実録・夫の浮気

【夫の浮気】浮気を黙認する妻~実録~

こんばんは。
浮気探偵.com編集部です。

夫の浮気を黙認する妻~夫の浮気・実録~

50歳になったばかりのA子さんは、夫であるB太さんの浮気を知っています。それでもA子さんは夫を問い詰めることもしなければ、夫と浮気相手の破綻も望んではいません。
「この年まで夫婦でいたので、別れる気はありません。私に構わないでくれたら、それで良いんです」
そこまで言い切るA子さんの心に溢れていたのは、夫への愛ではありませんでした。

クモの巣

B太さんが浮気をしていたことを、A子さんは知人から教えられました。
普通は公に話すことを躊躇いがちな浮気話を、B太さんは居酒屋のカウンターで得意気に話していたそうです。
「どこで誰が聞いているの分からないのに、そんなことも考えられないほど、夫は考えが浅い人間です。それは今に始まったことではありません。基本的に嘘しか言いませんし、私は夫の言葉を全て信用しないことにしています」

A子さんとB太さんは20年以上前に、お見合い結婚をし、B太さんの実家で義母と同居をしています。
「結婚してすぐに、夫が過度のマザコンであることに気付きました。もちろん、お義母さんも子離れができておらず、休みの日になると毎週のように、お義母さんと夫は二人でドライブに出掛け、その度に私は留守番をしていました。それが20年以上も続いています。夫は私が食事の用意をしないことを咎めますが、私だって働いており、夫より帰宅が遅くなる時もあります。それに、お義母さんが、ご自身と夫の分しか食事の用意をしないので、私の分は私が作るようになりました。食事だけではなく洗濯だってそうです。それが20年以上も続いているので、最初こそ異常とも思える親子の粘着度に驚きましたが、今では私の目にも当たり前の光景に映り、違和感さえ抱かなくなりました」

噂がすぐに広まる規模の都市にある、地域密着型・人気居酒屋のカウンターで、B太さんは人目も気にせず浮気相手との馴れ初めや、相手の現状などを話し始めたそうです。それをすぐ後ろでA子さんの知人が聞いているとも知らずに、さも自慢するかのように、若い女との関係を饒舌に話し、顔見知りであろう店員さんが嗜めるほどでした。

「その話だって、どこまで本当か分かりませんよ。食糧にもならないような脂肪だらけの醜い巨体で、お世辞にも浮気ができるような容姿ではありません。それに、若い女が惹かれるような魅力的な性格でもありません。ケチで卑怯で嘘つきで…。仕事に就いても、すぐに辞めさせられている無能な人間のくせに、私や義母には一丁前に働いているフリを続けています。何度もコンビニの駐車場で昼寝をしている姿を見かけましたが、いちいち私は責めません。昼寝くらいが丁度良いんじゃないですか?他人に迷惑は掛けませんからね。正直、夫が働こうと働くまいと、私には関係ありません。私の分の生活費は私が自分で稼いでいますし、夫が働いていた時だって、お金はもらっていません。一人で酒やタバコに使っているか、お義母さんとのデートに使っているんじゃないですか?」

それでもA子さんが別れない理由

どうしようもない夫だと厳しく批判しながらも、どうしてA子さんはB太さんと別れようとしないのでしょうか?
その問いにA子さんは、あっけらかんと答えました。
「顔も見たくないし、声だって聞きたくありません。後ろ姿でさえ不快ですから。でも、あの家に住んでいる限り、家賃は掛からないじゃないですか。それに、お義母さんだってそんなに長くは生きないだろうし、不摂生ばかりしている太った夫より、私の方が長生きする自信もあります。私たちには子供がいないので、お義母さんも夫もいなくなったら、あの大きな家と土地は私一人の物になります。慰謝料なんかより、ずっと高額ですからね。私にさえ構わなければ、それで良いんです」

蜘蛛の巣

<浮気探偵.com編集部より>

B太さんの浮気を黙認し続ける、懐の深い妻と思いきや…A子さんは生涯を掛けた計画を企てていました。
嫁いだなりの運命を全うし、夫からの愛を手に入れられなかった代償として、屋敷と土地を手に入れることに決めたようです。

ところが事態は急展開し、A子さんは探偵に夫の浮気調査を依頼することにしました。
いきなりB太さんと別れることに決めたのは、何か理由があるのでしょうか?
A子さんは、それについても教えてくれました。

「本当に最低な人間だと言うことが分かりました。実は、足繁く通っている居酒屋さんには、タクシーで帰っていると嘘を言って、本当は飲酒運転をして帰っていたんです。飲酒運転は犯罪ですよね?もちろん、物凄い剣幕で私も注意しました。あんなクズみたいな人間の犠牲になる遺族が現れたら…と思うだけでゾッとしますし、私だって犯罪者の妻にはなりたくありません。でも、言い訳を繰り返したり、嘘を重ねたり、結局は人の忠告になんて聞く耳を持たない人なんです。飲酒運転は必ず、関係のない無実な人を巻き込む重大な犯罪です。いくら家や土地が手に入っても、犯罪者の妻として後ろ指を指される人生なんて御免です!夫婦である以上、犯罪の責任は妻である私にまで及ぶでしょうし、せっかくコツコツと貯めたお金が、夫の飲酒運転のせいで消えるかと思うと、さっさと慰謝料を奪い取って他人になった方が賢明だと思うようになりました。今は一秒でも早く別れたくて仕方がありません。さっさと浮気相手と会えば良いのに!」

B太さん、救いようもない人ですね…。
A子さんもA子さんのような気がしないでもないですが…。

尊い命を奪ってしまう行為は、警察に通報するなり、誰かしらが事前に食い止めなければなりません。しかし、A子さんがどんなに厳しく忠告をしたところで、B太さんが改善するとは思えません。犠牲者が出てしまう前に、浮気と飲酒運転、ダブルの証拠が得られることを願っています。

飲酒運転NO

「飲酒運転は犯罪です!」

コメント

  1. 加齢臭 より:

    意地だけで行動すると、後で後悔する事が多いものです。N子さんの未来が本当に明るいものになればいいのですが。

    1. 浮気探偵.com 編集部 より:

      加齢臭さま

      こんばんは。浮気探偵.com編集部です。
      加齢臭さまのおっしゃるように、意地は人の末路を悪い方向へしか導かないような気がします。個人的な考え方ですが、強い意志を貫くことと意地を張ることは全く別の次元で、高いところや深いところを目指して自分が楽しめる状況を作り出すことが意志で、意地は少しマイナスの観点から入りますよね…。意地でも頑張ってやる、とそれがプラスに好転することもありますが、だいたいの意地は幸せな未来に繋がらず、疲れ果てるだけのような気がしています。N子さんが悪いわけではないですが、対処を誤ると不幸がより一層、強まるのかもしれないな…と思って、この話を書くことにしました。

  2. スクイレル より:

    N子さんの気持ち、すごくよく分かります。私も、私をこんな風にしたのは旦那だと思っていますので、もし私が浮気を問い詰めた時に逆ギレするような事があれば、あばれてやろうと思っています。
    N子さんの復讐プランを参考にさせて頂きます。

    1. 浮気探偵.com 編集部 より:

      スクイレルさま

      おはようございます。浮気探偵.comです。
      一番大切なことは「冷静になること」で、あばれる君になったり取り乱しチャンになるほど、人は損をするようにできていると思います。
      なので、くれぐれも冷静になって、進められることを忘れずにいてください!逆に慰謝料を請求されることもあるので、要注意です。

Comments are closed.

人気記事ランキングpopularity