実録・夫の浮気

【夫の浮気】部下のウェイトレスと浮気

こんにちは。浮気探偵.com~浮気成敗コラム~です。本日も「実録・夫の浮気」として体験談をお伝えします。まずは、この体験談に登場する人物です。

登場する人物
・私 30代
・夫
・私の友人 Y(夫の職場の部下でもある)
・母(私の母親)
・子ども1人(小学生)

夫の浮気 私の友人との不倫

不倫

結婚後は子煩悩だった夫

夫とは20代前半に友達と飲み会に出かけた時に声を掛けられたことがきっかけで知り合いました。当時、夫からの熱烈なアプローチを受けて付き合うことになり、結婚後は夫が飲食店を開業することになり、私もウェイトレスとして夫のお店を手伝っていました。夫婦で一緒に仕事をすることは、難しい場面も多々ありましたが、共に過ごす時間は楽しいものでした。

しかし、妊娠をきっかけに夫の飲食店から離れ、専業主婦として子育てをするようになりました。夫は飲食店を経営するくらいなので、とにかく料理が好きで、休みの日にはランチを作ってくれたり、子煩悩だったため、子供の面倒もよく見てくれていました。今、振り返っても幸せだったと思います。

遅くなることも最初は気にしなかった

深夜

いつ頃からだったのか覚えていませんが、夫の帰りが今までよりも遅くなることが多くなってきました。でも、私も同じ店で働いていた経験から「人手が足りなくて忙しいのだろう」とか「団体のお客様が入ったのだろう」とか、店の光景を思い浮かべては納得していました。何より私自身が育児で疲れていたので、遅くなる夫の帰りを待つことなく先に寝てしまう日も多々ありました。しかし、それをいいことに夫の帰りはどんどん遅くなり、明け方になっても帰っていないことが何度かあったので、さすがに何かおかしい…と感じ始めました。

浮気を確信したのは、夫の携帯電話です。夫が早く帰った日、子供をお風呂に入れてもらっている時に、カーペットの上に置きっぱなしになっていた夫の携帯にメールの着信がありました。覗く気はなかったのですが、携帯にロックが掛けられておらず、さらに届いたメールの内容が画面にそのまま出てしまう無防備な設定だったので、メールの内容まで見えてしまいました。

強い衝撃を受けたのは浮気相手が自分の友人だったから

メールの送り主は夫の飲食店で働いているウェイトレスのYさん。しかも、彼女は私の友人でもあり、私の紹介で夫の飲食店で働き始めた人です。それどころかYさんは、Yさんの旦那を連れて、我が家へ遊びに来たこともありました。メールの内容から、昨夜一緒に過ごしていたことがすぐに分かりました。

翌日、夫の店へ行き、夫が銀行へ出掛けた隙に夫の退勤時間を調べたところ、夫が遅く帰った日もしくは明け方に帰った日に限って、早い時間に退勤していたことが発覚しました。この日にYさんと会って浮気をしていたのだろう…そう確信しました。

夫と友人の不倫に妻としての気持ちは?

別居

ショックでした。悔しくて情けなくて、でも落ち込むだけじゃなくて、堪えきれないほどの怒りも湧いて来て、夫がお風呂から出てくると同時に追求し大喧嘩となってしまいました。夫は「ストレスと遊び心」と言いましたが、それなら百歩譲ってプロの女性に遊んでもらった方が良かったです。なぜ私の友人とそんな関係になるのか?浮気自体もショックですが、相手が相手だけに余計に衝撃でした。夫も友人も今まで私が心から信じて何でも話して来た人です。これからどうやって接したら良いのか分からなくなりました。

「一緒の場所で時間を共有されるのがイヤだから」
そう言って夫にはYさんに辞めてもらえるよう伝えました。夫はそれを了解して、一度は落ち着いたかのように思えたのですが、私の気持ちは収まりませんでした。仲直りがしたいのか?もっと懲らしめたいのか?気持ちの整理がつかず、それでも夫を見ると憎しみだけが湧き上がってしまい、それを抑えるためにも極力、会話をしないように、目を合せないようにしていました。そんな空気が耐えられなかったのでしょう。夫は家を出て、実家に戻って行きました。

復縁と離婚で悩んだ末に出した結論

慰謝料を請求しようとか、どうやって親権を取ろうとか、夫の留守中に様々なことを考えたのですが、納得できる結論が見つけられず、そのまま半年ほど別居は続きました。

友達のYさんにも、この事実を伝えました。
「そんなつもりじゃなかった」
「家庭を壊す気なんてなかった」
「軽い気持ちだった」

軽い気持ちで、そんなつもりじゃなくても、家庭は壊れます。謝り続ける彼女は、最後に一言付け加えました。

「他の友達には誰にも言わないで欲しい」

私に悪いと思って謝っているんじゃないんだ…。保身のために謝っているんだ…。
どうして私がYさんを庇わなければいけないのでしょうか?
友人ではなかったのだと思います。夫婦の愛情も友情も錯覚だったのでしょうか。

別居を解消しないまま、離婚をすることも考えたのですが、母に相談すると「今は離婚をするタイミングじゃない」と言われました。母は私が子供だった頃に離婚しており、女手ひとつで私を育てたので、シングルマザーとしての大変さを分かっています。それもあって、迷っている私に足りない覚悟を見抜いたのでしょう。

やり直すことを決めてから、夫と話をして、子供のためにも夫婦が揃っていた方が良いだろうと、私たちなりの結論を出し、最終的には夫は家に戻ってきました。

子煩悩な夫ゆえに、離婚をして子供に会えなくなるのだけは避けたいと思っていたようです。私も堪えましたが、夫も堪えていたようで、かなり反省したのか、それ以来は仕事が終わったら真っ直ぐ帰って来るようになりました。

復縁?離婚?経験豊富なカウンセラーが相談役に!

カウンセリング

今回のケースのように、浮気をされたとしても離婚をした方が良いのか?復縁をした方が良いのか?どちらが正しい選択なのか迷ってしまう方は少なくありません。お子さんがいるとなおさら、子供のことを考えてしまい、余計に悩みを一人で抱えてしまいがちです。

離婚の経験のあるお母さんの言葉で、今回は復縁の道を選びました。どちらが正解なのか?は本当に分からず、今後の向き合い方次第と言えるでしょう。実際に早まった離婚を後悔するケースもあれば、離婚をしなかった選択を後悔する人もいます。最終的に決めるのは当事者である自分だとしても、一つの大きなヒントとしてカウンセラーに相談しては如何でしょうか?

浮気調査を行う探偵会社には夫婦カウンセラーが在籍していることがあり、これまでに何組もの夫婦問題を解決に導いています。それは夫婦間の愛情や子供のことだけではなく、今後の生活面やご自身の気持ちまで考慮し、過去の経験から「本当の解決は何か?」「どうすることで幸せになれるのか?」を一緒に考えてくれます。

多くの探偵社ではカウンセラーは女性ですが、総合探偵社MRでは、女性相談者には女性カウンセラー、男性相談者には男性カウンセラーが担当するなど、細かい配慮で相談しやすい雰囲気を作り上げています。

浮気調査を行う前でも、浮気調査を行った後でも、カウンセラーによるサービスを受けることができる探偵社は多いので、一人で抱え込まずに迷いも含めて正直に打ち明けてみましょう。

 

注目記事をチェック