実録・妻の浮気

【妻の浮気】ショック!信じていた妻と親友が不倫関係に

こんにちは。浮気探偵.com~浮気成敗コラム~です。本日は「実録・妻の浮気」として妻の浮気を知ってしまった夫の体験談をお伝えします。まずは、この体験談に登場する人物を紹介します。

登場する人物
・俺 30代前半
・妻 30代前半
・俺の親友  J
・息子 小学1年生

妻の浮気 ショック!信じていた妻と親友が不倫

不倫カップル

結婚して今年で10年目。小学生になったばかりの息子と妻の3人で暮らす平凡な男ですが、家族だけではなく友人にも恵まれ、人並みには「幸せな生活」を送ることができていると思っていました。

妻との出会いは大学時代。サークルを通じて知り合い、在学中から付き合い始めました。サークルの中でも目立つ可愛さで、また可愛いだけではなく明るく社交的な性格で友達も多い人でした。大学を卒業し、就職をきっかけにプロポーズ。もっと社会に出て、お金を稼いでから…と思わなかったわけではないですが、早く結婚してしまわないと、彼女を誰かに取られてしまうような気もして、年齢的には早い結婚だったと思います。

同じサークルだったため、共通の知人も多く、とりわけ俺の親友だったJと3人で出掛けることが多々ありました。それは結婚後も変わらず、夫婦になってからも2人だけで出掛けるよりは、Jも誘った方が盛り上がるし、彼女も楽しそうにしていたので、大学時代から3人の関係性は変わることのないままでした。JもJで、自由でいたいから、と特定の彼女を作る様子はなく、結婚には興味がなさそうでした。

子供が生まれ妻は専業主婦に

赤ちゃん

結婚3年目にして、待望の子供が生まれました。子供が生まれる前までは、大学時代のノリのまま、週末に3人でドライブやスノボーに出掛けていましたが、妊娠→出産をきっかけにアウトドアのレジャーは減りました。しかし、Jの家は俺たち夫婦が住む家からも歩いて行ける距離。仕事帰りに家に遊びに来ては、会社の愚痴を言い合ったり、時には息子の遊び相手になってくれたりもしました。

妻は結婚後、仕事を家事を器用に両立し、Jが来た時にも酒の肴を作ったり、上手におもてなしをしてくれて、パーフェクトな奥さんだったと思います。それは出産後も変わりません。保育園で子供がインフルエンザをもらって来た時も、子供の看病をしながら、家事をこなし、さらには帰宅をすると、きちんと夕食が待っていました。それでも、仕事を休んだことを気に掛け、会社の同僚にお詫びの電話をしている姿を見た時に、妻の背負っている荷物を一つ下ろしてあげようと思い、家事と育児に専念できるよう、会社を辞めて専業主婦になってもらいました。

サプライズで帰るとベッドで親友と…

行為

それから何年が過ぎたでしょうか。妻は主婦として、そして母として、何でもミスなくこなし、おかげさまで子供も小学生になりました。そんなある日、妻の体調が悪く、熱を測ると40度ちかくまで上がっていました。休んで看病してあげたかったのですが、プロジェクトの途中でどうしても抜けることができない日だったので、子供を実家へ連れて行き、母に預け、仕事に行くことにしました。

心配だったので、仕事の休憩中に電話をしたものの、留守番電話に繋がってしまい、仕事を終えてからメールをすると、体調不良でずっと眠っていたとのこと。母に電話をすると、久しぶりに孫とずっと一緒に過ごせることが嬉しい様子で「せっかくだから、体調が戻るまで2~3日、預かるわよ」と言ってくれ、息子も「おばあちゃんとおじいちゃんと回転寿司に行って、今から大きいお風呂屋さんに行ってくる」と、声を弾ませていたので、妻の体調が回復するまでは預かってもらうことにしました。

料理ができない俺は、その日、妻の分と2つの弁当を買って帰ったものの、妻は具合が悪くて食べられず、結局、俺が2人分を食べました。翌朝、ずっと寝ていたことが功を奏したのか、妻の熱は下がりました。念のために、今日1日だけ安静にしてもらい、次の日に息子を迎えに行くと母にも連絡し、会社へ向かいました。妻は、朝食も平らげ、完全に回復した様子でした。

この日、抱えていたプロジェクトが予定よりも早く終了し、半日で仕事が終わったので、日頃の感謝の気持ちを込めて、サプライズをしようと、帰りにケーキを購入し、お昼過ぎに自宅へ帰ってみました。

鍵を開け玄関に入ると、男性の靴が…。一瞬だけ???と思ったものの、Jの靴でした。
「こんな時間に来るなんて、Jは休みだったのか?」
「風邪を引いたって妻がメールをして、お見舞いに来てくれたのかもしれないな」

何の疑いもなく中に入っても、リビングに2人の姿はありませんでした。その直後、寝室から妻の声が聞こえました。よく分からないまま寝室のドアを開けると、なんと妻とJが行為に及んでいました。まさか…と思った瞬間には、咄嗟にドアを閉めていました。俺の家なのに?俺の妻なのに?悪いのは俺じゃないのに、罪悪感さえ芽生え、その場を脱走しました。

