実録・夫の浮気

【夫の浮気】浮気の証拠を集めた妻~実録~

こんばんは。
浮気探偵.com編集部です。

浮気をしている夫に対して、完璧な反撃を成し遂げた女性がいます。
わざと泳がせて証拠を集めた【夫の浮気~実録編~】をお届けします。
用意周到な計画を練り、夫を打ちのめしたD子さん。
相場以上の慰謝料を手にした先に待っていた気持ちとは…。

【夫の浮気】浮気の証拠を集めた妻

梅のつぼみ

結婚後、わずか半年で夫が浮気をしました。
相手の女性は、女子大生。夫の大学の後輩です。
積極的な女子大生に押し切られた。夫の、その言い訳は嘘ではないと思います。
私の両親、そして夫の両親へ報告を行い、私の代わりに彼らが夫を叱りました。その間、私自身は夫を責めませんでした。もしかしたら、私にも至らないところがあったのかもしれない…。そう考え、これから共に夫婦として成長していくことを、親たちの前で誓いました。
わだかまりがなかったわけではありません。笑顔や会話も、ぎこちなかったかもしれません。それでも私なりに、良き妻であり続けるために最大限の努力をしたつもりです。

家事を完璧に行うだけでなく、外で働く夫の気持ちを少しでも分かち合うためにパートで仕事も始めました。夫婦で招かれた食事会にも欠かすことなく参加をし、そこでも率先して動きまわり、夫の会社の奥様たちにも褒められるようになりました。
夫の両親との関係も良好で、息子の過ちを許し、夫に尽くす私をいつも称えてくれました。

夫の様子に変化を感じたのは、マンションを購入した頃からでした。言動の変化を日記に綴り、思い切って素行調査を依頼した結果、夫は浮気をしていました。今度は、同じ部署で働く年下の女性でした。驚くことに女性は既婚者で、子供もいました。

次に何かあった時のために…。
一度目の浮気の時に、両親はそう言って、離婚問題に強い弁護士さんを紹介してくれました。私は、その弁護士さんに連絡をする前に、あることを実行しました。
夫が泊まりがけの出張へ行く前日、相手の女性のご主人宛に、手紙を送りました。
「大切な奥様に、私の夫が手を出してしまい大変申し訳ありません」
そのような趣旨の内容です。
翌日、夫が出張へ行っていることを知りながら、私は会社へと行き、浮気相手である女性との面会をお願いしました。
通された会議室に姿を見せた女性の動揺は、私の目から見ても明らかでした。
「いつも夫がお世話になっています。ご挨拶のお手紙を、ご主人さまにも送らせて頂きました」
私の挨拶に、女性は泣き始めました。

感情的にならないよう、私は静かな声で慰謝料を請求する旨だけを伝え、会社の方には業務時間内の突然の訪問を謝罪し、その後、両親に電話をしました。
夫がまた浮気をした、今度は会社の女性だ、弁護士さんに連絡をする前に相手の女性と会ってしまった、夫の会社にまで行ってしまった、電話の母に淡々と事実だけを伝えていたつもりだったのに、気付けば私は涙を流していました。恥ずかしいことをしてしまった、と声を押さえずに泣きました。

激怒したのは私の両親だけではありませんでした。夫の両親もまた、息子の度重なる不貞に怒り狂い、調停に持ち込むまでもなく離婚が成立しました。財産分与として、住んで間もない新築のマンションと、相場以上の慰謝料が私の元へと届きました。

望み通りの離婚を叶えた彼女の心境は…

その後、長時間勤務が可能になった私は、パートとして働いていた勤務先で正社員になりました。また、一人で住むには広すぎるマンションを賃貸に出し、家賃収入も得ています。
新たに借りた1Kの賃貸マンションで、安定した生活を送っているものの、ふと思うことがあります。

私は、幸せになれたのでしょうか。
今が幸せかどうか、分かりません。

観覧車

<浮気探偵.com編集部より>

浮気調査の結果は、多くの場合で「クロ」だと言われています。
疑念を抱きながらも、浮気調査への依頼をためらう理由の一つとして、真実を知る怖さがあると思います。
しかし、本当に見たくない光景から目を逸らして良いものでしょうか?
怖いからと景色を見ないことで、幸せが続くのでしょうか。
意外に思うかもしれませんが、浮気調査を行うことによって、夫や妻への愛に改めて目覚め、幸せな生活を取り戻した例が幾つもあります。

右、左、上、下、そして正面。
向く方向で見える景色は全く異なりますが、長い一周を終えるとそこには、一番初めと同じ景色が広がっていることも、あると思います。

コメント

  1. スクイレル より:

    >浮気調査の結果は、多くの場合で「クロ」だと言われています。
    やはり、そうなんですね。
    私には母と妹、旦那には母と姉と、私の周りには男性が夫しか居りません。母と妹に余計な心配をかけるのも嫌ですし、義母や義姉とはお世辞にも良い関係とは言えないので、毎日ただ一人で悶々としております。あと一歩、前に進み出す勇気が欲しいです。

    1. 浮気探偵.com 編集部 より:

      スクイレル様

      コメントありがとうございます。浮気探偵.com編集部です。
      多くの場合で「クロ」だと判明するのは、やはり調査を依頼する以前で、依頼者側がある程度の確信を得ているからだと思います。ほぼクロであることを感じていながら、確実な証拠を掴むために、わざわざ高額な「調査のプロ」に依頼をしているケースが多いと思うので、結果として大半がクロになるのでしょう。逆に、ほとんど心当たりがない状態で、興味本位で調査依頼を行った場合、そこまでクロの割合が多くないと思います(思いたい!)。

      スクイレル様の周りに、男性がご主人しかいないのであれば、なおさら頼りたい気持ちも強いでしょうし、構築された長年の関係や情もあって、可能であるならば添い遂げたいと思いますよね…。ご家族に心配を掛けたくない気持ちは理解できますし、良好な関係ではないのであれば義母や義姉も、ご主人の味方をすると思います。現段階で、ご主人の浮気疑惑に関して不用意に漏らしてしまうことで、スクイレル様が非難されることもありますし、逆に離婚を切り出される原因にもなります。(浮気の疑惑だけでは裁判では勝てず、慰謝料も請求できません)

      しっかりとした探偵社は守秘義務を重んじているので、決してスクイレル様の相談が外に漏れることはありません。一人で抱え込まず、そして一人で勇気を振り絞らず、探偵社の相談員の方と一緒に、大事な一歩を踏み出してみて下さい。

Comments are closed.

人気記事ランキングpopularity