離婚について

【離婚の相談】中立的な立場を貫く家庭裁判所

こんにちは。浮気探偵.com~浮気成敗コラム~です。
本日は、浮気調査後に離婚を選択する際の注意点について説明します。

離婚の種類と家庭裁判所

まずは離婚の種類について。一般的な離婚方法として最も知られているタイプは離婚届に印鑑を押し、役所に提出する「協議離婚」です。離婚条件が合致した場合や、裁判などの手続きが面倒もしくは離婚に時間が掛かけたくない場合に用いられます。この方法で離婚をされている夫婦は、実に全体の約90%ですが、離婚当時の約束が守られないなどデメリットも生じています。

大まかに分けると離婚の方法は4つあるので、先にそれぞれの離婚方法についてチェックしてみましょう。

書類

協議離婚

先程の説明通り、離婚届に署名・捺印などを行い、役所に提出する離婚方法です。夫婦そろって離婚に合意していることが条件で、最も時間と費用が掛からない離婚方法と言えるでしょう。注意点としては、一方だけが不利な条件を背負わされないようにすること。二人の間に親や知人などの第三者が介入することはありますが、専門家が介入しないため、財産分与や慰謝料、親権や養育費で揉めることがあります。また、当初の約束通りの金額が振り込まれない等、後々のトラブルに発展しやすい懸念もあります。

調停離婚

協議離婚が全体の約90%なら、調停離婚は全体の約9%で、この2つだけで全体の約99%を占めることになります。調停離婚は、家庭裁判所での調停を経て離婚をする方法です。協議離婚の話し合いでは、解決しなかった問題がある場合や、一方が離婚に応じない場合は、家庭裁判所へ調停の申し込みを行うことができます。調停には一定の条件を満たす有識者が調停委員として立ち会い、この調停委員が中立的な立場で、お互いの主張や親権、財産分与、慰謝料、養育費など、あらゆる条件面についても整理します。ただし、あくまで調停委員は中立を貫くので、申請者に対して肩入れはしてくれません。

調停費用に関しては、申請した者が費用を負担することになりますが、弁護士などを介さない場合は、2,000円程度で、婚姻費用調停(別居中の夫婦の間で、夫婦や未成熟子の生活費などの婚姻生活を維持するために必要な一切の費用に関する調停)を同時進行で行う場合は、さらに2,000円程度が必要です。他にも戸籍謄本など幾つかの書類を用意しなくてはなりませんが、いずれも少額で済みます。

ほとんどのケースでは、協議離婚→合意しなければ調停離婚の段階で決着しますが、調停離婚でも最終的には夫婦両方の合意が必要なため、一方が離婚に応じない場合は成立しません。

審判離婚

審判離婚は家庭裁判所の権限で離婚を言い渡すことができる権利ですが、現在はほとんど活用されておらず、調停で離婚が成立しなかった場合は、裁判になります。

裁判離婚

全体の約1%が裁判で離婚の決着をつけます。協議離婚や調停離婚でも合意が得られなかった場合の最終手段となる離婚方法ですが、通常の裁判と同じく裁判離婚の判決も、すぐに下されるものではありません。訴状を提起してから初回の口頭弁論が行われるまで約1ヶ月半、さらに訴訟の審理は月1ペース、判決が下されるのは1~2年後になることもあります。また、判決を不服として最高裁まで争うと3年以上が経過することも珍しくはなく、裁判官は和解が可能な状況であれば和解を勧めます。なお、いくら合意をしなくても、裁判離婚で勝訴すれば強制的に離婚は行われます。

調停離婚にはメリットがある

裁判所

穏便に離婚を済ますために協議離婚で丸く収めたい気持ちは理解できます。しかし、金銭面や子供に関する問題は、しっかりと決めておいても守ってくれないことがあります。それには、心境だけではなく環境の変化も大きく影響します。離婚当初は、それだけ支払える収入があったとしても、離婚後に安定した収入が得られなくなることもあれば、新しい家庭を築き、支出が急増し、支払いが滞ることもあります。離婚当初の環境だけを想定せず、さまざまな今後を想定して、離婚後の生活を考えなければなりません。

しかし、離婚調停で離婚が成立すると、双方合意のもとで調停調書が作成され、そこに記載されている事項は、訴訟による裁判判決と、ほぼ同等の効力があるため、守らなければなりません。たとえ、協議離婚の話し合いで条件を決めても、途中から支払いが滞ってしまえば、当人同士の取り決めである以上、催促を繰り返しても解決に至ることは難しく、数万円の手数料を支払って、公証人役場にて、強制執行認諾約款付き公正証書にしなければならず、調停離婚以上の費用が掛かってしまいます。

調停離婚では、有識者である調停委員が介入して、調書を作成し、強制執行力もあります。費用も全国の家庭裁判所によって多少の差異はありますが、2,000~4,000円程度(別途、戸籍謄本などの書類代)で済みます。金銭や子供に関する約束を確実にして、それを滞りなく守ってもらうためには、離婚調停を行った方が良いでしょう。

調停を行う家庭裁判所とは?

