浮気探偵会社について

【ストーカーによる盗聴】誰もがストーカー被害に遭う時代

ストーカー

こんにちは。浮気探偵.comです。

【盗聴被害解決】元夫による娘へのストーカー体験談」でもお伝えしたように、盗聴の被害は増え続けています。

なぜ、人は盗聴行為を繰り返すのでしょうか?どんな経緯で盗聴をしてしまうのでしょうか?

盗聴の目的の一つとして、「ストーカー行為のため」というものがあります。

実際、ストーカー行為の一環として盗聴を受けていた、という方は少なくありません。

離婚後の夫や妻など、家族だけではなく、浮気相手がストーカーになってしまうことがあります。

今回は、そのような場合の事例をご紹介します。

今にも盗聴被害に悩んでおり、すぐにでも対処したい!という方は、同記事の【必読!】盗聴器発見の調査はプロに依頼しようを確認してみてください。

PICK UP!

盗聴かも?と思ったら…
総合探偵社MR

え?まさか!様々な盗聴の事例

本来、盗聴器は監視などの防犯目的で研究・開発された機器でした。

もちろん、現在でも本来の目的で盗聴器が使用されることは大いにあります。

しかし、盗聴器に限らず、新しい技術が開発されると、本来の目的とは違う分野で悪用されてしまうケースが後を絶ちません。

盗聴器は、まさにその筆頭とも言える技術の一つで、本来の目的以上に、悪用されてしまうケースの方が目立っている現状があります。

さらに、盗聴器は形状も様々で、電源タップの形をしているなど、一見しただけでは盗聴器に見えないものも多くあるため、気づかぬうちに被害を受けていた、という方がほとんどです。

あなたも気づいていないだけで今まさに盗聴を受けている、という可能性は拭いきれません。

だからこそ、少しでも「もしかして…」と思うことがあれば、探偵などプロに調査を依頼し、盗聴器の有無を確認し、もし盗聴されていた場合は盗聴器を完璧に除去する必要があります。

全く見知らぬ人に対して趣味で盗聴

盗聴の目的は非常に多岐に渡ります。

そのなかでも、非常にタチの悪い例として挙げられるものが、趣味での盗聴です。

目的が趣味であるため、仕掛ける側にしてみれば、ターゲットは誰でも良く、他愛もない会話であっても、犯人にとっては非常に興味深く盗聴されます。

盗聴器を仕掛ける対象として、次に誰が入居するのか分からないアパートの空き部屋に仕掛けるケースがあります。

まさに盗聴対象は誰でもよく、たまたま盗聴器を仕掛けた部屋に入居した方々の声を盗聴して楽しんでいます。

盗聴器を仕掛けるために住居に侵入することは、不法侵入罪にあたり、「いたずら」や趣味というには度を超えています。

犯人は自由気ままに自分の聞きたい時に、盗聴を楽しみ、一人、悦に入っているのです。絶対に許せない行為です。

このように、全く面識のない人の会話を盗み聞きして、楽しんでいる人間が実際にいることを忘れてはいけません。

一方、他人が仕掛けた盗聴器の電波を自分の機材で拾って聞き、面白がるケースもあります。

この場合、盗聴をしている人間に対し、罪を問えない可能性があります。

なぜなら、盗聴そのものは犯罪ではありません。

驚かれるかもしれませんが、盗聴は、その行為自体は犯罪ではなく、盗聴器を仕掛けるための不法侵入や、盗聴した内容を基に行った脅迫が罪に問われるため、「盗聴=犯罪」というイメージがあるに過ぎません。

