実録・妻の浮気

【妻の浮気】義父の前で暴露した妻の浮気

こんにちは。浮気探偵.com~浮気成敗コラム~です。本日は「実録・妻の浮気」として、自宅に浮気相手を連れ込まれた夫の体験談をお伝えします。

登場人物
・俺 30代半ば
・妻 30代前半
・妻の浮気相手
・義理の父(妻の父親)

妻の浮気 義父の前で暴露した妻の浮気

離婚
妻とは、元同僚でした。

出会った当初の妻は離婚したばかりのようで「新たな出会いを探している」と言うよりは「結婚は二度としたくない」と口にすることもありました。

そんな妻とは、一緒に外回りへ行く機会が多く、仕事の合間にランチをしたり、直帰の際は飲みに行ったり、少しずつですが仕事を通して距離が近くなっていきました。

踏み込んだ話もできる間柄になったので、離婚の原因を聞くと「元夫のDVだった」と告げられました。それを聞いた時は言葉を失い、なんと慰めて良いのか分からなくなりました。

同僚だけど友人。そんな関係が長く続いていたのですが、ある日、会社の飲み会で妻が酔いつぶれてしまい、俺が家まで送って行ったことがきっかけで、付き合うようになりました。

結婚までの交際期間は1年半です。

結婚と同時に妻は職場を退職し、専業主婦となり、いつか授かる子供のために、そして多忙な俺を支えるために、家事の合間に料理教室へと通い、主婦としてのスキルを磨いてくれていました。

出張で気付いた異変

出張

俺の仕事は、毎月のように出張が発生し、1週間ほど家を空けることが度々ありました。

出張先でも夜には電話やLINEで連絡を取るようにしていたのですが、結婚してから半年もしないうちにLINEの返事が翌朝になることや、電話に出ないことが増えて来ました。

どうして返事が遅れたのか?と聞くと「お風呂に入っていた」とか「ソファーの上で眠ってしまった」とか、適当にあしらうような言い訳をされました。

もし、本当であっても、それがこう何度も続くでしょうか。普段はソファーで眠ることなどない妻が、出張中に限ってソファーで朝まで眠ってしまうでしょうか。

妻の言葉を信じられず、もしかしたら浮気をしているかもしれない…と疑うようになりました。

翌月の出張時には、リビングにカメラを仕掛けて行きました。カメラはペット用の見守りカメラで、友人から貸してもらいました。

普通に置くと分かってしまうので、小さな穴を開けた段ボールの箱に入れて「再来月の出張が海外になりそうで、実家から英語の参考書を持って来た。出張から戻ったら開けるから、それまで触らないで」とリビングの隅に置き、出張へと出掛けました。

このペット用のカメラは音声機能付きだったので、リビングの音声を確認することもできます。

カメラに映る知らない男

カメラ

出張先のホテルで専用のアプリにログインすると、リビングの様子が映し出されました。

そこに映っていたのは、知らない男。妻とソファーの上でキスをして、ただならぬ関係であることは、すぐに分かりました。

録画機能を使って、その一部始終をスマホにおさめます。

本音を言えば出張を投げ出して、すぐにでも帰って妻を問いただしたい気持ちでいっぱいでしたが、浮気の事実を認めさせるためにもグッと堪えて、徹底的に証拠を集めることにしました。

5日間の出張中、男はずっと我が家に立ち寄っていました。そのせいで、想定していたよりも大量の証拠が揃ってしまいました。

義父との食事で全てを暴露!!

食事

証拠が集まったところで、切り出すタイミングを見計らいました。

出張から戻った数日後に、妻の父が上京し、我が家で食事をする機会があったので、この日に義父の前で暴露することを決めました。

義父と共に食事をしながら、妻へ浮気の疑いを持っている話を切り出すと、妻が血相を変えて怒り始め、怒鳴りながら必死に否定しました。

しかし、俺には証拠があります。証拠の動画を見せると、妻は言葉を失い、それでも何か言葉を発しようとしたのですが、その瞬間、義父の怒鳴り声が響き渡りました。

「また浮気をするなんて、お前はどういう神経をしているんだ!」

妻が以前、離婚した理由を「元夫によるDV」と言っていたのですが、本当は妻の浮気が原因だったことも発覚しました。妻は「その話は口にしない約束だったでしょ!」と父親を怒鳴り返していましたが、義父は憮然とした表情で妻のことを睨みつけていました。

修羅場と化した食事会の後、妻には実家へ帰ってもらいました。妻の荷物は後日、引越し業者を使って妻の実家へ送り、その費用も全額請求しました。

証拠を持っているため、妻は否定することができず、妻の両親にも話がすぐに伝わったこともあり、離婚の件はスムーズにまとまりました。

妻との思い出を振り返ると、辛い気持ちになってしまう時もありますが、このまま騙され続けるよりも、離婚で人生をリセットすることができて、本当に良かったと思っています。

 

人気記事ランキングpopularity