実録・夫の浮気

【夫の浮気】誕生日に決意した離婚

こんにちは。浮気探偵.com~浮気成敗コラム~です。本日は「実録・夫の浮気」として夫に浮気をされてしまった奥さまの体験談をお伝えします。まずは、この体験談に登場する人物を紹介します。

登場人物
・私 30代前半
・夫 30代半ば
・若い女性 夫の浮気相手

夫の浮気 誕生日に決意した離婚

誕生日

夫とは、3年ほど付き合った後にプロポーズをされ、結婚をしました。結婚前から喧嘩は多かったのですが、それによって別れ話にまで発展したことはなく、喧嘩をした数日には仲直りをしている良い関係でした。遠慮なく喧嘩をすることができる相手なら、お互いが無理をすることなく、結婚生活を送ることができるだろうと判断して、結婚を決めました。

結婚後も喧嘩は日常茶飯事でした。ハネムーンでも喧嘩をしたし、日々の生活でも些細なことでよく揉めました。しかし、もともと喧嘩をしつつも仲良く続いていたし、翌日に持ち越さないように寝る前に話し合うようにしていたので、私は喧嘩の多さを気にすることなく、それなりに結婚生活はうまく行っていると思っていました。

結婚2年目で夫婦の生活リズムに変化が

すれ違い

夫は仕事が終わると直帰する人だったので、夫婦の時間も充分にありました。だからこそ、話す機会が多く揉めることもあるのでしょうが、結婚2年目に夫が部署異動になったことで生活リズムは急に変わりました。

今までの部署は、どちらかと言えば個人プレイだったようで、縦も横も繋がりが薄く、仕事帰りに飲みに行くことなんて、年末くらいしかありませんでした。しかし、新しく配属された部署は、上司との繋がりも同僚との繋がりも深く、仕事帰りも連れ添って飲みに行くような関係で、定時で帰ることが極端に減りました。帰りが遅いので、話す時間が少なく、必然的に喧嘩も減ったのですが、それはそれで寂しい気がしていました。

上司や同僚、部下との飲むー。女の私は、居酒屋や赤ちょうちんの下で飲んでいるとばかり思っていたのですが、ある日、帰宅した夫のスーツから香水(しかも女性用の)の匂いがしたので、何気なく聞いてみると、毎晩のように通っていたのは居酒屋ではなく、上司の行きつけのお店で、女の子が隣に座る店だと言われました。良い気はしませんでしたが、それは男社会ではよくあることと思い、その場は気持ちを抑えていました。

帰宅時間が1時を過ぎて口論に

時間

上司の付き合いと言っても、最初の頃は遅くても21時には帰宅していました。ところが22時、23時を過ぎる日も増え、半年くらい経った頃には0時を過ぎるのが当たり前になっていました。夫婦の時間が取れない、子供だって欲しい、そう何回も伝えていたのに、遂に終電がとっくに終わった1時過ぎに帰宅したため、夫をダイニングの椅子に座らせ「どんどん遅くなっている。これ以上、遅くなるのは嫌だし、こういう生活が続くのも嫌だ」と素直な気持ちをぶつけました。

今になって思えば、その時の私の言い方はキツかったのかもしれません。しかし、夫は謝るどころか「仕事の付き合いだから仕方ないじゃないか。遊んでいるわけじゃないんだ。仕事を辞めろって言うのか!どうやって暮らしんで行くんだ」と大声で私を怒鳴り散らしました。この日、初めて仲直りをしないまま寝てしまい、翌朝も重い空気が二人を包んでいました。

妻の家出!それなのに夫は

家出

それから数日間はお互いに口を利きませんでした。週末も全く会話がなく、そのまま迎えた月曜日。また、夫は1時過ぎに帰宅をしました。この時、私は家出を決めました。火曜日、夫が仕事へ行っている最中に荷物をまとめ、しばらく友人の家に泊めてもらうことにしました。彼女とは学生時代からの付き合いで、理由も聞かずに承諾してくれました。

初めての家出…。しかも大人になってからの家出…。
情けない気持ちや悔しい気持ちで一杯です。それでも、無意識に携帯電話を見てしまっていた私は、心のどこかで夫からの連絡を待っていたのでしょう。家に帰ったら突然、妻の姿が消えていて、慌てるでしょうか?謝るでしょうか?それとも怒って再び喧嘩になるでしょうか?口を利かないよりは、喧嘩をした方がよっぽどマシです。

しかし、0時を過ぎても夫からの連絡はありませんでした。今日も1時過ぎに帰るかもしれない…。そう思って、携帯の画面を何度も見ているうちに、朝が来ました。

誕生日に決意した離婚

誕生日

そのまま数日が過ぎても、夫からの連絡はありませんでした。たとえ仲が良い友人でも、これ以上長く泊まらせてもらうと迷惑だと思い、翌日の私の誕生日には自宅へ帰る旨を伝えました。

「誕生日なら、なおさら家にいなさいよ」
なんとなく事情を察していたのでしょう。彼女は優しい言葉を掛けてくれましたが、誕生日こそは連絡をくれると信じている私がいました。

もし、誕生日の朝になっても連絡が来なかったら、離婚しよう。

そう心に決めたのに、その日の朝も連絡がありませんでした。

離婚だ。覚悟を決めて自宅へ帰る途中、もしかしたら夫の身に何かあったのではないか?と心配になりました。さすがに5日も家を空けているのに、何一つ連絡がないなんて、明らかに何かが起きているとしか思えません。酔っぱらって事故に遭ったのではないか?夜遅くに私を探して事件に巻き込まれたのではないか?携帯をなくして連絡ができないのでは?それとも私が出て行ったショックで………。最悪な事態も脳裏に浮かび、自然と自宅へ向かう足は速くなっていました。

この日は土曜日。仕事には行っていないはずです。

家に到着し、玄関のドアを勢い良く開けると、そこには夫の靴とヒールの高い見知らぬ靴がありました。何が何だか理解できないまま中へ進むと、夫が若い女性と戯れていました。

「わたし、わたし…」
何やってんだろ。すごく心配したのに、本気で心配したのに、こともあろうに女を連れ込むなんて…。その場で問い詰めると、女性は上司と一緒に通っていたお店の子だそうで、肉体関係もあったと言います。

私はそのまま実家へ帰りました。これから離婚の手続きに入りますが、浮気も発覚しているので、慰謝料も請求するつもりです。離婚に関しては夫も同意しているのですが、これから先の細かい手続きがうまくいくか心配です。

探偵&弁護士の最強タッグなら離婚問題もスムーズに

離婚

本当に辛かったでしょうね…。家出をしたのに何の反応もせず、それどころか、ここぞとばかりに女性を連れ込まれるなんて。人の気持ちが分からないって言うか、本当に自分のことばかり考えている気がします。

今回のケースでは、奥さまが浮気を疑っているわけではなかったので、探偵に調査を依頼するまでには至りませんでしたが、最後に「これから先の細かい手続きがうまくいくか心配です」とあったのが気掛かりです。

もし、少しでも浮気の兆候を感じていたのであれば、浮気探偵に調査を依頼した方が、離婚後の条件面を考えても、スムーズかつ確実です。また、探偵事務所の多くは離婚問題に強い弁護士の先生ともタッグを組んでいるので、その点でも心強かったことでしょう。

離婚に同意しているとは言え、こんなに身勝手な夫ゆえに、慰謝料などの条件をスムーズに受け入れるとは思えず、さらに約束した慰謝料の支払いも守ってくれるのか心配です。茨の道はまだまだ続きそうですが、この離婚を後に「良かった」と思えるようになることを願っています。

注目記事をチェック