もし盗聴そのものを罪としてしまうと、電波が無数に飛び交う中で、たまたま盗聴電波を拾ってしまった方まで罰する必要が出てきます。

全く悪気は無いにも関わらず、ラジオなどを聞こうとし、たまたま近くで飛んでいた盗聴電波を拾ってしまう、ということは珍しくありません。

ですから、盗聴そのものを犯罪にすることはできません。

他人の仕掛けた盗聴器の電波を拾い、盗聴を楽しんでいる人たちは、こうした法事情を逆手に取り、盗聴を楽しんでいます。

盗聴をしているのは、盗聴器を仕掛けた犯人だけではない、ということです。

だからこそ、盗聴を防ぐためには、まず盗聴器を発見し、見つかった場合は確実に除去をすることが重要です。

夫(妻)の浮気調査のために盗聴…

浮気を疑っている妻パートナーの浮気調査をしようと、盗聴器を購入、自宅に仕掛ける、といった行動に出る方がいます。

夫(妻)の寝室や、常に使っているビジネスバッグなどの持ち物、ペンケースやネクタイなどに盗聴器を仕込み、浮気を突き止めようとするものです。

ある盗聴器販売店のデータによると、盗聴器を購入する客層で最も多い客層が、なんと、30~40代の女性だと言われています。

盗聴に限らず、ラジオなど電波機器を趣味としているのは男性が多いイメージであるが為に、盗聴器の購入者に女性が多いというデータには驚いた方が多いかと思います。

また、パートナーの浮気に悩んでいる方は、「私も盗聴してみようかしら」と思うかもしれません。

しかし、自己調査は危険です。

もし、あなたとパートナーが別居をしており、パートナーの住居に盗聴器を仕掛けた場合、夫婦であっても不法侵入罪に問われる可能性があります。

同居をしている場合は、盗聴器を自宅に仕掛けて盗聴をしたとしても、罪には問われないかもしれませんが、大きな危険があります。

まず第一に、盗聴そのものは犯罪ではありませんが、盗聴した内容を他人に話した場合や、盗聴した内容を使って脅迫などをした場合はプライバシーの侵害や脅迫罪に問われることがあります。

あなたが盗聴をし、パートナーを問い詰めた場合、脅迫罪が適用される可能性が考えられます。

また、盗聴した内容を離婚裁判で、パートナーの浮気の証拠として持ち込んだ場合、裁判所はその証拠を受理しない可能性があります。

盗聴自体は犯罪ではありませんが、盗聴の本来の目的は防犯です。

防犯から逸脱した目的で盗聴を行い、パートナーのプライバシーを侵害しかねない行為をしたとして、離婚裁判におけるあなたの立場は不利になる可能性があります。

パートナーの浮気を疑った時は、安易に自己調査をするのではなく、探偵に依頼するなど、プロを頼るという選択を考えてください。

探偵事務所に依頼することで、合法的にパートナーの浮気の証拠を掴むことができます。

探偵事務所の掴んだ合法的かつ確実にパートナーの浮気を証明する証拠があれば、裁判におけるあなたの立場は非常に有利になります。

望む通りの離婚、慰謝料請求ができるように、探偵事務所への依頼が重要です。

盗聴によって企業秘密漏洩の危機

セキュリティーとパソコン盗聴をされているのは、個人だけとは限りません。

実際、企業の社長室の電気配線などから、コンセント型の盗聴器が発見されたケースは多くあります。

事例としてはこのような話があります。

某企業の社長には愛人がいました。

会社の業績が良く、社長の羽振りが良かったころは、二人で、海外旅行に、ゴルフに寿司、一流ホテルで宿泊、と蜜月が続きました。

しかし、残念ながら好業績は長くは続かず、なかなか出かけることができなくなった社長と愛人の関係も危ういものになって来ました。

愛人は社長に詰め寄りましたが、「金がない」の一点張りでした。

本当に社長は資金が足りず、会社の業績回復のため、昼夜働いていたため、愛人と出かける時間も資金もなかったのですが、愛人はそうは考えませんでした。

「本当に資金が枯渇しているの?」

「まさか、自分以外に他に愛人が出来たんじゃ…」

「私以外の愛人にお金を貢いでるんじゃ…」

このように疑いを抱いた愛人は、社長の言っていることが本当なのか調べるために、盗聴することを決めました。

さらに、「社長は他の愛人に貢ぎ始めたに違いない」と被害妄想を抱き始めた愛人はストーカー化し、新製品や株価など、何らかのスクープを取って、新聞社や週刊誌に、情報を売ってやろう、とまで企んでいたのです。