行くアテもなく、ただブラブラと見慣れた街を歩きながら、「いつから?」「どうして?」と考えては、裸で重なる2人の姿が脳裏によみがえりました。間違いなく、妻はJに抱かれていました…。

出社用のカバンやケーキの箱を見たのでしょう。
妻から「どこにいるの?」とLINEが来ても返事をする気にはなれませんでした。
喫茶店でタバコを吸ってぼんやりしていると、母から電話もありました。孫の迎えは何時に来るの?そんなところでしょう。それさえも掛け直す気になれず、その日の夜は24時間営業のファミレスで過ごしました。

妻から聞かされた数々の衝撃的すぎる事実

ショック

次の日は、ショックで仕事に行くことができず、「休みます」と短いメールを送り、自宅へ戻りました。親友の姿はなく、子供の姿もありませんでした。そこにいるのは、ソファーの上で眠っている妻だけで、俺からの連絡を待っていたのか、あるいはJと連絡していたのか、眠っている手には携帯電話が握られていました。

覚悟を決めて、妻の肩を叩きました。
目を覚ました妻に、昨日の出来事を聞くと、聞かなければ良かったと思う現実を次々と突き付けられました。

二人の肉体関係は大学時代からあったこと。
Jは妻をずっと好きで、結婚しても諦めきれなかったこと。
妻と一緒にいたいから、俺と仲良くしていること。

そして、最後に妻は、そのどれよりも残酷な事実を告げました。

息子がJの子供かもしれないこと。

ショックの度が過ぎて、もう何が何だか分からない状況でした。理解が追い付く前に、次々に打ち明けられる言葉の数々に打ちひしがれていると、「Jと一緒になりたいから別れたい」と切り出されました。

あの日、早く帰らなければ、妻も親友も失わずに済んだのでしょうか?
あの日、早く帰らなければ、120%以上の強い愛で子供の成長を見守り続けられたのでしょうか?
どうにでもなれ!と思う気持ちと、別れたくない気持ちの両方が湧きあがり、何も答えることができませんでした。昨日、あの光景を見るまでは、妻を心の底から愛していました。長い年月、耐えず心にあった気持ちを、たった数時間で変えられません。

「あんたの小さい頃に動き方とか似ているね」
「おまえの方が少しおとなしかったけどな」

孫を溺愛している両親にだって、言えるわけがありません。

それから数ヵ月が経過し、俺は実家から会社へ通っています。両親は多くを語りませんが、俺が浮気でもして喧嘩をしているのだと思っているようです。一方、妻は子供と息子と2人で暮らしています。息子の養育費が必要だろうと思って、給料の半分は妻の口座へ振り込んでいますが、子供の父親問題についてもハッキリしていないため、悶々としている日が続いています。

また、現在、離婚はしておらず、中途半端な状態です。Jが出入りしている様子はあり、これからどうしたら良いのか途方に暮れています。

浮気相談は別居前に!!

相談

重すぎる内容でしたね…。妻と親友、信頼していた2人から裏切られ、しかも可愛い息子の本当の父親についてまで!!でも、息子さんはJの子供と決まったわけではないので、なんとか気持ちを奮い立たせて欲しいものです…。

ちなみに、たとえ奥さんが「子供はJの子よ、間違いない」と言ったとしても、民法772条1項では「妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する」と定められており、法律上は夫の子になります。

もし、法律上の親子関係と矛盾が生じてしまった場合は、民法774条の「嫡出否認の訴え」を提起し、自分の子どもではないと否認する裁判を起こす必要があります。本当の父親は、裁判の結果、子供が(元)夫の嫡出子ではないと決定された後に認知することができます。ただ、前提として離婚していないと…。

もう一つは、妻が「親子関係不存在確認調停」を申し立て、当事者双方の間で「その子どもが(元)夫の子ではない」と合意し、家裁が調査を行い、正当であると認められた場合に、合意に従った審判が下されます。

いずれにしても、今回のケースはショックがかなり大きいのに、ショックを受けた側が、生活費を払い続けている部分に歪が生じているように思います。子供のことを想えば、お金は渡したい。でも、子供はどちらの子供か分からない。妻のそばには今、Jがいる…。妻とJに何の罰も与えられていないのが、構図として不可解です。

今から相談するのであれば、弁護士等の法律専門家。ただし、妻の証言だけが頼りなので、それを覆されると厳しい部分もあります。やはり、あの光景を見た後に、探偵へ相談しておけば良かったことは間違いありません。証拠も簡単に掴むことができたでしょう。また、Jに対して慰謝料を請求することもできたはずです。

現在は別居をしている状態なので、たとえ今から証拠を手に戦っても「夫婦関係が既に破綻していた」と判断されてしまう恐れもあります。離婚前だろうとも、別居をしていると「浮気が原因で夫婦関係が破綻したとは言い切れない」と判断されないこともあるので、どんなに辛くても無計画に別居などの行動を取らず、探偵へ相談し、調査期間中、どうしても顔を見たくないようであれば、証拠を押さえてもらうまで、「用事があって実家へ帰る」など、別の理由を付けて、距離を置くようにしましょう。

人気記事ランキングpopularity