実録・妻の浮気

【妻の浮気】レストランデートを目撃して即離婚!

こんにちは。浮気探偵.com~浮気成敗コラム~です。本日は「実録・妻の浮気」として、妻の浮気が原因で、離婚を決断した男性の体験談をお伝えします。

登場人物
・自分 20代後半
・妻 20代後半
・妻の浮気相手 妻の職場の同僚

妻の浮気 レストランデートを目撃して即離婚!

災い

妻とは2年の交際期間を経て結婚しました。

妻は自分と付き合う前に交際していた彼氏に浮気をされた経験があり、両親も離婚をしているため、精神的に少し安定感に欠け、付き合っている当時からも「絶対に浮気はしないでね」と口癖のように何度も繰り返していました。

プロポーズも「自分から覚悟を決めて」と言うよりは「妻のプレッシャーに負けて」と言うのが正直なところです。もちろん、好きで結婚したことに違いありませんが、ちょっと弱いと言うか、人に依存する部分があるな、とは心のどこかで思っていました。

自分たちは子供がおらず、共働き。別々の職場で働いていました。妻の方が早く仕事が終わるので、先に自宅へ戻り、夕飯の支度をしてくれています。たまに金曜日は、どこかで待ち合わせをして外で食事を楽しむこともありました。

そんな生活が3年続きました。

遭遇してしまった!妻と男のレストランデート

レストラン

しかし、3年が過ぎた頃から、妻は残業が増え、帰宅時間が遅くなりました。

日頃から仕事の話は聞いていましたが、ほとんどが上司や後輩に対する愚痴で、いつが繁忙期とか、ワークバランスとか、残業手当の有無とか、詳しいことまでは分かりません。

ただ「忙しいから残業になる」と言われる日が続き、夕飯は別で食べることが当たり前になって来ました。コンビニで弁当を買ったり、スーパーでカップ麺を買ったり、牛丼屋やラーメン店に寄る日だってありました。

似たようなものばかりだな。栄養バランスも悪いし…。

ある日「いつもとは違う雰囲気で、違うものを食べたい」と自宅から離れたレストランへ行ってみることにしました。

オシャレな雰囲気のレストランを見つけ、カウンターに1人席もあったため、その店に入ると、偶然にも妻が男性と食事をしていました。相手の男性はスーツ姿で、妻もリラックスしている表情でした。仕事終わりに同僚と寄ったのだと思い、声を掛けようとしたのですが…視界に入ってしまったんです。

テーブルの下で繋いでいる二人の手を。

すぐに、妻の浮気を確信しました。あれだけ自分には浮気をするなと言っておきながら、浮気をするなんて…!

「どうして?」と思う気持ちと強いショックで、しばらく身動きできませんでした。

そして二人は離婚

離婚

通されたカウンターの席に座り、考え続けました。

見て見ぬフリはできない。
後から問い詰めても言い逃れをされる。

考えれば考えるほど、今この場で突撃すべきだと思い、乗り込む前に手繋ぎ場面をスマホで撮影し、念のために自分のPCメールにも写真を転送してから乗り込みました。

「どういうこと?」

妻の前に立ち、いきなり切り出すと、妻は一瞬だけ驚いた顔をしてから「彼は会社の同僚の△△さん」と、丁寧に名前まで教えてくれました。たまたま同じ時間に仕事が終わったので、一緒に食事をしてから帰ることにした、のだと。

まるで、こうなることを予測していたかのように、スラスラと嘘を言う妻に驚くとともに、いつも言い訳を用意しながら会っていたのか思うと、悲しくなりました。

手を繋いでいる写真を二人に見せ、説明を求めると、妻は何とかシラを切り通そうとしましたが、彼は騒ぎを大きくしたくないのか、不倫関係であることを自白しました。聞けば半年ほど付き合っているそうです。

彼は未婚で、二股などではない、とまで言いました。自分には彼の事情なんて、どうでもいいことです。

彼には帰ってもらい、妻に説明を求めると「あなたに浮気をされるのが怖くて、浮気をしてしまった」と言います。誰がどう聞いても理解できない言い訳でしょう。

離婚をすることに迷いはありませんでした。

妻は、浮気をしてしまったけれど、まだ好きだから離婚はしたくない、と言っていたのですが、浮気相手の彼の言葉から、真剣に交際していたことは間違いなさそうで、離婚をしなければ今後も浮気をされるのは火を見るより明らかです。

最後まで妻は離婚に納得してくれませんでしたが、最終的に証拠があること、これ以上拒むなら裁判をして、妻と彼に慰謝料を請求することを伝えると、しぶしぶ離婚を承諾しました。

マンションは二人名義で購入していましたが、彼に慰謝料を請求しない代わりに、自分だけの名義にして、すぐ出て行ってもらうことにしました。離婚をして追い出したところで、彼と一緒に暮らすことは目に見えていたので、躊躇なく出て行かせました。

それから1年後の現在。

あの時、深く傷つき、悲しみに暮れていたのがウソのように、自分は友人を通じて、新しい人と出会い、結婚まで決まっています。はっきり言って、幸せです。

元妻である彼女は、例の彼氏と別れたようですが、自分には全く関係ありません。どうなっても構わないので、自分の前には現れないで欲しいとだけ思っています。

 

浮気は突然やってくる!浮気防止策をチェック

自然災害などの災いと同じように、浮気などのイザコザも兆候ナシで突然やってくることがあります。

心の準備ができていてもイヤでたまらないことなのに、何の前触れもなく起きてしまったら…。冷静に写真を撮影して、消されないようにデータを転送しておくなんて、ほとんどの人ができないことだと思います。

「備えあれば憂いなし」は災害だけじゃなく、浮気にも共通します。

パートナーの些細な変化を見逃さないために、簡単なところから始めてみましょう。

浮気防止

 

人気記事ランキングpopularity