実録・夫の浮気

【夫の浮気】夫が若いキャバ嬢に本気の恋!

こんにちは。浮気探偵.com~浮気成敗コラム~です。本日は夫に浮気をされた妻の体験談をお伝えします。浮気のカタチにも色々あるんですね…。まずは、この体験談に登場する人物を紹介します。

登場する人物
・私 30代女性
・夫 30代男性
・桃嬢(キャバ嬢)
・子供 5歳女児

【夫の浮気】若いキャバ嬢に本気の恋!

現在、私は結婚7年目。5歳になる娘がいます。夫とは、大学時代から付き合っており、就職後しばらくしてから結婚しました。結婚当初は夫の両親と、夫が育った家で同居をしていたのですが、共働きで稼ぎながらコツコツと資金を貯めて、マイホームを購入したことをきっかけに、夫の両親の家を離れ、家族3人で暮らし始めました。それが昨年のことです。

夫の両親と一緒に暮らしていた時は、ご両親の目があったことも一因だと思うのですが、仕事が終わったら、すぐに帰宅し、家族との時間や子供との時間を大切にしてくれる、いわゆる「良い夫」でした。仕事が休みの週末には、夫が子供と遊び、その間、私がショッピングへ行くこともできました。平日でも仕事から帰って来て、家族全員での食事の後は、率先して娘と一緒にお風呂へ入ってくれたので、その間に私が台所を片付け、子供の寝る準備などスムーズにできていました。今になって思えば、少し窮屈に感じていても、夫の実家で暮らし続けていれば良かったのだと思います。

裏切られた寛容な理解

マイホームで暮らすようになってから、夫は「仕事の付き合い」と言っては飲んで帰る日が増えました。これまでは、同僚に誘われても「娘が小さいから」「遅くなると両親が起きてしまうから」などと言って、誘いを断り続けていたそうですが、ずっと断ることに気まずい想いもあったのでしょう。直帰する日よりも2~3時間遅く帰ってくる日が続きました。

そのこと自体、私としては全然不満に思いませんでした。今までずっと良き夫であり、良き父であり、さらには良き息子であったため、時々の息抜きには理解を示していたつもりです。また、飲みで遅くなる日が増えたとは言え、週末には家族と一緒に過ごす時間を作ってくれ、娘の面倒もよく見てくれていたので、疑うことなどありませんでした。

小言を言うこともなく、寛容になり過ぎていたのでしょうか?最初は2~3時間遅い程度だったのに、3ヶ月ほど過ぎた頃から、さらに帰宅時間が遅くなり、日付が変わることも出て来ました。

「金曜の夜なら分かるけれど、こう毎晩遅いと仕事にも支障が出るんじゃない?」
あの時、はっきり「寂しい」と言えば良かったのに、遠回しに早く家に帰るように伝えてしまい、私の気持ちは届くことなく、「大丈夫だよ」とだけ言われ、その翌日も帰宅は深夜0時を過ぎていました。

「おかしい…」
こんなに毎晩遅いと、夫だけじゃなく会社の人だって次の日が大変なはず…。浮気調査をお願いしようかと思ったのですが、確信が持てなかったので、探偵事務所のGPSレンタルサービスを利用して、夫のスーツのポケットに小型のGPSを仕掛けることにしました。

GPSが示した先はラブホテル!!

GPS

「遅くなる」
いつもと同じ素っ気ないメールがあったので、仕事の定時を待ち、GPSの動きを辿ってみました。娘を先に寝かしつけようとしても、さすがに18時では寝てくれません。「今日だけ特別よ」とタブレットを渡し、さっさとお風呂へ入れ、ベッドの中で動画を見せながら、私は自分のスマホとにらめっこ。GPSが示した場所は飲食店で、なんてことのない居酒屋のようです。

そこから1時間半ほど動きがなく、「やはり気のせいか」と思った矢先に、再びGPSが動き、繁華街の方へと向かって行きました。GPSが止まった場所を確認すると、そこはラブホテルでした。怒りとか情けなさとか、そんな感情ではなく、信じられない気持ちでいっぱいでした。このGPS、壊れてるんじゃないの…。そう思って、何度も確かめてみましたが、やはり場所はラブホテルで、しばらく画面から目が離せませんでした。

