実録・夫の浮気

【夫の浮気】最低!留守中に女を自宅に連れ込んだ夫

こんにちは。浮気探偵.com~浮気成敗コラム~です。本日は「実録・夫の浮気」として、ご自身の留守中に自宅へ女を連れ込まれた妻の体験談をお伝えします。まずは登場人物を紹介します。

登場人物
・私 30代
・夫 40代
・浮気相手の女 20代前半
・娘(幼稚園児)
・夫の両親

夫の浮気 留守中に女を自宅に連れ込んだサイテー夫

夫
結婚前から釣りが大好きな夫。

週末にはお気に入りの釣り道具を持って釣りに出掛けることが日課で、娘が生まれる前までは、私も同伴し、二人で一緒に休日を楽しんでいました。

娘が生まれてからは、幼い娘が泣いたり走り回ったりすると魚が逃げてしまうと言うので、私と娘は自宅で留守番をするようになり、それでも、夫が釣った魚がそのまま夕飯になることも多く、別行動を不満に感じてはいませんでした。

あんなに没頭していた釣りだったのに、いつの頃からか行かなくなり、週末は特に何をするわけでも、ただ何となく自宅で過ごすことが多くなっていました。

「週末くらいはゆっくりしたい」

口癖のように、しかも偉そうに言うので、夫の自由気ままな週末を私や娘が邪魔しないように、気を遣って娘を連れて外出するようになりました。もちろん、前提として自宅では娘が退屈してしまう、と言うのもありますが。

外出してから家に戻ると、家の中がピカピカに掃除されていることが多く、夫の意外な一面を知ったようで「ラッキーだな」とも思っていました。

掃除をする理由が明らかに!

娘を連れて外出する度に「どこに行くの?」「何時に帰るの?」など、やたら詳しくスケジュールを知りたがる夫でしたが、同行することは絶対にありませんでした。

その理由が『若い女との浮気』だと知ったのは、ずいぶん後になってからです。

ある時、娘と外出先から戻ると、いつものように丁寧に掃除されていたのですが、リビングに長い髪の毛が数本落ちていることに気付きました。

私も娘もショートカットで、すぐ近くに住む義理の母も短いパーマなので、他の女を連れ込んだのだと確信しました。

何の証拠もなく問い詰めたところで、認める夫ではありません。証拠を集めようと、夫が寝た後に携帯電話を見ると、どうやら女を連れ込んだのは初めてではなく、しかも同じ女(夫の友人の知人)であることも分かりました。

浮気関係は夫が釣りに行かなくなった頃から始まったようで、メールを読み進めるうちに、二人の記念日や女の誕生日も把握することができました。

すぐさま証拠のメールを私のスマホで撮影し、女の誕生日や記念日は、わざとホームパーティを開くなど、夫と女が会わないようにしました。娘には申し訳ないけれど、週末も自宅で過ごすようにしました。

その後も夫の携帯の監視を続けていると、女は「私の誕生日なのに家族と過ごしているなんて許せない!」などと図々しい内容のメールを送り、それに対して夫は「違うよ。急な仕事が入ったんだ」と嘘の言い訳を返していました。

それでも性懲りもなく、夫も女も「今度の日曜は?」などとやり取りをしていたので、あえて「日曜は久しぶりに朝早くから娘と出掛けて、夜中に戻るから先に寝ていて」と夫に伝えて、宣言通り早朝から出掛けることにしました。

私の罠に嵌った夫と女

リビング

まるで当然と言わんばかりに、この日は女がノコノコとやって来るようです。

夫も相手も用心深いのか「昼に集合して夕方には解散」とメールでやり取りをしていたので、娘を幼稚園の友人宅へ預け、夫の両親をランチに誘い、そのまま「お茶でも飲んで行って下さい」と自宅へ招きました。14時頃のことでした。

私一人が現場を押さえるよりも、夫の両親に目撃された方が大きなショックを受けると思ったからです。

玄関を開けると、見たことのない女モノの靴がありましたが、夫の両親は私の靴だと思い込み、さほど気にしていませんでした。

勢い良くリビングのドアを開けると、視界に飛び込んで来たのは、夫と若い女性が裸で絡み合う生々しい光景でした。

心のどこかで理想通りの展開になった、とほくそ笑む私とは違い、夫の両親は驚き、悲しみ、特にお義母さんは、泣きじゃくりながら夫のことを責め立てました。

40歳を過ぎた大の大人が、だらしない裸を剥き出しにしたまま、年老いた母親に怒鳴られる姿は滑稽極まりなく、怒りや憎しみよりも、笑える気持ちの方が込みあげて、つい笑ってしまわないように、必死で口を押えていました。

言い訳などできない状況で、これをきっかけに女とは別れたようです。

その後の私

夫の両親は、夫以上に許しを乞うように謝り続けました。

もちろん、夫への愛情は裏切りのメールを読んでしまった日から、とっくに失せていましたが、娘を育てていくためには別れられないこと、さらには夫の両親への罪の意識もあって、今回だけは許すことにしました。

現在も結婚生活を続けていますが、夫は私の機嫌をうかがうようになり、以前のように「ゆっくりしたい」などと、偉そうなことを言わず、私が出掛ける時には、率先して娘を預かってくれるようになりました。

それとは別に、浮気相手の女には慰謝料を請求したいと思っています。

他人の自宅へ上がり込んで裸になるだけでも許せないのに、私が選んで買ったお気に入りのソファに寝そべってキスをしていたのですから。そこはしっかりと償ってもらうつもりです。

人気記事ランキングpopularity