愛人は電気街でいとも簡単に盗聴器を入手しました。

そしていつものように社長室に招かれた時に、「掃除してあげる」と言って、盗聴器を仕掛けたのです。

幸い、社長の言っていたことは全て本当で、他の愛人は存在しなかったため、愛人は次第に盗聴をやめ、事件には発展しなかったとのことです。

ですがこれは稀な事例であり、愛人はいつでも盗聴して得た企業秘密を社外の人間へと吹聴することが可能でした。

愛人が盗聴をしたのは、社長個人への愛憎ゆえですが、今回ご紹介したケースは企業秘密の漏洩などにも繋がり兼ねない盗聴例だったと言えます。

このように、個人だけではなく、法人にも盗聴の危険性があります。

挙げた事例のようなケースは非常に稀で、このように何事もなく済むケースは多くありません。

もし、社外機密が社外に漏れているなど、盗聴を少しでも疑うような事例があった場合、会社に対する損害などを最小限に抑えるためにも、早めに探偵などプロによる盗聴器調査依頼を検討してください。

なお、盗聴器調査について依頼・相談・見積もりを行う場合は、自宅から電話をすると全て聞かれてしまいます。

携帯電話や公衆電話など、自宅の外から連絡をしましょう。

最も深刻なストーカーによる盗聴被害

あらゆるパターンの中で、最も深刻な被害に遭う可能性が高く、なおかつ、被害にあった時の精神的なダメージが大きいケースが、「ストーカーによる盗聴」でしょう。

ストーカーは、特定の人に対する好意、または好意が叶わなかったことに対する怨念や復讐など、表裏一体の感情を抱いています。

そして、その特定の人間に対し、つきまとい行為や待ち伏せ、押しかけ、嫌がらせなどの行動で、自分の存在感を示します。

ストーカーは異常なまでの執着心、さらには支配欲に基づいた行動をするため、なかなか歯止めが利かず、行動がエスカレートしていくことがあります。

最悪の場合、ストーカー殺人といった事件に発展する可能性があり、ストーカー被害に合っている場合、少しでも早く対策を練る必要があります。

ストーカー被害の一つとして、盗聴被害を受けることは十分に考えられますから、盗聴予防はストーカー対策としても非常に重要です。

現在ストーカー行為にあっている方はもちろん、少しでも盗聴などに関して「おかしいな?」と思うことがあれば、早急に探偵などのプロによる調査を行うことが重要です。

そうすることで、ストーカー被害などを未然に防ぐことができます。

恐ろしいストーカーの心理

ストーカーは見ず知らずの人や、ちょっとした顔見知りに限らず、元夫や元妻、元交際相手、元浮気相手など、深い関係であった人ほどなりやすい傾向があります。

ストーカーの猟奇的な行動は、精神的異常者を彷彿とさせますが、実は誰でもストーカーになり得る要素を持っています。

  • 大好きなあの人は、今、どこで何をしているのだろう?
  • どんなことが好きで、今、どんなものを食べているのだろう?
  • 最近はどんな生活をしているのだろう?
  • 私(僕)のことをどう思っているのだろう?
  • 新しい彼氏・彼女は出来ていないだろうか?
  • 最近、どこに遊びに行っているのだろう?
  • 二人でよく行っていたお店には行っているかな?
  • 今夜は何のテレビを観るんだろう?

このような好きな人のことを知りたい、という純粋な気持ちがいつしか、ストーカーのような行為へと繋がることがあります。

「好きな人のことを知りたい。

誰もが知っているようなことじゃなくて、自分だけが知っているような秘密が欲しい…。」

このような徹底的に「知りたい」気持ちが盗聴やストーカー行為に発展してしまいます。

元・夫や浮気相手も!?ストーカーのタイプ

ストーカーには幾つかのタイプが存在します。

タイプによって適切な対処法も異なるので、まずは3つに分類してみましょう。

ストーカータイプ1:恋愛・復讐タイプ

恋愛・復讐タイプは、特定の人物への恋愛感情、そして愛する故の愛憎を抱いてストーカー行為を行うタイプの方々のことです。

ストーカーの中で最も多いタイプです。

離婚をした元夫・元妻、さらに過去の交際相手や浮気相手などが、このタイプのストーカーになりやすいと言えます。

相手に対して、強い恋愛感情に加え、嫉妬、復讐心、支配欲、複雑な感情を強く抱いており、最悪の場合、大きな犯罪に発展する可能性も含んでいる、大変危険なタイプでもあります。

