実録・妻の浮気

【妻の浮気】セクハラ上司と妻が…!!

こんにちは。浮気探偵.com~浮気成敗コラム~です。本日は「実録・妻の浮気」として、15年前の妻の浮気を許せずにいる夫の体験談をお伝えします。まずは、この体験談に登場する人物を紹介します。

登場する人物
・自分 当時30代後半、現在50歳
・妻 当時30代前半、現在40代半ば
・妻の浮気相手 H川
・息子 当時6歳、現在19歳(大学生)

妻の浮気 セクハラ上司と妻の関係

浮気

自分は大学を卒業して就職した後、仕事が忙しかったこともあって、異性と出会うチャンスがなく、結婚相手を見つけるために何度かお見合いをしました。それでも、しっくりくる人と出会うことはなかなか難しく、何度目かのお見合いで、妻と初めて出会った時に「ビビッ!」と感じるものがあった時には自分でも驚きました。それは妻も同じだったようで、お見合いでの会話は盛り上がり、次の約束もスムーズに進みました。3度目のデートで、正式に結婚を前提に付き合うようになりました。当時、妻は正社員で働いており、自分も長く正社員として勤め、さらに何の趣味もなかったため、結婚と同時に二人の貯金を合わせてマイホームを購入することもできました。

結婚後も、しばらくは共働きでした。結婚2年目で妻が妊娠し、1年間の産休を取った後、運良く近所の保育園に入れることができたので、そのまま妻は復職しました。自分としても、別に専業主婦になって欲しいとは思っておらず、妻が妻らしく生き、自分も家事を手伝うことで、うまく家庭内が回れば良いと思っていたので、反対はしていません。その想いに応えるように、妻は仕事も家事もしっかりこなしてくれ、自分が家事で手伝えることは、ほとんどありませんでした。週末は家族3人で過ごす、幸せな時間だったと思います。

海外赴任から戻ると妻の仕事に変化が!

変化

ある時、仕事で海外赴任の辞令が出ました。同じ会社で働き続けた自分にようやく訪れた、またのないチャンスでした。とは言え、幼い子供と妻を残して行くには気が引け、だからと言って、同じく順調にキャリアを積み重ねている妻に「一緒に来て欲しい」とは伝えにくく、「どうしようかと思っている」と迷っているような演技をしながら、それとなく伝えてみることにしました。

妻の返事は「行って来なさいよ」と背中を押してくれるものでした。自分が仕事で抱えている想いを知っているからこそ、そう言ってくれたと思いますが、子供の今後のことを思うと共働きの方が経済的にも安心だから、妻自身が仕事を手放したくなかったのかもしれません。

双方が納得して、単身での海外赴任生活が始まりました。赴任先は中国で、日本での仕事の関係もあって3ヵ月に1度は戻って来ることができ、その際は久しぶりの家族との時間を過ごしました。1年目、2年目、3年目、4年目…。時が経つごとに海外生活は慣れる一方で、3ヵ月に1度だけしか会えない我が子の成長が凄まじく、ほとんど何も喋れなかった息子も、一丁前に生意気なことを言うようになっていました。

そして5年間の海外赴任を終えて、無事に帰国。息子は6歳になりました。帰国後は、以前と同じような生活が続き、平日は共働きで週末は家族団らん。しかし、少しだけ変わったことと言えば、妻が仕事と家事を両立できなくなっていたことです。仕事が忙しいのか、平日の夜も遅くなることが多く、自分の母が幼稚園まで息子を迎えに行くことも多々ありました。レトルトやスーパーで購入した惣菜が食卓に並ぶ日が増え、それでも5年間、自分の目標のために息子を預けっぱなしにして海外赴任をしていた自分は、咎めることができずにいました。

息子と散歩中に浮気の現場を目撃

公園

1~2ヶ月、そんな生活が続いた後、妻が仕事を理由に週末も出掛けるようになりました。家族で過ごす唯一の時間なのに…。言うつもりはなかったのに、ぽろっと口から言葉が出てしまい、それでも妻は嫌な顔をせず「ごめんね。今が一番忙しい時期なの」と言うだけでした。

妻は妻で5年もの間、自分がいない時間を息子と過ごして来たはずです。今よりも手が掛かる年齢だったと思うし、妻の実家は遠いため、お義母さんに頼ることもできず、姑である自分の母にも気軽には相談できなったことでしょう。

「そっか。頑張って」
そう言ったものの、仕事の割には化粧が念入りで、洋服も少し派手に感じました。

翌週の土曜も妻は「仕事」と言って出掛けて行きました。妻が働く会社は自宅から、そう離れていなかったので、息子を連れて電車に乗り、会社近くの公園を散歩してみました。すると、お昼を少し過ぎた時間に、会社から妻と男性が腕を組んで出て来る瞬間を目撃しました。他にも出社している人がいれば、こんなマネはできないはずです。怒りがこみ上げ、後を追って問い詰めようかと思いましたが、公園で遊んでいる息子を置いて行くわけにも、ましてや連れて行くわけにもいかず、気持ちを抑えて帰宅をしました。