離婚調停は家庭裁判所で話し合いが行われます。地方裁判所との違いは、地方裁判所は「公開された法廷」で、事実関係を確定し、法律を適用します。一方、家庭裁判所で行われる審判・調停は、「非公開で審理」され、調停は形式的な手続きにとらわれず、当事者が調停委員と話し合いを進め、問題の解決を目指します。

家庭裁判所は、全国の都道府県の県庁所在地および函館、旭川、釧路の各市の合計50箇所に本庁があり、その他にも全国各地の主要な都市203箇所に支部があり、102支部では離婚や扶養、遺産分割など夫婦あるいは親族間における紛争や問題を取り扱う家事事件と、未成年が犯した事件を取り扱う少年事件の両方が扱われており、残り101支部では家事事件のみが扱われています。その他にも、全国の77箇所に家事事件のみを扱う出張所があります。

全国の家庭裁判所

日本全国にある203箇所の家庭裁判所(支部・出張所含む)を紹介します。離婚に関する事案は、どこでも扱ってくれるので、近くの家庭裁判所に費用などを問い合わせましょう。

【北海道】
札幌家庭裁判所:岩見沢支部・室蘭支部・小樽支部・滝川支部・浦河支部・岩内支部・苫小牧支部・夕張出張所・静内出張所
函館家庭裁判所:江差支部・松前出張所・八雲出張所・寿都出張所
旭川家庭裁判所:名寄支部・紋別支部・留萌支部・稚内支部・深川出張所・富良野出張所・中頓別出張所・天塩出張所
釧路家庭裁判所:帯広支部・網走支部・北見支部・根室支部・本別出張所・遠軽出張所・標津出張所