大きな犯罪というのは、例えば強い独占欲ゆえに、ストーカー行為を働いた結果、被害者を殺してしまう、といった事件です。

このような相手が盗聴をする場合、恐ろしいのが、被害者の新しいパートナー(または家族)に危害が及ぶ可能性があることです。

強い恋愛感情、復讐感情を抱いてストーカーをする人物は、被害者に対し独占欲を抱いていることがほとんどですから、被害者の新たなパートナーに対し、怒りや恨みを抱きます。

被害者に対してだけではなく、被害者のパートナーに対し脅迫をし、被害者との仲を裂くような行動をとることが考えられます。

また、被害者を直接脅迫するなど、恐怖心を与えながら自分の存在をアピールしながら、被害者と新たなパートナーを別れさせようとするケースもあります。

ストーカータイプ2:妄想タイプ

一人の女性に対し歓声をあげる人々最初はただの片想いだったにも関わらず、徐々に行動がエスカレートしてしまう妄想タイプのストーカーです。

比較的、このタイプのストーカーは大人しい印象を抱く方が多く、「まさかあの人が」と言われるような方が犯人であることが多いと言われています。

一般的には芸能人などが被害に遭いやすく、最近、実際に自主的に活動する地下アイドルの被害も報道されています。

最初は、あくまで憧れだった芸能人やアイドルに対し、徐々に恋心を抱き、いつしか「○○ちゃんと僕は付き合っている!」と妄想と現実が混同し、ストーカー行為に発展します。

他にも、例えば会社で出会った異性に対して盗聴し、様々な情報を得て、それを基にあたかも「自分の交際相手である」かのように周囲に吹聴したりする事例もあります。

また、盗聴することにより、対象の相手の行動を読み取り、偶然を装って相手に近づくなど、計画性のある行動でつきまとうなどの事例があります。

ストーカータイプ3:集団ストーカー

某アーティストも訴え続けている集団ストーカーは、個人ではなく集団でストーカーを行い、ターゲットを精神的に追い詰めようとします。

集団ストーカーをする目的は多岐に渡りますが、ストーカー行為や嫌がらせそのものが目的になっている悪質なケースが見受けられます。

根も葉もない複数の噂が流されたり、監視をされていると感じた場合は、盗聴による集団ストーカーの恐れがあります。

このタイプによるストーカー行為は長期戦になることが多く、時には自殺や犯罪を強要される恐れもあり、非常に危険です。

近年はネットによるストーカーも増えており、チャットや掲示板、SNSからプロバイダーやアクセスポイントを調べ、住所や名前などの個人情報を入手し、盗聴を仕掛けます。

攻撃性が高く、個人のサイトやSNSから情報を入手することも多く、その行為はオンライン上に留まらず、実際の殺傷被害などに発展する可能性があります。

【必読!】盗聴器発見の調査はプロに依頼しよう

このように、盗聴の目的は多岐に渡り、あなたの知らないところで、あなたが盗聴をされ、ストーカーをされている可能性を完全に否定することはできません。

ですから、少しでも盗聴の不安を抱くような出来事があれば、早急に盗聴器の存在を明らかにし、(盗聴をされていた場合は)盗聴器を除去することが重要です。

また、調査の結果、ストーカーによる行為が発覚した場合、警察に相談し、事件を防ぐために対処をしてもらう必要があります。

もし、警察に思うように対処をしてもらえない場合には、探偵事務所によっては盗聴器の調査だけでなく、ストーカーの身元調査をし、ストーカーの証拠を掴んでくれます。

不安や気になることがある際には相談も検討してみましょう。

PICK UP!