「ママも何か見てるの?」
娘の声が、ものすごく遠くに聞こえました。すぐ隣にいるのに、手を伸ばせば触れられるのに、私は返事もせずに、黙って頷くだけで精一杯でした。

夫が帰って来たのは0時ちょうど。顔を見たくなかったので、寝たフリをしました。でも、眠れるはずがありません。夫が寝てからスマホをチェックすると、ロックなどが掛かっておらず、LINEから「桃嬢」と呼んでいる子と帰宅直前までやり取りをしていたことが分かりました。内容を読むと、「お店」と何度も出て来て、文章からもキャバ嬢であることが分かりました。

夫を追跡!自分の目で目撃する辛さ

夫に切り出す前に、できる限り真実を知っておきたかったので、次に夫から「遅くなる」と連絡があった時は、追跡しようと決めました。GPSを返却する時に、プロによる浮気調査を勧める探偵さんから「ご自身で尾行されるとバレる可能性も高いですし、証拠の写真も鮮明に撮れませんよ。それに現場を目の当たりにするとショックはかなり大きいですよ」と忠告されましたが、「違うんです。浮気じゃなかったんです。早とちりでした」と断りました。

調査費用のこともありますが、見栄もあったような気がします…。

いつ「遅くなる」の連絡があるか分からない、夫の両親に娘を預けてしまうと夫に連絡が入るかもしれない、私の実家は遠くて行けない…。自分で追跡するうえで、5歳の娘をどうすれば良いのか悩みました。同じ幼稚園に通うママ友に預ってもらおうにも「夫の両親が具合悪くて」なんて言ってしまうと「おじいちゃん心配だねー」とか、余計なことを娘に言ってしまいそうだし、「私の両親が具合悪くて」なんて言うと「遠いじゃないの!2日~3日預かろうか?」とか、かえって気を遣われてしまいそうです。

かと言って、浮気の相談をしてしまうと、どこまで話が広がってしまうかも分からず、どうしたら良いのだろうか?と思っていた矢先に夫から「今日も遅くなる」と連絡が入りました。とりあえず娘を着替えさせ、ママ友の家へ向かいました。

「急で本当に申し訳ないんだけど、仕事で私がミスっちゃって、職場に戻らないとならないの」
「ご飯は?」
「まだなの。あ、これ良かったら食費に充てて」
「いいよ。困った時はお互い様だし。もし遅くなるようだったら泊まらせるから連絡して」

夫の会社に到着し、目立たないところで待ち伏せをしました。いざ尾行をするとなると、もっと別の服装で来た方が良かったんじゃないか?メガネとかマスクとか変装するものがあった方が良かったんじゃないか?など、あまりにも無防備で無計画な自分にビビッてしまいました。

夫は一人で会社のビルから出て来ると、慣れた様子で歩き始めました。飲食店ではなく、雑居ビルのようです。4階にはキャバクラが入っており、そこにいるのかもしれませんが、私が入ってしまうと気付かれてしまうので、雑居ビルの出入り口を見渡せる場所で、ひたすら待ちました。キャッチの男が声を掛けて来て怖くなりましたが、ひたすら無視して待ちました。

1時間ちょっとした頃、夫が雑居ビルから出て来ました。若い女と一緒で、腕を組んで歩き始めました。その光景を見た瞬間は、立っていることがやっとなほど強いショックを受け、続きを追跡する気力さえ失いました。それでも、真実を突き止めようと、震えた手足を叩きながら、一定の距離を置いて尾行しました。2人が消えた場所は、前回GPSで追跡した時と同じラブホテルでした。

ホテルから出て来た2人を直撃!