【青森県】
青森家庭裁判所:弘前支部・八戸支部・五所川原支部・十和田支部・むつ出張所・野辺地出張所

【岩手県】
盛岡家庭裁判所:花巻支部・二戸支部・遠野支部・宮古支部・一関支部・水沢支部・久慈出張所・大船渡出張所

【宮城県】
仙台家庭裁判所:大河原支部・古川支部・石巻支部・登米支部・気仙沼支部

【秋田県】
秋田家庭裁判所:能代支部・本荘支部・大館支部・鹿角出張所・横手支部・大曲支部・角館出張所

【山形県】
山形家庭裁判所:新庄支部・米沢支部・鶴岡支部・酒田支部・赤湯出張所・長井出張所

【福島県】
福島家庭裁判所:相馬支部・郡山支部・白河支部・会津若松支部・いわき支部・棚倉出張所・田島出張所

【茨城県】
水戸家庭裁判所:土浦支部・下妻支部・日立支部・龍ケ崎支部・麻生支部

【栃木県】
宇都宮家庭裁判所:真岡支部・大田原支部・栃木支部・足利支部

【群馬県】
前橋家庭裁判所:高崎支部・桐生支部・太田支部・沼田支部・中之条出張所

【埼玉県】
さいたま家庭裁判所:越谷支部・川越支部・熊谷支部・秩父支部・久喜出張所・飯能出張所

【千葉県】
千葉家庭裁判所:佐倉支部・一宮支部・松戸支部・木更津支部・館山支部・八日市場支部・佐原支部・市川出張所

【東京都】
東京家庭裁判所:立川支部・八丈島出張所・伊豆大島出張所

【神奈川県】
横浜家庭裁判所:川崎支部・相模原支部・横須賀支部・小田原支部

【新潟県】
新潟家庭裁判所:三条支部・新発田支部・長岡支部・高田支部・佐渡支部・村上出張所・十日町出張所・柏崎出張所・南魚沼出張所・糸魚川出張所

【富山県】
富山家庭裁判所:魚津支部・高岡支部・砺波出張所

【石川県】
金沢家庭裁判所:小松支部・七尾支部・輪島支部・珠洲出張所

【福井県】
福井家庭裁判所:武生支部・敦賀支部・小浜出張所

【山梨県】
甲府家庭裁判所:都留支部

【長野県】
長野家庭裁判所:飯山出張所・上田支部・佐久支部・松本支部・木曾福島出張所・大町出張所・諏訪支部・飯田支部・伊那支部

【岐阜県】
岐阜家庭裁判所:大垣支部・高山支部・多治見支部・御嵩支部・郡上出張所・中津川出張所

【静岡県】
静岡家庭裁判所:沼津支部・富士支部・下田支部・浜松支部・掛川支部・熱海出張所・島田出張所

【愛知県】
名古屋家庭裁判所:岡崎支部・豊橋支部・一宮支部・半田支部

【三重県】
津家庭裁判所:松阪支部・伊賀支部・四日市支部・伊勢支部・熊野支部・尾鷲出張所

【滋賀県】
大津家庭裁判所:彦根支部・長浜支部・高島出張所

【京都府】
京都家庭裁判所:園部支部・宮津支部・舞鶴支部・福知山支部

【大阪府】
大阪家庭裁判所:堺支部・岸和田支部

【兵庫県】
神戸家庭裁判所:伊丹支部・尼崎支部・明石支部・柏原支部・姫路支部・社支部・龍野支部・豊岡支部・洲本支部・浜坂出張所

【奈良県】
奈良家庭裁判所:葛城支部・五條支部・吉野出張所

【和歌山県】
和歌山家庭裁判所:田辺支部・御坊支部・新宮支部・妙寺出張所

【鳥取県】
鳥取家庭裁判所:倉吉支部・米子支部

【島根県】
松江家庭裁判所:出雲支部・浜田支部・益田支部・西郷支部・雲南出張所・川本出張所

【岡山県】
岡山家庭裁判所:倉敷支部・新見支部・津山支部・玉野出張所・児島出張所・玉島出張所・笠岡出張所

【広島県】
広島家庭裁判所:呉支部・尾道支部・福山支部・三次支部

【山口県】
山口家庭裁判所:周南支部・萩支部・岩国支部・下関支部・宇部支部・柳井出張所・船木出張所

【徳島県】
徳島家庭裁判所:阿南支部・美馬支部・池田出張所・牟岐出張所

【香川県】
高松家庭裁判所:丸亀支部・観音寺支部・土庄出張所

【愛媛県】
松山家庭裁判所:大洲支部・西条支部・今治支部・宇和島支部・愛南出張所

【高知県】
高知家庭裁判所:須崎支部・安芸支部・中村支部

【福岡県】
福岡家庭裁判所:飯塚支部・直方支部・久留米支部・柳川支部・大牟田支部・八女支部・小倉支部・行橋支部・田川支部・甘木出張所

【佐賀県】
佐賀家庭裁判所:武雄支部・唐津支部・鹿島出張所

【長崎県】
長崎家庭裁判所:大村支部・佐世保支部・平戸支部・壱岐支部・五島支部・厳原支部・島原支部・諫早出張所・新上五島出張所・上県出張所

【熊本県】
熊本家庭裁判所:玉名支部・山鹿支部・阿蘇支部・高森出張所・御船出張所・八代支部・水俣出張所・人吉支部・天草支部・牛深出張所

【大分県】
大分家庭裁判所:杵築支部・佐伯支部・竹田支部・中津支部・豊後高田出張所・日田支部

【宮崎県】
宮崎家庭裁判所:日南支部・都城支部・延岡支部・日向出張所・高千穂出張所

【鹿児島県】
鹿児島家庭裁判所:名瀬支部・加治木支部・知覧支部・川内支部・鹿屋支部・種子島出張所・屋久島出張所・徳之島出張所・大口出張所・指宿出張所

【沖縄県】
那覇家庭裁判所:沖縄支部・名護支部・平良支部・石垣支部

裁判所

浮気が原因で離婚をする場合は?

パートナーの浮気が原因で離婚をする場合は、調停委員の方が見ても明らかに「浮気」と分かる証拠があると、有利に話を進めることができます。明らかに浮気と断言できる証拠とは、LINEやメールの画面では「ふざけていただけ」など、適当な言い訳ができ、中立な立場の人が判断できないため、不十分とされています。

また、ホテルの出入りの写真でも、夫婦なら「絶対に夫(あるいは妻)だ!」と言い切れても、夫(あるいは妻)のことを全く知らない人が判断できるほど鮮明な画像が求められます。日中ではなく夜間だと、スマホのカメラ機能では、不鮮明に映ることも多いため、クリアな証拠写真または証拠動画を入手するためには、探偵による浮気調査を依頼した方が良いでしょう。

当然、調査費用は発生しますが、慰謝料や今後の定期的な生活費を確実なものとすれば、赤字にはならないことが多く、逆に確固たる証拠がないと「言いがかりを付けられて精神的に困窮している」と言われ、慰謝料を請求されてしまう恐れもあります。

「探偵事務所のぶっちゃけレポ」では、相談者であるA子さんの協力のもと、各探偵会社へ相談した際の感想などをまとめています。是非、参考にしてみて下さい!

 

人気記事ランキングpopularity