24時間365日、相談無料・秘密厳守!
総合探偵社MR

盗聴器についての周囲への相談は危険

とても残念なことですが、盗聴器発見の調査を行うことによって、意外な事実が判明することが度々あります。

盗聴器を発見した際に「妹から貰った物だった…」「親からの贈り物だった…」など、盗聴されていた事実と共に、信頼していた家族から盗聴を受けていたという、ダブルのショックの受けるようなケースが、実は多く見受けられます。

こうした例がありますので、盗聴器調査の依頼を行う場合には、たとえ信頼している人でも周囲への相談は控えてください。

例えばあなたの家族が盗聴していた場合、家族に盗聴器調査のことを話すと、盗聴していた家族が調査前に盗聴器を外し、調査後に再び仕掛ける、ということがあります。

ですから、どんなに信頼している家族や親友であっても調査について口外することは控えましょう。

盗聴器調査はどんな所に依頼すればいいの?

電話を掛ける事務風の女性探偵事務所では、このような盗聴被害にも対応してくれることを知っていましたか?

浮気相談、素行調査と言えば、探偵事務所、とすぐに思い浮かびますが、実は盗聴捜査にも強い探偵社があるのです。

実際に盗聴器調査を依頼したいとき、どのような探偵事務所を選べばいいのかを5つのポイントをご紹介します。

①費用面がしっかり明示されている

一番、気になるのは費用面かと思います。

どれだけの時間を掛けてこれくらい掛かります、と、納得のいく見積を事前にしっかり提示してくれるのが、優良な探偵事務所です。

費用面について話を後回しにするような探偵事務所には注意が必要です。

②無料相談ができる

まずはとにかく、話を聞いてもらう所からがスタートです。

優良な探偵事務所は「無料相談」の窓口を設けていますので、そこでしっかり相談しましょう。

「無料相談」というからにはもちろん、無料です。

また、フリーダイヤルを設け、電話相談を受け付けている探偵事務所もありますので、出かけて相談に行くのはなかなか難しい、という方も気軽に相談ができます。

③秘密厳守

セキュリティのイメージ当然ですが、盗聴器調査をする際に、調査がばれてしまっては意味がありません。

盗聴器を仕掛けた人間に、調査のことが伝わってしまえば、調査前に盗聴器を外されてしまう可能性があります。

優秀な探偵事務所では必ず秘密厳守を徹底してくれます。

あなたのプライバシーを完璧に守り、盗聴器の発見、除去を行ってくれる探偵事務所を選ぶことが重要です。

④全国ネットワークの安心感

盗聴器を仕掛けた人物が身近にいるとは限りません。

家族や配偶者など、身近な人が盗聴器を仕掛けている可能性がある反面、全くの他人がストーカー行為を目的に盗聴器を仕掛けている可能性も考えられます。

場合によっては、地方に住んでおり、月に一度の出張の際にのみ、あなたの自宅に仕掛けた盗聴器から盗聴をしている、ということが考えられます。

盗聴器を仕掛けた人間がどこにいても対処できるように、都心だけでなく、各所に相談室がある全国ネットワークの探偵事務所がおススメです。

また、できれば頻繁に相談する為にも、自宅の傍に探偵事務所の相談室があるのが望ましいです。

⑤専門機器の導入

盗聴器を発見する為の器具は、電気街やネット販売されていますが、そうした器具で盗聴器を完璧に発見するのは難しいと言わざるを得ません。

盗聴器は進化を続けており、市販の盗聴器発見器では見つけることが難しい、高度な盗聴器も存在します。

そうした盗聴器を見つけ出すのは、とても素人が出来ることではありません。

優良な探偵事務所では、あらゆる盗聴器に合わせて最新の専門発見器を準備しています。

自分で何週間調べても出てこなかった盗聴器が、探偵事務所の調査によって一瞬で分かることもあります。

全てを兼ね備えた優秀な探偵事務所に!

盗聴器発見のプロ・総合探偵社MRなら24時間365日、秘密厳守で対応してくれます。

浮気調査においても優秀な探偵事務所ですが、盗聴器調査においても多くの実績があり、信頼ができます。

もちろん無料相談を行っていますので、少しでも盗聴に悩んでいる方は相談をしてみてください。

人気記事ランキングpopularity