繁華街

夫がホテルから出て来たのは2時間半が経過した頃でした。出て来るまでの間は、泣いたり泣き止んだり、憎しみが増したり、不安になったり。短時間で感情が次々と変わり、途中で具合が悪くなりました。探偵さんの忠告は聞くものだ…と、つくづく思いました。

でも、2時間半の間で決めたこともありました。それは、夫がラブホテルから出て来たら、その場で問い詰めること。こんな決定的な場面は二度と巡って来ないかもしれません。

ママ友に「遅くなるから今夜だけ娘を泊めて欲しい」と連絡すると、「分かった。もう寝るから明日、幼稚園で逢おう」と返事が来ました。

ホテルから出てきた二人の前に現れると、夫はひどく驚きました。同時に若い女も驚いた様子で、慌てて私から視線を逸らしていました。相手がキャバクラ嬢なので、てっきり遊びだろうと思って、お灸を据えるために姿を見せたのに、桃嬢を前に夫はきっぱりと「本気で付き合っているんだ」と言い、あまりのショックに愕然としました。私はどうなるの?娘はどうなるの?家はどうするの?

こんな時でも夫の前で泣けず、スラスラと質問ばかりをぶつけた私は、きっともう可愛い対象から外れているのでしょう。桃嬢とは、その場で別れ、私は夫と自宅に戻り、さらに話し合いました。桃嬢はキャバ嬢で、出会いは同僚に誘われて店に行った時。最初は付き合いだったのに行ってみたら楽しくて、仕事のストレスや家庭で良いパパを演じることに疲れていたため、通い始めたそうです。

いつもテーブルに座ってくれる桃嬢と意気投合し、話を聞いてもらっているうちに、本気になってしまったと言います。その場で、離婚して欲しいとも言われました。娘もいるのに…。マイホームだって買った直後なのに…。離婚をしてくれるなら、家もいらないし慰謝料も払うとまで言われ、さらに傷付きました。

このままで良いわけがありません。でも、離婚をしてしまうと夫の思い通りになってしまう気がして、それも許せません。結婚は2人で決めたことなのに、離婚は1人で決めてしまうなんて…。とは言え、もう元には戻れない気もしていて、どう結論を出せば良いのか分からずにいます。

翌日、幼稚園で娘と会いました。
着替えを持って行かなかったので、前の晩と同じ服です。娘に辛い気持ちだけはさせたくない。娘のためにどうすれば良いのか、そればかりを考えている毎日です。

浮気調査の目的は本当の意味での問題解決

今回のケースでは、たまたま自分での追跡調査が成功しましたが、大半は失敗してしまいます。まず、追跡者がターゲットの知っている人である以上、たとえ帽子やマスクで変装しても、その人が持つ雰囲気までは消せません。フォルムだったり、歩き方だったり、ちょっとした仕草だったり…。

大手の探偵事務所は、追跡調査に複数の調査員を使い、顔がバレない工夫をしています。さらにオフィス街では男性の調査員、ホテル街では男女ペアの調査員など、その場の状況に応じて調査員をシャッフルさせ、決して目立たないようにしています。また、今回は奥さまが一人で追跡していたので、キャバクラの中まで入ることができませんでした。もし、別にも出入り口があったとすれば、見失う可能性もあるでしょう。

証拠となる写真や動画もプロの探偵なら押さえることができますし、何より奥さまと違う点は調査中に激しい感情の変化が起きないこと。冷静に成り行きを注視し、証拠を掴むことに徹底します。ここは、奥さまも後悔していたポイントで、実際に目の当たりにした時の衝撃は凄まじく、場合によっては衝動的な行動を取ってしまうこともあります。

そして、自力調査の結果、残った感情は「迷い」だけ。どうするべきか?の答えは簡単に出ず、さらに問題解決の糸口さえ見えません。総合探偵社MRが本当の意味での問題解決を掲げているのは、そのためです。浮気の証拠を提示するだけで終わりにせず、どのような選択を行ったとしても、それに見合う戦略や交渉など『幸せになるための第一歩』を専門カウンセラーと一緒に考えてくれます。

総合探偵社MR:岡田代表のインタビュー記事はコチラ

人気記事ランキングpopularity