実録・妻の浮気

【妻の浮気】浮気か?それともアクシデントか!?

こんにちは。浮気探偵.com~浮気成敗コラム~です。本日は「実録・妻の浮気」として、妻の浮気(?)に悩む男性の体験談をお伝えします。たった一夜のアクシデントが頭を抱える深刻な展開に…。

登場人物
・俺 20代後半
・妻 20代後半
・妻の友人 M子さん
・俺の友人(M子さんの夫) S之助
・S之助の友人 K太郎

妻の浮気 浮気か?それともアクシデントか?

ベッド
妻との出会いは大学の時。合コンでの一目惚れでした。

何としても付き合いたい!と思い、まずは友達になって少しずつ仲を深めていき、こちらから告白して付き合うことになりました。妻は一つ年上で、出会った時には、すでに社会人でした。

付き合い始めてからは、お互いの友達も交えて一緒にボーリングやカラオケなどに出掛けることも多々ありました。なかでも妻の友人・M子さんと俺の友人・S之助の4人で遊びに行くことが多く、スノボーや温泉など泊まりでの旅行にも行っていました。

M子さんとS之助も付き合い始め、俺たちより先に結婚しました。

俺と妻も、S之助夫婦より遅れること1年、無事にゴールインし、お互いの家も近かったため、夫婦同士で頻繁に交流し、それこそ毎週のように食事に出掛けたりしていました。

妻の体調不良の原因

今年の夏、仕事で急な出張になり、2ヶ月ほど家を空けることになりました。

今まで1日~2日の出張はあったのですが、こんなに長期の出張は初めてです。仕事のことよりも、妻をたった一人で自宅に残してしまうことの方が心配でしたが、「子供じゃあるまいし」と妻は笑って一蹴し「近くにM子たちもいるから大丈夫よ」と気にも留めていない様子でした。

たしかにS之助やM子さんもいれば大丈夫でしょう。二人には「何かあったらよろしく」と伝え、出張先で仕事に励みました。時折、妻だけではなく、S之助やM子さんにも連絡を入れていたのですが、想像していた通り、頻繁に夕飯を共にしているようで、寂しくしているのではないか…?の不安は杞憂に終わりました。

ところが、出張が終わって帰宅をしてから、やたらと妻が体調不良だと言うようになりました。

風邪ではなさそうですが、気分が優れないと言い、安静にしている日が続きました。

ある日、いつものように仕事をしているとM子さんから、一緒に買い物へ出掛けた最中に妻の気分が悪くなり、病院にいると連絡を受けました。

「家族の人に来て欲しいって言うから、仕事が終わったら来られる?それまでは私が付き添っているから」

仕事を早く切り上げ、病院へ行くと、担当してくれた医師から、妻が妊娠していると聞かされました。

嬉しい気持ちで一杯でした。今まで、どんなに子供を望んでいたことか!!

しかし、妊娠週数を聞いたところ、妊娠したと考えられる時期が、ちょうど俺が出張で留守にしている間でした。

冷静に…と自分に言い聞かせても、頭に血がのぼってしまい、M子さんもいる場で、妻を問い詰めてしまいました。妻は怒って「浮気なんてしていない!」と反論し「疑われるなんて心外」と涙まで流し始めました。

妻を信じたい気持ちは強いですが、どうしても全面的に信用できません。医師の診断が間違っているとも思えないので…。

M子さんは、下を向いてただ黙っていました。

妻の身に起きたアクシデント

アクシデント

その日の夜に、S之助から電話がありました。

一人で自宅まで来て欲しいと。

家まで行くと、S之助とM子さんが待っており、俺をソファに座るよう促しました。どちらも深刻そうな顔をしていて、しばらく無言でしたが、ようやくM子さんが溜め息をひとつ吐いてから喋り始めました。

出張中に妻は毎晩のように遊びに来ていて、お酒を飲んで帰る日も多かったとのこと。

学生時代から妻と付き合いがあるM子さんは、お酒を飲み過ぎると妻が記憶をなくすことを知っていたので、普段はあまり飲ませないように気を配っていたものの、ある時、S之助の友人であるK太郎と言う男を招いた日があって、客人をもてなすことに集中するあまり、妻のピッチに気付かなかった、と言います。

妻が飲み過ぎてしまい、その日はS之助もK太郎も酔ってしまったため、担いで帰ることはできないと判断したM子さんは、妻を泊めることにしたそうです。

K太郎も酔いつぶれ寝てしまっているから大丈夫だろう、とM子さんは妻をソファに眠らせて、寝室へ向かったと言います。

その夜、どうやら妻とK太郎の間でコトが起きたらしい、と。

S之助とM子さんは、後でK太郎から、そのことを聞いたそうですが、M子さんが妻にそれとなく聞くと、やはり何も覚えていないようで、K太郎と俺や妻が鉢合わせにならなければ大丈夫だろう、と俺には黙っていることにしたと言いました。

ただ、眠っている妻に対して、K太郎が強制的、または一方的に行為をしたのではなく、酔ってはいるものの同意のうえだったと、二人はK太郎から聞かされたと言います。

事実を確認する必要があったので、S之助に頼んでK太郎と言う男に電話をしてもらいました。

俺が隣にいることを伏せてもらい、もう一度、その日のことを聞くと、K太郎は飲み過ぎてしまって、1度だけ関係を持ったことを認めました。しかし、それと同時に連絡先も知らないし、それからは全く会ってないとも付け加えていました。

電話を切ってからS之助に聞くと、K太郎も婚約中で軽率な行動を反省しているのだろう、と言います。

とは言え、俺の妻は身籠ってしまいました。どんなに反省しようと、その事実だけは変わりません。

事実を知った妻は泣き崩れ…

妻と二人で冷静に話し合えるとは思えなかったので、M子さんにお願いして、妻を呼び出してもらいました。

証人がいなければ、妻の自身の愚行を認めることはないと思います。

俺の口から、さっきまで聞いた話を告げると、妻はショックのあまり、しばらく絶句してから、泣き崩れ何度も俺に謝りました。

酔った勢いで覚えていないにしても、浮気をしたことには変わりありません。

妻は見ていられないほど反省しています。そして妻のお腹の中には、K太郎との子供がいます。

この事実をどう受け止めて良いのか、どのような結論を出せば良いのか、まったく判断できません。

 

人気記事ランキングpopularity