実録・夫の浮気

【夫の浮気】次々と浮気をする夫

こんにちは。浮気探偵.com~浮気成敗コラム~です。本日は「実録・夫の浮気」として、繰り返される夫の浮気に悩み続ける妻の体験談をお伝えします。まずは、この体験談に登場する人物を紹介します。

登場する人物
・私 30代前半
・夫 30代半ば
・Y子 夫の職場の派遣社員
・R 出会い系で知り合ったらしい女

夫の浮気 次々と浮気をする夫

浮気

夫とは、以前の職場で同僚として出会いました。職場で話すだけではなく、仕事帰りに飲みに行くことも多く、やはり同じ職場に勤めていると共通の話題で盛り上がれるし、一緒にいることでストレス発散にもなりました。この人といると会社のイヤなことを忘れられるな…私が思ったことを彼も思っていてくれたのでしょう。同僚→飲み友達→恋人へ関係が変化し、ただの恋人以上に何でも共有できる間柄だったと思います。

どちらかの家へ泊まって、一緒に会社へ向かう時もありました。周りの人に見つからないように、最寄り駅に到着してからは、少し離れて歩いたり、時間差でオフィスへ入ったり…。決して浮かれていたわけではないのですが、それもまた楽しかったような記憶があります。

交際3年目に、彼から結婚を申し込まれました。ちょうど私は30歳を迎え、友人や同僚など、周囲の女性たちが次々と結婚をしていく頃で、迷わずプロポーズを受け入れました。それから半年後に結婚し、その後すぐに妊娠したため、仕事を辞めて専業主婦になりました。

そんなお付き合いを3年した後、彼の方からプロポーズを受け、ちょうど結婚にも良い年齢だったことからプロポーズを受け入れ、結婚しました。結婚してすぐに妊娠したので、私はその後は仕事を辞め、専業主婦となりました。

元同僚からの報告で浮気が発覚

ランチ

「まだ働いていた頃だったかな?それとも辞めた直後くらいかな、派遣社員で入って来たY子さんって知ってる?」

妊娠前まで働いていた会社の元同僚が、突然そんなことを告げて来ました。元同僚たちとは、退職後も月に1回くらいは一緒にランチへ行っています。その時、1人の女性の同僚が私にY子の存在を教えてくれました。

「知らない。私が辞めた後かもね。その人がどうしたの?面白い人なの?」
何か愉快な話が聞けるかと思い、身を乗り出して尋ねたのですが、みんな私から視線を逸らし、なんとなく目配せをしているように見えました。誰かが「やめなって」と小さい声で言ったのは聞こえたのですが、何に対しての言っているのか、よく分かりませんでした。

言い出した女性が「やっぱり、なんでもない」と言って、その話題は流れたのですが、楽しかったはずのランチが、途端にギクシャクしてしまい、まだ13時になっていないのに、「あ、やばい。ミーティングの準備しなきゃだった」「私も手伝う!」と、一人また一人と逃げるように立ち去って行きました。

Y子…。その人が何か私に関係しているのは間違いありません。でも、知り合いにそのような名前はおらず、あの微妙な空気は夫に関係していることだと確信しました。

その日の夜、夫のスマホをチェックしてみると、Y子と言う人とLINEでやり取りをしていることが分かりました。しかも、たまに残業で帰りが遅くなる日はY子とホテルへ行っていたことも判明し、Y子は私と夫が離婚することを望んでいるような文面まで送っていました。

シャワーから出てきた夫にLINEの画面を見せて問い詰めたら、夫は浮気を認め謝ってくれました。許せなかったけれど、すぐにその場で別れる内容のメッセージを送ってくれたので、一度だけ目をつぶろうと思い、我慢することにしました。本当は怒りの感情に任せて、今すぐ離婚を切り出したい気持ちで一杯でしたが、産まれて来る子を想うと、我慢した方が賢明です。この子に罪はないのだから…。

でも、残念ながら妊娠は死産と言う形で終わりました。

2度目の浮気も妊娠中

妊娠

それから1年半が経ちました。普段は浮気のことを忘れていても、ふとした時に思い出して、夫が寝ている隙やシャワーを浴びている隙に、こっそり夫のスマホを覗いてしまいます。LINEやメールに怪しい点はなく、大丈夫そうだと思っていた矢先、2度目の妊娠に恵まれました。

前回のこともあったので、嬉しい反面、怖い気持ちも芽生え、ときどき情緒不安定になってしまっていたのですが、今度こそは絶対に産みたい!と、必要以上に身体のケアをしていたと思います。

元同僚とのランチ会は、1年半前を境に自然消滅してしまい、普段は一人で昼ご飯を食べていました。ある日、いつものようにテレビを見ながら、昼ご飯を食べていると、キッチンの方でブルブルと音が鳴り、音の方へ行ってみると、夫がスマホを忘れてしまっていたようで、着信のライトが灯っていたので、「もしかして夫がどこかへ落としたと思って誰かに電話をしてもらっているのかしら?」と、開いてみたところ、見知らぬアプリの画面に切り替わりました。

