実録・妻の浮気

【妻の浮気】開けてしまったパンドラの箱~実録~

こんばんは。
浮気探偵.com編集部です。

人生は簡単ではないもので、必ずしも浮気の発覚=離婚となるわけではありません。
ある浮気探偵会社の統計によりますと、浮気調査で相手の浮気が発覚した後に、夫婦もしくはパートナーとして、その二人が「やり直す」確率は77%にもなります。

本日は夫婦として、やり直すことを決めた男性の話をお届けします。
夫であるD男さんは、妻・E子さんが部屋に置きっぱなしにしていた古い携帯を見てしまいました。それが、この話の発端です。

【妻の浮気】開けてしまったパンドラの箱

たんぽぽの綿毛

妻が遊びに出掛けることに対して、普段から口出しをしたことはありませんでした。
結婚をしたことが理由で友達と疎遠になってしまうなんて可哀想ですし、妻になったとしても、今までの彼女でいて欲しかったので、遊びに出掛けている日は、洗濯や次の日の支度を自分で行い、帰りが遅くなれば「先に寝ているけれど、気を付けて帰ってくるんだよ。おやすみ」なんてメールまで送っていました。 もちろん妻を信じていましたし、何より愛していましたから…。

ある夜、妻がリビングに携帯を置き忘れて出掛けてしまったことに気が付きました。
これじゃあ、連絡が取れないな…と思ったのも束の間、妻が携帯の機種変更をしたことを思い出し、何気なく古い携帯にあるメールを見てしまいました。

メールの内容を確認すると3日置きくらいに会っている男性がいました。
一度は、別れようとするやり取りも残っていました。しかし、その後も関係は続いているようでした。
その時のショックの大きさは、今でも忘れられません。その先、どうしていけば良いのかも分からず、絶望感が押し寄せて来ました。普段から「お互いに浮気をしたら、即!離婚な」と確認し合っていたものの、いざ現実を目の当たりにしてしまうと、簡単に離婚を切り出すことなどできません。

妻が帰宅をするまでの間、一人で色々と考え続けましたが、答えは見つかりませんでした。許せないほどの苛立ちが募る一方で、妻との時間を思い返してしまうと、ふと笑いが込み上げて、ただ純粋に別れたくない、と思ってしまう自分に戸惑いも感じました。結局、その日、妻は朝6時過ぎに帰宅をしました。

携帯のメールを見てしまったことを告げ、二人でじっくりと話し合った結果、妻は相手との関係を切ることを約束してくれました。別れてしまっては、二度と彼女と笑い合える時間が過ごせないと思うと、これで良かったのだと思います。自分さえ許せば、再び笑い合える日が訪れると信じました。

相手との関係を清算すると言った妻だったが…。

それから一週間が経ち、妻から「話がある」と切り出されました。
「あなたと一緒にいても(浮気相手である)向こうの人のことが気になってしまう」
2時間以上も話し合いをしましたが、妻の気持ちは変わりませんでした。やはり新鮮な方には勝てないのでしょうか…。
最終的には、離婚をする方向でまとまりました。片想いの状態で夫婦を続けていくわけにはいきません。

パンドラの箱を開けてしまったら、その苦しみからは逃れることはできないものだと知りました。
夫婦であっても全てを知ろうとしてはいけないのかもしれません。
知らない方が良いことだって、あるのでしょう。

たんぽぽとてんとう虫

<浮気探偵.com編集部より>

ところが、この数日後、妻であるE子さんに「やっぱり別れたくない」と泣きつかれ、D男さんはその言葉を信じることに決めたそうです。離婚騒動から一転、再び夫婦としてスタートを切ったD男さん・E子さんですが、なんでしょうね…。この残尿感にも似たモヤモヤ感。
丸く収まったはずなのに「めでたしめでたし」ではなく「やれやれ」と口走ってしまうのは、私だけでしょうか?
「夫婦喧嘩は犬も食わない」と言いますが、この飽食の時代、ドブネズミでも食い付かないような、まさかの展開に唖然としました。

それでも、二人で決めたことなら、それが二人にとってベストな結論なのでしょう。
別れたことを後悔するか?
別れなかったことを後悔するか?
人生の結末は、うんと先にならないと分かりません。

パンドラの箱を開けてしまったら、その苦しみからは逃れることはできないものだと知りました。
D男さんが言っていたパンドラの箱とは、神・ゼウスがパンドラに持たせた、災いの詰まった箱です。
パンドラが好奇心から開けてしまい、全ての災いが地上に飛び出しましたが、慌てて蓋を閉じたため、箱の中には希望だけが残りました。

コメント

  1. 加齢臭 より:

    確かにこういうパターンはよくありますね。どういう結論を出すかは依頼者次第です。しかし、頑張って証拠をつかんだのに離婚しないのか?と虚しくなる事が何度かありました。

    1. 浮気探偵.com 編集部 より:

      加齢臭さま

      いつもコメントをありがとうございます。浮気探偵.com編集部です。
      せっかくコメントを頂いたのにも関わらず返信が遅くなってしまい申し訳ございません。(私事ですが、少し長めのお休みを頂いておりました)

      浮気の証拠を掴んだでも、半分以上が夫婦として再生を遂げているとは驚きですよね。
      ようするに「浮気」であって「本気」ではないからこそ、夫婦に戻るのだと思いますが、ほんの少しの遊びのつもりが莫大な慰謝料に繋がることもあれば、本当に大切な人の心身を崩壊させてしまいかねない行為です。
      遊ばれていると気付いた浮気相手が慰謝料を請求するケースもあるので、軽い気持ちで行ってはいけない行為だと思います!

  2. スクイレル より:

    私は夫の浮気を疑ってますが、夫の携帯を見た事がありません。何度も見ようと思った事はありますが、やはり「クロ」が判明してしまうかもしれないという恐怖心から、どうしても見れないのです。男と女の違いなのでしょうか、私はD男さんのように相手を許す事が出来ないと思いますし、それ以前に冷静に話し合う事すら出来ないような気がします。
    きちんと事実が判明しないと、前を向いて進めない事は重々承知ですが、まだその勇気が出ませんね。

    1. 浮気探偵.com 編集部 より:

      スクイレルさま

      いつもコメントをありがとうございます。浮気探偵.com編集部です。
      相手の携帯電話を見てもロクなものが入っていないですからね(笑)浮気が発覚した場合、冷静に話し合うことは本当に難しいことだと思います。心を許している相手だからこそ、つい感情も剥き出しになってしまうと思いますし、暴言だって吐いてしまいかねませんよね。ただ、感情的になって言ってしまった言葉でも離婚調停では、不利になってしまうこともあるので、冷静になれないようでしたら、一度、離れた場所に身を起いて冷却期間を設けることが大切です。
      悶々としている間も、時間だけは皆平等に過ぎてしまうので、スクイレルさまの限りある時間がもったいないと思います!

Comments are closed.

人気記事ランキングpopularity