抗議のために妻の会社へ

会社

その夜、息子が寝てから妻を問い詰めました。人違いと言われないように、時間や歩いて行った方向も正確に話しました。妻は目に涙を浮かべながら「上司に関係を迫られた。断れば会社での立場があやうくなってしまうので、従うしかなかった」と言いました。

間違いなくセクハラです。妻は上司から干されないために、応じるしかなかったのでしょう。翌日、妻とは何事もなかったように接し、何も無かったことのように努めました。休みの日にセクハラ上司のことを思い出すのは、妻自身も辛いだろう…。そう思っていた自分がバカでした。

月曜日、いつもの通りに自宅を出てから、妻の会社へ乗り込みました。もし、これが原因で妻が会社を辞めることになっても、自分の給料で養うことはできます。しかし、どうしても妻に謝罪をしてもらいたくて、妻の名前を言い、上司の男性を呼び出してもらいました。

応接室に通された自分の前に現れた上司と名乗る男性は、土曜に目撃した男性とは違う人でした。「他の上司です。妻がセクハラを受けています!」と、その男性に訴えると、上司は他にいないと言われました。「そんなはずはありません。毎週のように休日出勤も命令されているし、残業だって23時過ぎまで拘束されているんですよ」と、なおも抗議すると、その上司は「断じてありません。ウチは休日出勤も残業も禁止です」と否定しました。

困惑しているところに、一人の男性が応接室に現れました。
こいつだ!!
そう思った瞬間に、上司が「どうした?H川くん」と声を掛け、セクハラ男の名前が分かりました。
H川は「あの…その…旦那さんが来ていると聞いたので」と口ごもりながら答え、上司に向かって頭を下げました。

上司が彼にセクハラのことや休日出勤の強制を問い詰めると、彼は首を横に振り、浮気関係にあることを告白しました。聞けば妻との関係は、自分が海外赴任に行ったすぐ後から始まったそうです。それまでは、息子が眠った夜遅くに、自分の家で会っていたけれど、海外赴任から戻ったせいで会えなくなり、自分に見つからないように会社を密会現場にしていたと言います。

私が怒鳴る前に、上司が大声で怒鳴りました。ただ、それは私を想ってのことではなく、休日に誰も来ないことを逆手にとって、会社をそんな場所に使ったことへの怒りでした。セキュリティがどうのこうの、と激しく怒鳴りながら、しばらく彼をなじっていました。

それからすぐ、妻とH川は会社を退社しました。

現在の二人

妻は、自身の愚かな行為が恥ずかしかったのか、それともH川という男に申し訳なかったのか、あるいは私の行動に対して腹を立てていたのか、心の底まで分かりませんが、私とは口を利きませんでした。私も妻に対しては失望し、話す気も起きませんでした。

息子がいたので、息子が自立するまでは夫婦関係を続けるものの、記入済みの離婚届けは自分が管理し、離婚をする場合は自分が親権を持ち、面会はさせないと誓約書も作成しました。それが妻やH川に慰謝料を請求しない条件でした。また、財産についても今後は全て別々にし、子供に必要な分は自分が負担するけれど、妻の生活に必要な分については一切出さないことにしました。

妻は新しくパートを始め、仕事と家事、育児を両立するようになりました。また、週末に出掛けると言った浮気の兆候も見られませんでした。私は許す気さえ毛頭ありませんでしたが、子供の前では妻にも話しかけ、妻もそれに応じる形で、不自然ながらも会話はありました。

時が経ち、現在。私は自宅からは飛行機と電車で4時間以上かかる場所に単身赴任をしています。息子も大学生になり、大学の寮で暮らしています。まだ未成年ですが、精力的にバイトもしており、ほぼほぼ自立しているようなものなので、単身赴任から一時的に戻った際、管理していた離婚届と貯金の半分を置いて来ました。

「息子も家を出たし、離婚しよう。これからはお互い自由だ」
しかし、妻は離婚に応じず、子供も自立したので一緒に単身赴任先に行きたいと言われました。

意外でした。H川とは、とっくに別れているとは思いますが、あれから夫婦での夜の生活もなく、他の男性の影があってもおかしくないのに、一緒に赴任先で暮らしたいなんて…。想像していなかった答えなので、どうしたら良いのか分からず、返事は保留にしています。

夫婦としては完全に終わっています。やり直す気もありません。でも、正直な気持ちとしては迷っています。この年になって、新しく誰かと出会うことがあるとは思えないし、だからと言って妻と良好な関係に戻れるとも思っていません。一人が良いのか、それとも冷え切った間柄でも二人が良いのか、結論は出ないままです。

人気記事ランキングpopularity