よく見ると出会い系のアプリで、アプリの中にあるメール機能で、Rと言うハタチ前後の女と会っていることが分かりました。メールを読み進めると、どうやら肉体関係もあったようです。帰宅した夫にアプリの画面を開きながら、どういうことか問い詰めると、夫は好奇心でインストールしただけ、と言い訳しました。しかし、メールも読んだ私がRの名前を出すと、素直に浮気を認め、その場でアプリをアンインストールし、再び私に許しを求めました。

前回の浮気から1年半。たった1年半で、また浮気をするなんて、本当に離婚も考えました。しかし、考えればかんがえるほど、やはりお腹の子供が気になり、離婚を決心できず、許すというよりは「保留する」という結論を出しました。この保留は今度やったら、本当に終わり、という意味です。

そして、この時の妊娠は、妊娠初期で流産となり、それ以降、私は妊娠していません。

3度目の浮気相手は私!?

死産と流産の度重なる不幸で絶望に打ちひしがれた私を支えてくれたのは、間違いなく夫でした。浮気のこともあるので、素直に受け入れることはできませんでしたが、何の気力も湧かない私を心配し、会社帰りに新作の映画や漫画本を借りて来たり、行列のできるスイーツ店でケーキやゼリーを買って来てくれました。

そんな優しさのおかげで私も少しずつ回復していったような気がします。

しかし、やっぱり時々思い出してしまうのです。夫のLINEやアプリを見つけてしまった時のことを。この日も午前中は穏やかな気持ちで過ごしていましたが、一人で昼ご飯を食べている時に、夫のスマホがブルブルと鳴った時のことを、ふと思い出してしまいました。

あの時、夫が使っていた出会い系アプリは、たしか…。検索すると、すぐにヒットしたので、私も会員登録をし、男性のプロフィールを探してみました。夫の条件に合うように何度か検索し直すと、夫のプロフィールが出て来ました。退会して、アンインストールしたはずなのに!!

再び登録をしたのでしょうか。夫の管理画面ではないので、Rと続いているのか分かりませんでしたが、私は嘘のプロフィールを作成し、アプリ上で夫にメールを送ると、すぐに返事が来ました。

「ランチに何やってんだか…」
すぐに正体をバラそうかと思ったのですが、気休めで女の子と会話を楽しみたいのか?それとも浮気をしたいのか?夫の気持ちを確かめたかったので、しばらくなりすまして、夫とメール交換を続けていました。メールの中で、夫は私の存在を隠しています。独身だと嘘を言い、私に会おうと何度も誘って来ました。

そして、約束の日と待ち合わせ時間、待ち合わせ場所を決めました。
夫はその日、「今日は残業で遅くなる。かなり遅くなると思うから先に寝ていて」と言って出掛けて行きました。

待ち合わせ場所に私が姿を現すと、夫はひどく動転しました。そこで私が「これ以上許しようがない。この先、一緒にいられない」と伝えると、夫の方から離婚を切り出されました。夫の言い分としては、浮気を悪いとは思っているものの、私の食費を稼ぐだけの毎日がつまらなく、これからも浮気を繰り返してしまうだろう、とのことです。

私は、結婚してから専業主婦だったので、現在は仕事もなければ収入もありません。こんな夫とは別れるべきだと頭では分かっているのですが、離婚をしたところで、慰謝料を請求できるのか不安です。慰謝料をしっかりともらえるのであれば、それを元に新しい仕事を探しながら、自分らしく生きていきたいと思っています。

友達や家族には夫の浮気を話したことがなく、また、浮気の証拠と言えるものも、手にしていないので、私の証言だけで信じてもらえるか不安です。

証拠がなければ慰謝料は難しい

慰謝料

メールやLINEの画面だけでは「冗談だった」と言われてしまう恐れがあり、それで通されてしまうと法的に浮気を立証することは非常に困難です。浮気で慰謝料を請求するためには『何よりも証拠が重要』なので、怪しいと思ったら、すぐにでも探偵へ相談することをオススメします。

今回のケースでは、Y子の存在を知った時も出会い系アプリでRと浮気をしていることを悟った時も、すぐに問い詰めてしまったことが、後の「慰謝料を請求できるのか」といった不安を招いてしまっています。お腹の中に赤ちゃんがいて、その時は浮気→離婚という選択肢にならなかったとしても、浮気の証拠は復縁にも有効活用することができるので、問い詰めずに泳がしながら、探偵へ相談していた方が良かったでしょう。

それで、復縁をすることもできたでしょうし、もし離婚になっても確実に慰謝料を請求できるように、探偵と弁護士が尽力してくれたはずです。また、Y子は既婚者であることを知っていたので、Y子に慰謝料を請求することもできます。

その時は、後にどのような決断をするか、自分自身でも分からないでしょう。でも、後にどのような決断をすることになっても有利になるように、冷静に動くことが大切です。

人気記事ランキングpopularity