「複数の人が、彼から聞いた話として、〇〇(妻)さんと彼は付き合っているらしい。結婚していることを知っているのか?までは調べられなかったけど。今日はここまで。じゃあね」と、核心に迫る情報まで付け加えてくれました。

私の違和感とは比べ物にならないほど、ずっと信憑性のある情報に大きなショックを受けました。

複数の人から証言を取っているのであれば、妻の浮気は事実でしょう。しかも、相手は学生です。既婚者であることを本当に(付き合っている学生にも)隠しているのであれば、相手も被害者だと言えます。

でも、もしかしたら、学校では隠していても、付き合っている男にだけ伝えている可能性だって考えられます。

後日、妹から「やっぱり付き合っている。確実な情報」と、新たな目撃情報や同級生たちの証言を得ることができましたが、肝心の妻には何も言えていません(言ってしまうと、すぐに離婚されそうで怖いです)。

ただ、このまま2人を野放しにしておくつもりもありません。

慰謝料を請求するなどして、妻にも学生にも事の重大さを気付かせようと思うのですが、そもそも学生に慰謝料を請求できるのでしょうか?請求できたとしても現実的な方法なのでしょうか?

必然的に離婚のことも考えなければならないと思うと、途端に憂鬱になってしまい、何も前に進められない状況です。

 

<浮気探偵.com編集部より>学生へ浮気の慰謝料請求は可能?

支払い

今回の体験談は編集部の中でも「旦那さんを生活費としか考えていないから即離婚!」と考える人もいれば、「まだ付き合ってから1ヶ月程度だから話し合えば大丈夫」と考える人もいて、捉え方は様々でした。

たしかに奥さまは、(言葉は悪いですが)浮かれているだけに思えますし、その学生も彼女の一生を背負うほどの覚悟は備わっていない気がします。

慰謝料の請求については、まず「男子学生が奥さんのことを既婚者だと知っていたのに付き合っていた」ことが前提で、妹さんが言うように、学校での振る舞いと同じく、奥さまが男子学生にも秘密にしていた(男子学生も知らなかった)のであれば、慰謝料の請求は難しい状況です。

仮に、男子学生が「既婚者であることを知っていた」とすれば、相手が学生であっても、浮気の慰謝料を請求することは可能です。

ただし、学生を含む未成年者の多くは、収入が少なく、たとえアルバイトをしていたとしても、資力に乏しいと考えられ、慰謝料の支払い能力がない場合は、親からの援助・長期の分割などを視野に入れることになります。

なお、浮気相手が学生だろうと、社会人だろうと、慰謝料の金額に影響を及ぼすことはありません。

今回のケースでは、まだ奥さまに「浮気の件を知っている」と伝えていません。

離婚を検討する・しないに関わらず、後になってから「夫側に離婚原因があった」と、虚偽の離婚理由を言われないように、裁判でも有効な浮気の証拠(離婚理由が妻側にある証拠)を、先に確保しておくことが大切です。

離婚 or 復縁の結論は、証拠を見てから出しても遅くはありません。

多くの探偵事務所が男性でも相談しやすい工夫をしているので、無料相談だけでも利用してみましょう。

人気記事ランキングpopularity